Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE
池田忠雄
お光の縁談 おみつのえんだん
監督 池田忠雄・中村登
公開年 1946年
評点[C]
感想  今日は、池田忠雄・中村登両監督の『お光の縁談』を観た。昭和二十一年(1946)の作品。

 銀座裏の食堂「喜太八」の娘お光(水戸光子)は出歩いてばかりの父(河村黎吉)に代わって板前の友吉(佐野周二)と一緒に店を切り盛りしているが、お互い気の強い二人は喧嘩ばかり。そんなところに、結婚して家を出ていた妹(高山八百子)夫婦がやってきたり姉(久慈行子)夫婦も外地から引き揚げてきたりで大忙し。それに加えてお光の縁談まで持ち込まれる。

 戦後まだ1年少々の時期の作品で、1時間2分ほどの短編。それでも共同監督になっているのは早撮りだったのか、あるいは池田忠雄も中村登もまだ演出経験が浅かったからだろうか? 銀座といってもセットは簡単なもので、頑張って撮っている雰囲気が伝わってくる(撮影:生方敏夫/照明:加藤政雄/美術:濱田辰雄)。
 あまりに距離が近いために好き合っている二人が素直になれない……というよくある展開だが、農家になろうとして上手くいかなかった妹夫婦や姉の夫の就職問題など、戦争直後の問題を絡ませている。戦前は二枚目だった佐野周二がねじり鉢巻で板前を演ずるのが意外だが、結構合っていた。水戸光子の気の強い娘も雰囲気に合っているし、河村黎吉の勝手な親父や坂本武の気のいい隣家の親父もお手の物。
 しかし、後半の展開にはどうしても無理があるように思えてしまった。ここだけ戦前っぽい展開というか。のちに大家になった脚本家の新藤兼人も、まだ若書きの感がある。人情噺の中に社会問題を盛り込んだ真面目な脚本であるが。(2004/11/21)

池田忠雄
掲示板 Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE