Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE
ファンク,アーノルド(アーノルド・ファンク)
新しき土(ドイツ版) あたらしきつちどいつばん
監督 アーノルド・ファンク
公開年 1937年
評点[B]
感想
Amazon
新しき土
新しき土

 今日は、アーノルド・ファンク監督の『新しき土(ドイツ版)』を観た。昭和十二年(1937)の日本とドイツの合作作品。日本版の監督は伊丹万作なので、一応は邦画ということに…(Japanese Movie Databaseの『新しき土』の項では日独版と日英版と表記されている)。

 富士山麓の農家の息子から資産家の大和巌(早川雪洲)の養子となって、長らくドイツ留学をしていた大和輝男(小杉勇)は、帰国して大和巌の実娘の光子(原節子)と結婚して大和家を継ぐことになっていた。しかし、ヨーロッパの個人主義の空気に触れた輝男は、それを受け入れられず悩む。彼を見守るドイツ人女性ジャーナリストのゲルダ・シュトルム(ルート・エヴェラー←小杉勇より背が高い!)。

 当時、関係を深めていた日独親善映画。ドイツ版は、ドイツ人への日本紹介映画のような感じ。冒頭から海やら富士山やら火山から地震に至るまで、ヨーロッパには無いものが映し出される。大和家って、すぐ近くに安芸の宮島があって近くでは活火山がドンドコ噴火している。いったいどこにあるんだろう(笑)。
 とにかく、日本人が観ると情景描写が飽きるほどある。時々笑っちゃう部分も。日本の家制度を結局は肯定しているのは同盟関係にあったから当然だろうか。それと、オチも今観るとなんだかね。題名の『新しき土』って、そういう意味だったのか…。
 自然の描写などはありきたりだが、時々ハッとするようなものもある。また、当時17歳の原節子が若くて美しい。セーラー服や水着姿まで拝めます!(露出度は低い)しかし、原節子は西洋人から見るとそれほど美人ではない、という説があるそうだが、実際はどうなんだろう…。

 日本版があったら観てみたいが……例によって現存していないのだろう…トホホ。(2000/12/31)

ファンク,アーノルド(アーノルド・ファンク)
掲示板 Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE