Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE
青柳信雄
愛の世界 山猫とみの話 あいのせかいやまねことみのはなし
監督 青柳信雄
公開年 1943年
評点[A]
感想  今日は、青柳信雄監督の『愛の世界 山猫とみの話』を観た。昭和十八年(1943)の作品。

 両親のない16歳の小田切とみ(高峰秀子)は凶暴性と放浪癖のある不良少女だった。少年審判所の裁定で青森の山中にある更正施設にあずけられることになって若い山田先生(里見藍子)が親身に世話するが、収容されている少女たちとうまくいかず、学園を飛び出してしまう。

 戦後にたくさんの娯楽映画を作った青柳監督初期の作品(原作:佐藤春夫・坪田譲治・富沢有為男/脚本:如月敏・黒川慎)。
 いわゆる施設もの、あるいは問題児童ものだが、似た題材を取り扱っている清水宏や稲垣浩の作品の雰囲気とは異なり、かなりドラマティックな作りになっている。最初は主人公も凶暴で、彼女をいじめる少女たちもいたりして、清水作品や稲垣作品とは異なるリアリティを生み出していると思う。
 主人公とみが作品のちょうど真ん中あたりまで全く声を発せず、その後も台詞が少ない珍しい作品だが、台詞ではなく自然の風景や表情そして体全体の動きで主人公の心理状態を表す描写が見事に成功している。山奥に暮らす子供たち(小高つとむ・加藤博司)との触れ合いを通じて少女の心が開かれていく過程も自然で、脚本・演出の力量が感じられる。音楽の使い方も効果的。
 もちろん主役を演じた高峰秀子も台詞の少ない難役を好演していて、出演作が非常に多い彼女の作品歴の中ではあまり触れられないけれども、名演の一つだと思う。
 また、戦中にも児童少年を保護する法律や機関が既に用意されていたことがわかる点も興味深い。(2005/07/16)

青柳信雄
掲示板 Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE