Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE
藤原良二
機動戦士ガンダム きどうせんしがんだむ
監督 富野喜幸(由悠季)・藤原良二
公開年 1981年
評点[A]
感想
Amazon
機動戦士ガンダム I 特別版 【劇場版】
劇場版
機動戦士ガンダムI
特別版

※注:↑“評点”はシリーズ全3作を通しての評価)

 今日は、劇場版のアニメ映画『機動戦士ガンダム』を観た。昭和五十六年(1981)の作品。1979年から1980年にかけてテレビ放映されたアニメの総集編第一弾。あの富野喜幸(現・富野由悠季)は総監督という名義になっていて、別に監督として藤原良二という人の名がクレジットされている。

 宇宙世紀0079年、ジオン公国と地球連邦との戦いが続く中、モビルスーツ“ガンダム”に乗った少年アムロ・レイ(声:古谷徹)は、他の少年少女たちと共に戦争に巻き込まれていく。

 いや、おなつかしゅうございます。フラウ・ボゥ(声:鵜飼るみ子)やセイラ(声:井上瑤)、シャア(声:池田秀一)といったキャラたちも、ただただ懐かしい。
 だが、今観ても面白い。絵は、かなり古さを感じさせるが、安彦良和の眉間にシワを寄せたキャラクターデザインと大河原邦男のメカデザインが良い。特に、ドクロと甲冑をイメージしたザクのデザインは最高だ。いつまで経っても通用すると思う。
 ストーリー自体もアニメでリアルな“戦争”が描かれたのは、ほとんど初めてで画期的な作品だった。富野流の人間ドラマも効果的。また、ガンダムが立ち上がる場面や、ザクのライフルの薬莢が落ちるシーン、ラストシーンのギレン・ザビの演説を聞いたセイラが顔を伏せるところなど、演出も冴えている。

 しかし、この頃から日本映画は、アニメが質・観客動員数共に実写を凌駕していくんだよな…。(2000/12/15)

藤原良二
掲示板 Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE