Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE
池田富保
忠臣蔵 天の巻・地の巻 ちゅうしんぐらてんのまきちのまき
監督 マキノ正博・池田富保
公開年 1938年
評点[C]
感想  今日は、阪妻主演の『忠臣蔵 天の巻・地の巻』を観た。昭和十三年(1938)年の作品。『天の巻』の監督はマキノ正博(雅弘)、『地の巻』の監督は池田富保。

 御存知、主君・浅野内匠頭(片岡千恵蔵)の仇・吉良上野介(山本嘉一)を討った大石内蔵助(阪東妻三郎)以下四十七士の物語。マキノ正博が、大作『実録忠臣蔵』のフィルムを焼失させてしまった父マキノ省三の無念を晴らしたといわれる作品。

 内容は解説するまでもない忠臣蔵ストーリーだが…思い入れたっぷりに台詞を語る“大芝居”の連続で、いささか参りました。今から観ると演技がオーバーすぎて…。舞台の演技だ。ラストの討ち入りは、思ったよりアッサリしていた。阪妻や嵐寛寿郎や月形龍之介が出ているのだから、もう少し立ち回りがあるかと思った。しかし、現在残っているフィルムは完全版ではないようなので、カットがあるのかもしれない。
 片岡千恵蔵が浅野内匠頭と立花左近の二役を演ずるなど、一人二役のキャスティングが多い。嵐寛寿郎が脇坂淡路守と清水一角(一学)、月形龍之介が原惣右衛門と小林平八郎の、それぞれ二役を演じている。(2000/12/19)

忠臣蔵 赤垣源蔵・討入り前夜 ちゅうしんぐらあかがきげんぞううちいりぜんや
監督 池田富保
公開年 1938年
評点[B]
感想  今日は、阪妻こと阪東妻三郎主演の『忠臣蔵 赤垣源蔵・討入り前夜』を観た。監督は池田富保で、昭和十三年(1938)の作品。

 主家の浅野家が取りつぶされてから、実兄の塩山伊左衛門(香川良介)のところに居候して飲んだくれてばかりいる赤垣源蔵。嫂(あによめ)おまき(中野かほる)やその息子、そして下男下女たちも赤垣を蔑んでいて、彼の本心を誰も知らない…。
 これは『忠臣蔵』の講談ネタの「赤垣源蔵徳利(とっくり)の別れ」が元ネタ。ちなみに、赤垣という姓は史実では赤埴。元が短いエピソードなので、一本の映画としてはどうかな、という感じのところもある。阪妻の立ち回りは迫力あるが。
 しかし、この作品の見所、いや聴き所は、塩山家の下女お杉を演ずる大倉千代子という女優の口調や声が篠原ともえにクリソツなこと。戦前のトーキー作品としては音声がまずまずなので、よく聴き取れる。これは以前NHK衛星で放送されたのを録画したものだが、ビデオで出ていたら、確かめてみるのも一興かと。(2000/09/18)

伊賀の水月(剣雲三十六騎) いがのすいげつ
監督 池田富保
公開年 1942年
評点[C]
感想
Amazon
阪東妻三郎傑作選 DVD-BOX
阪東妻三郎傑作選
DVD-BOX
王将
素浪人罷通る
伊賀の水月
無法松の一生
剣風練兵館
木曾の天狗
狐の呉れた赤ん坊
月の出の決闘
富士に立つ影
国定忠治

 今日は、阪東妻三郎主演の『伊賀の水月(剣雲三十六騎)』を観た。監督は池田富保で、昭和十七年(1942)の作品。

 剣で名高い荒木又右衛門(阪東妻三郎)の舅(妻の父)が殺され、仇の河合又五郎(戸上城太郎)は江戸の旗本のもとに逃れた。荒木又右衛門は舅の息子であり妻の弟である数馬(滝口新太郎)を助けて仇を討つことになるが、仇の又五郎は又右衛門の親友・桜井甚左衛門(羅門光三郎)の甥であった。

 吉川英治の『宮本武蔵』が書かれるまで剣豪の中では一番人気だったという荒木又右衛門の“決闘鍵屋の辻”の仇討ちを題材にした物語。外様大名VS旗本という構図に加えて、親友同士が敵味方に分かれるという因果も加わる。
 阪妻の演ずる又右衛門は豪快さん一辺倒という感じで、友と戦うことになる苦衷が今ひとつ伝わってこなかった。全体の展開もわかりやすいがちょっとメリハリに欠ける。しかし、又五郎の駕篭を守る“三十六騎”が走る場面は迫力があり、最後の決闘も非常に迫力があった。又右衛門と数馬たちの少数が大勢を相手にするため、又右衛門と数馬が絶えず走り回る殺陣になっていて、戦前の作品としては非常に工夫された演出だと思う。(2003/09/21)

富士に立つ影 ふじにたつかげ
監督 池田富保・白井戦太郎
公開年 1942年
評点[A’]
感想
Amazon
阪東妻三郎傑作選 DVD-BOX
阪東妻三郎傑作選
DVD-BOX
王将
素浪人罷通る
伊賀の水月
無法松の一生
剣風練兵館
木曾の天狗
狐の呉れた赤ん坊
月の出の決闘
富士に立つ影
国定忠治

 今日は、池田富保・白井戦太郎両監督の『富士に立つ影』を観た。昭和十七年(1942)の作品。

 江戸時代後期、将軍家斉(南條新太郎)は老中・松平定信(北龍二)の建議により、国防強化のため富士の裾野に調練城(軍事演習のための城)を作らせることにした。建設にあたる水野出羽守(沢村国太郎)は兵学の各流派から賛四流の佐藤菊太郎(阪東妻三郎)と赤針流の熊木伯典(永田靖)を候補として選び、両者の熾烈な戦いが始まった。

 サイレント時代と戦後に各一度ずつ映画化されている白井喬二の原作を、サイレント時代からのベテランである両監督が演出(脚本:八尋不二)。
 監督のキャリアが古いためか、登場人物が論争する場面は古典的な大芝居で台詞も難解な言葉を用いるため、よくわからないところも多い(笑)。しかし、中盤以降の富士山麓のロケシーンが素晴らしい。佐藤と熊木が実地検分する“逆さ富士”が移る湖の様子(どの湖だろう?)や、なんといっても木材を運ぶ馬車競争の迫力がもの凄い。日本映画らしからぬシーンでカメラアングルも工夫されており、アメリカの西部劇などを研究したのだろうか(撮影:石本秀雄・松井鴻)。私は戦後版しか観たことないが、戦前のサイレント版の『ベン・ハー』(1926年)の戦車競争に影響されたのかな?
 馬車競争の印象が強烈なので、そこで活躍する名主の娘お雪(橘公子)が儲け役で、戦後は脇役専門になってしまう(大映から独立しようとしたことがあるからだという)橘公子の演技も悪くない。三平(島田照夫)というキャラクターもメインの佐藤と熊木以上に活躍して印象的。

 モブシーンや両国の花火のシーンも非常に大がかりで、戦中ながら娯楽に徹した大作。(2005/04/06)

池田富保
掲示板 Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE