Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE
伊賀山正徳(伊賀山正光)
水戸黄門漫遊記 第五話 火牛坂の悪鬼 みとこうもんまんゆうきだいごわかぎゅうざかのあっき
監督 伊賀山正徳
公開年 1955年
評点[B]
感想  今日は、月形龍之介主演の『水戸黄門漫遊記 第五話 火牛坂の悪鬼』を観た。監督は伊賀山正徳で、昭和三十年(1955)の作品。

 水戸黄門(月形龍之介)と助さん(三条雅也)格さん(加賀邦男)そして緋牡丹お蝶(千原しのぶ)の一行は、越前の福井城下で鬼面組なる強盗の一味を捕らえたが、首領を逃してしまった。一行が加賀の金沢城下に至ると、その時姫と名乗る女首領(浦里はるみ)は豊臣の残党を率い、さらなる大事件を起こしたことを知る。

 月形龍之介が水戸黄門を演じた一本。これは“第五話”とあるように連続して企画されたシリーズの一本らしい。尺の長さも一時間半に満たない。
 作品の山である事件が二つあって娯楽性を高めようとしているようだが(脚本:尾崎十三雄・浪江浩)、同じ月形の黄門ものでも後年のカラー作品に比べるとスケールが小さい感じでプログラムピクチャー的な雰囲気がある。
 加賀踊りの群舞や子役の松島トモ子の歌を入れたり、時には水戸黄門を危機に陥らせたりしてサービス精神たっぷりの展開になっているけれども、少々まとまりに欠けるのが安っぽい雰囲気を与えてしまうのだろうか。夜間のシーンでカットが切り替わるごとに明るさが変わっていたりしたのも安手な感じがした。
 ただし、上記のように見せ場が多く展開のテンポは速いので、傑作とか佳作と言えるかどうかは別として娯楽作品として観ることはできると思う。のちのTBSテレビ版と違って黄門サマが割りと自身の権威を利用して事件を解決するのも面白い。(2005/01/18)

赤穂義士 あこうぎし
監督 伊賀山正光(正徳)
公開年 1957年
評点[A’]
感想  今日は、伊賀山正光監督の『赤穂義士』を観た。昭和三十二年(1957)の作品。

 浅野内匠頭(尾上鯉之助)の刃傷による赤穂浅野家の断絶後、浅野家御用商人だった天野屋利兵衛(月形龍之介)はあらゆる艱難辛苦を乗り越えて、元浅野家家老の大石内蔵助(大河内傳次郎)以下の同志たちのために働こうとするのだった。

 浪曲師(春日井梅鴬・天津羽衣・春野百合子・松平国十郎)たちの語りが入る(浪曲構成:木村正一/作詞:吉野夫二郎)忠臣蔵ものの一本。
 この作品の三年前の大映作品と題名どころか浪曲映画という企画までそっくり。ただし、こちらは大石内蔵助以下の赤穂藩士ではなく、義商と言われる天野屋利兵衛(芝居などでは天河屋義兵衛とも)が主人公であるのが珍しい。
 天野屋の月形龍之介は思慮深い中に情熱を秘めた男を好演。彼の浅野家への忠義と家族への愛情は感動的で(脚本:尾形十三雄)、白黒の90分強で忠臣蔵映画としては小品だが、忠臣蔵外伝ものの佳作と言ってもいいかもしれない。
 また、モノクロ画面が美しく(撮影:杉田正二)、登場人物にあまり語らせたり大げさに表情を動かさせたりせず、押さえた演出も効果的になっている。(2005/12/24)

伊賀山正徳(伊賀山正光)
掲示板 Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE