Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE
長谷川和彦
青春の殺人者 せいしゅんのさつじんしゃ
監督 長谷川和彦
公開年 1976年
評点[A]
感想
Amazon
青春の殺人者 デラックス版
青春の殺人者
デラックス版

 今日は、長谷川和彦監督の『青春の殺人者』を観た。昭和五十一年(1976)の作品。

 父親(内田良平)と母親(市原悦子)の一方的な愛情による束縛から逃れようとした青年・斉木順(水谷豊)は、ついに両親を殺す。

 寡作で知られる長谷川監督の初作品(今のところ全2作)。実話を基にしたストーリーだそうだ(脚本:田村孟)。若き日の水谷豊は顔も身体も引き締まっていてカッコイイ。市原悦子も、まだ体が細い(笑)。原田美枝子の演ずる、主人公につきまとうバカ女の迫力は圧倒的(笑)。
 しかし、有名な母親殺害シーンも含めて、全ての映像がシャープで切れ味鋭い(撮影:鈴木辰夫)。前衛的な表現を用いたところもあるが、さほど違和感は無い。作品の傾向が異なるので直接比較するのは無意味かもしれないが、実写の映像作家としての才能は押井守あたりよりも長谷川監督の方が数段上のように見える。
 好き嫌いは分かれると思うが、観客に迫ってくる力は物凄い作品。ゴダイゴの音楽も、その時代の雰囲気を演出してくれていて、良い感じ。

 そのあと、NHK BSで放映された『世界わが心の旅』に長谷川和彦監督が出演していたので観た。はぁ〜、ご健在のようで、なによりです(笑)。(2001/05/13)

太陽を盗んだ男 たいようをぬすんだおとこ
監督 長谷川和彦
公開年 1979年
評点[A]
感想
Amazon
太陽を盗んだ男
太陽を盗んだ男

 今日は、長谷川和彦監督の『太陽を盗んだ男』を観た。昭和五十四年(1979)の作品。

 やる気ゼロの中学校の理科教師・城戸誠(沢田研二)は、偶然バスジャックに遭遇したことがきっかけで、手製の原爆を作り、「野球中継を最後まで放映しろ」などの要求を突きつけ始める。彼を追う山下満州男警部(菅原文太)。

 長谷川監督の才能あふれすぎ第2作にして、遺作という噂もある(←こらこら!)。前作以上のシャープな映像とスピーディな展開、カーチェイスなどもある大規模なスケールの撮影で147分の長尺を飽きさせない。ジュリーこと沢田研二も文太アニィも役柄にピッタリとはまっている。池上季実子がちょっと浮いていたようにも見えたが…一般の観客動員を狙って美人女優のからむエピソードを作ったのだろうか?
 娯楽性と監督の作家性とが両立されていて、他の日本映画には類を見ない作品だと思う。
 ただ、どうしても私はこの主人公のようなタイプの人間には、心の底からは共感できないのだが…。(2001/05/14)

長谷川和彦
掲示板 Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE