Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE
五社英雄
三匹の侍 さんびきのさむらい
監督 五社英雄
公開年 1964年
評点[A’]
感想
Amazon
三匹の侍
三匹の侍

 今日は、五社英雄監督の『三匹の侍』を観た。昭和三十九年(1964)の作品。

 素浪人の柴左近(丹波哲郎)が某藩の田舎道を歩いていると、百姓たちが代官の娘(桑野みゆき)を人質にして立てこもっている水車小屋に突き当たった。左近は彼らの事情を知ると、味方してやることにした。その頃、左近と同じく素浪人の桔梗鋭之助(平幹二朗)と桜京十郎(長門勇)は、前者は用心棒、後者は罪人として代官所にいた。

 同じキャストによる同題のテレビ時代劇を演出していた五社英雄の映画第一作。丹波哲郎が設立したプロダクションが企画・製作を担当したそうだ。
 出演者たちが各々、丹波の豪放・平のニヒル・長門のユーモラスさと見事に演じ分けていて、のちのちまで続く“三匹”もののキャラクターが既に確立している。その中でも丹波センセイが一番かっこよく見えるのは丹波哲郎製作の映画だから……というわけではないか(笑)。
 テレビで評判だったという殺陣は映画でも「ぶった斬る」という感じがする。丹波哲郎も平幹二郎も体格が良いので迫力がある。
 ストーリーは映画オリジナルのようで、江戸時代にああいう女性が存在したかは疑問だが、女性キャラクターも各々個性的で面白い。また、結末が意外だった。シニカルというかなんというか、美化しすぎていないのが良いのかもしれない。
 元ネタのテレビドラマも観てみたいが、当時は生放送だったので絶対に不可能。残念。(2004/05/27)

五社英雄
掲示板 Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE