Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE
堀川弘通
琴の爪 ことのつめ
監督 堀川弘通
公開年 1957年
評点[B]
感想  今日は、堀川弘通監督の『琴の爪』を観た。昭和三十二年(1957)の作品。

 元禄十六年の初頭。前年に吉良を討って細川越中守の屋敷に預けられている大石内蔵助(八世松本幸四郎)以下17名は、自分たちに対する処分の決定を待ちかねていた。最年少の磯貝十郎左衛門(中村扇雀、のち中村鴈治郎)は張りつめた言動を続けていたが、おみの(扇千景)という若い女が執拗に面会を求めてくる。そんな磯貝を心配する大石。

 副題に「元禄忠臣蔵 大石最後の一日より」とあるように、真山青果の大作『元禄忠臣蔵』からの1エピソード(脚本:菊島隆三・若尾徳平)。溝口健二の映画版『元禄忠臣蔵』では、最後にいきなりおみのという女性が登場するので面食らってしまったが、この作品では上映時間の約一時間が全てこのエピソードに費やされているので、わかりやすい展開になっている。
 当時の中村扇雀は若々しく、紅顔の美男子だったといわれる磯貝十郎左衛門に相応しい。真に悟っているのではない、突っ張ったような態度もよく表現していた。先代の松本幸四郎の大石は、舞台や他の何本もの忠臣蔵映画でもおなじみで、まさにはまり役。おみの役の扇千景は、若い娘の可憐さがよく出ていた。現在の元建設大臣扇千景から考えると隔世の感だが……。
 ストーリー自体は、原作がそうなのだが、史実通りではないし展開に少々無理があるのは仕方ないところ。しかし、出演者の好演で完全な絵空事になることからは逃れられているようだ。大石たちの世話係である細川家家臣の堀内伝右衛門を演じた中村鴈治郎(二世)も好演で、赤穂義士とおみのという異なる要素の良い橋渡し役になっていた。(200312/22)

女殺し油地獄 おんなごろしあぶらじごく
監督 堀川弘通
公開年 1957年
評点[B]
感想  今日は、堀川弘通監督の『女殺し油地獄』を観た。昭和三十二年(1957)の作品。

 大阪の油屋・河内屋の総領である与兵衛(中村扇雀、のち中村鴈治郎)は父(二世中村鴈治郎)とは義理の間柄である家庭事情も一因で、ぐれ果てていた。そしてついに勘当。与兵衛は、彼を何かとかばっていた向かいの豊島屋の女房お吉(新珠三千代)に頼ろうとするが……。

 近松門左衛門原作の映画化(脚本:橋本忍)。しかし黒澤監督の助監督だった堀川監督のためか橋本忍脚本のためか、歌舞伎のような様式的表現は全く無く、写実的表現で貫かれている。
 両親に対して甘えと反発の入り混じった与兵衛の荒れようは凄く、扇雀がグレ果てているが甘さが残る不良息子を好演している。なんでも、当時流行りの“太陽族”を意識したというが……。父親の雁治郎も良い。与兵衛の妹を演じた香川京子の狐憑き演技は凄いというかなんというか……。
 お吉のメイクも眉を落としてお歯黒を入れた写実だが、無気味にならないのは土台が良いためだろうか。与兵衛の演技が圧倒的なので、お吉にもう少し強い印象が欲しかった気もする。
 本編の前後につくプロローグとエピローグが効果的。(2004/04/17)

堀川弘通
掲示板 Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE