Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE
千葉泰樹
秀子の応援団長 ひでこのおうえんだんちょう
監督 千葉泰樹
公開年 1940年
評点[A’]
感想  今日は、高峰秀子主演の『秀子の応援団長』を観た。監督は千葉泰樹で、昭和十五年(1940)の作品。

 高嶋秀子(高峰秀子)は叔父(千田是也)が監督をしている職業野球(プロ野球)チーム“アトラス軍”を応援しているが、アトラス軍はエースを出征で失い、投手の人丸(灰田勝彦)は連敗中。秀子は女学校の同級生や近所の子供たちと語らい、皆で秀子作の応援歌を歌って応援すると、人丸やアトラスの選手たちはにわかに元気を出し始める。

 戦前は六大学野球、特に早慶戦の人気が圧倒的だったというが、この頃は“職業野球”も安定した人気を得はじめたのだろうか。野球には疎いのでよくわからないが、作中に実在の巨人軍やセネタース、阪神などが登場して有名選手たちもチラッと顔を見せるので、戦前野球に興味のある人にとっては資料的価値が高いかもしれない。
 内容は、途中までは全く観客の予想通りに展開する、高峰秀子を見せるための明るく楽しい明朗喜劇だったが、終盤は突然急展開してちょっと辛口な味が加わって驚かされた。これがあるので単なる明朗ドラマに終わらない印象が残り、佳作として記憶されることになったのかもしれない。
 それにしても、高峰秀子は丸顔だけど顔が小さくて戦前の人間の中では際立って頭身が高いな……。(2003/11/10)

幡随院長兵衛 ばんずいいんちょうべえ
監督 千葉泰樹
公開年 1940年
評点[A’]
感想  今日は、千葉泰樹監督の『幡随院長兵衛』を観た。昭和十五年(1940)の作品。

 時は慶安年間。太平の世が続いて無聊をかこつ水野十郎左衛門(中村翫右衛門)ら旗本たちは旗本奴となって江戸の町を横行し、対する町奴の旗頭である幡随院長兵衛(河原崎長十郎)はそれを苦々しく思っていた。老中の松平伊豆守信綱(汐見洋)は、その状況を利用することを図る。

 歌舞伎などでおなじみの幡随院もの(原作:藤森成吉/脚本:山本嘉次郎・吉田二三夫)。元々歌舞伎の前進座だけあって、皆役にハマっていて江戸時代の雰囲気が素晴らしい。セットも良く、特に元禄以前は天井がなかった芝居小屋をリアルに再現しているのには驚いた(美術:小池一美/撮影:中井朝一)。
 前進座総出演の作品だけあって、幡随院ものとはいっても歌舞伎で描かれる義理や男伊達の世界ではなく、長兵衛は論理的な考え方で水野との対決を決意することや、松平信綱が事の黒幕であるところが特色となっている。長兵衛が論理的だったり階級意識が強い点(前進座らしいが)はキャラがちょっと近代的過ぎるし、他の町奴連中も物わかりが良すぎるような。
 ただし、今の目で観るとひとひねりした部分にそれなりの面白さも感じられるし、長十郎・翫右衛門以下の前進座の面々の演技もいつもながら良い。水野十郎左衛門の初登場の時の傾き者(かぶきもの)っぷりにはウケてしまった。(2005/05/11)

鬼火 おにび
監督 千葉泰樹
公開年 1956年
評点[A’]
感想  今日は、千葉泰樹監督の『鬼火』を観た。昭和三十一年(1956)の作品。

 ガス会社の集金人・忠七(加東大介)は、炎天下に家々を回り頭を下げて金を受け取らねばならない自分の仕事に飽いていた。小心者の彼だったが、ガス代を長らく滞納しているあばら家の人妻(津島恵子)を見ると、邪心を抱く。

 吉屋信子原作の映画で46分強の短編映画(脚本:菊島隆三)。
 主人公の忠七が善良さと小心さと狡猾さと欲望と、全て併せ持った小市民であることが冒頭からの数場面でわかる導入部。原作がそうなのかもしれないが、巧みな出だしの展開だと思う。場末の町の貧しさと暑苦しさの描写も生々しい。
 尺が短いため一つのエピソードだけで構成されていてあっさりした印象だけれども、小市民がふとした悪意と欲望によって思いがけない結果を引き起こす過程がリアルに描かれていて、ちょっと怖いものを感じさせられる一本。(2005/07/26)

好人物の夫婦 こうじんぶつのふうふ
監督 千葉泰樹
公開年 1956年
評点[C]
感想  今日は、千葉泰樹監督の『好人物の夫婦』を観た。昭和三十一年(1956)の作品。

 鎌倉に住む日本画家(池部良)とその妻(津島恵子)。妻の親代わりだった祖母が病んだので大阪の実家にしばらく帰ることになり、妻は留守中の夫の身持ちを心配する。夫もそのうち、若い女中(青山京子)との二人暮しに退屈してくるが……。

 志賀直哉の短編小説の映画化で、ちょうど50分ほどの短編(脚本:八住利雄)。
 冒頭から、絵に描いたような美男美女夫婦の妻の方が「嫌なこと(浮気)なさっちゃ嫌よ」とか言い出して、こりゃ困ったなと思っていたら、もう「御馳走様」としか言いようのない展開を見せられて、いささか当惑つかまつり候(笑)。
 個人的に小説はあまり読まず、特に日本的私小説というのは苦手なのだが、やはり志賀直哉の世界は私には高尚過ぎるような。夫婦の“機微”というものを読み取るべきなのだろうけど。脚本は原作 に色々脚色を加えているが……。(2005/08/02)

下町 だうんたうん
監督 千葉泰樹
公開年 1957年
評点[A’]
感想  今日は、千葉泰樹監督の『下町』を観た。昭和三十二年(1957)の作品。

 昭和二十四年。夫がシベリアに抑留されている矢沢りよ(山田五十鈴)は子供を抱えながら茶の行商をして身を立てている。間借りしている家の主である友人きく(村田知英子)に人の妾になるよう勧められている中、行商先で休ませてもらった小屋に住む鶴石(三船敏郎)と親しくなるが……。

 林芙美子原作の映画化(脚本:笠原良三・吉田精弥)。終戦後数年を経てもまだ戦争の打撃から立ち直り切れないでいる下町の住人たちを描く。
 きくの家には怪しげな“結婚相談所”の看板が掲げられ、りよの他に客をとっている玉枝(淡路恵子)という女も間借りしていて、三人の女が並行して描かれる。原作がそうなのかもしれないが冗長さが皆無で、展開される全ての画面で女たち各々の性格や夫の事情が描かれているように見えるのは、演出の手腕も大いにあるだろう。58分強という短編だけれども、それ以上に短く感じた(もちろん良い意味で)。
 終盤のアッという展開も拍子抜けとか騙された感覚を覚えないのも、演出の妙だろうか。救いのないラストシーンの突き放し方も印象に残る。
 地味なおばさんという印象でありながら下町ではちょっと目を引く魅力も感じさせる山田五十鈴の役作りは見事。他の二人の女性もキャラクターに合っている。しかし、この頃は30歳で“おばあさん”と自称するのだから驚く。多分に謙遜が入っているとしても。(2005/01/23)

千葉泰樹
掲示板 Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE