Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE
伊丹万作(伊丹萬作)
赤西蠣太 あかにしかきた
監督 伊丹万作
公開年 1936年
評点[A’]
感想  今日は、伊丹万作監督の『赤西蠣太』を観た。昭和十一年(1936)の作品。

 江戸初期、伊達家の重臣・伊達兵部の家に新たに召抱えられた赤西蠣太は、将棋だけが趣味の不粋もの。だが、実は伊達兵部と原田甲斐のお家乗っ取りの陰謀を探るため潜入した密偵だった。密書類を手に入れた彼は、伊達兵部家から逃げ出すために美人で評判の腰元・小波(毛利峯子)に恋文を出して自らスキャンダルを作り出そうとするが、うまくいかず……。

 現在では伊丹十三の父親として知られている伊丹万作の代表作。といっても、現存作品は少ないようだが。歌舞伎などで有名な“伊達騒動”を舞台にした原作は志賀直哉によるものだそうだ(脚本:伊丹万作)。
 冒頭の、雨と水溜りの波紋が美しい。山中貞雄の『人情紙風船』や黒澤明の『羅生門』など、日本映画の雨の描写は特徴的だが、そのハシリか? 演出は、冒頭の捨て猫を押し付けあうところからコミカルな小技が効いていて洒落ている。赤西が腰元の名を考えてやる場面で、池の水面を見て小波という名を発想したのは、黒澤明監督の『用心棒』と『椿三十郎』の主人公が自分の名を考えるシーンの元ネタらしい。『赤西蠣太』の助監督だった佐伯清監督がそう言っていた。音楽の使い方も面白い。

 立ち回りや殺人シーンを直截的に描かないところ省略を効果的に使うところなどは山中貞雄の『百万両の壺』を思わせる。ただ、テンポ・リズムは『壺』の方が良く、『赤西蠣太』は上映時間の割りにテンポがのろく感じられた。また、伊達騒動の粗筋だけでも知らないと、話の背景がちょっとわかりづらいかもしれない。とにかく、伊丹万作の他の作品も観てみたい。(2002/06/26)

権三と助十(權三と助十) ごんざとすけじゅう
監督 伊丹万作
公開年 1937年
評点[A]
感想  今日は、伊丹万作監督の『権三と助十』を観た。昭和十二年(1937)の作品。

 長屋の大家・六兵衛(高堂国典)は家賃を集めに回るが、図々しい店子(たなこ)どもは全く払おうとはせず、中には逆に六兵衛から金を貸りるやつもいる始末。ある日、店子の政(横山運平)が高利貸を殺した容疑で捕らえられる。政の娘おとわのために駕籠かきの権三(鳥羽陽之助)と助十(小笠原章二郎)は、なんとかしてやりたいが……。

 『半七捕物帖』で有名な岡本綺堂の原作を伊丹万作が脚本・演出。
 冒頭でちょっとのんびり展開される大家と長屋の住人たちとのやり取りがユーモラスで、これは終始コミカルな作品かな? と思ったら中盤で事件発生、後半はまた捕らえられた政をなんとか救おうとする長屋の住人と大家、という抑揚のある展開。
 テンポが遅いとは思わないが少しのんびりしているような展開は『赤西蠣太』の雰囲気を感じさせるので、これが伊丹万作監督の持ち味だろうか。脚本も巧みだし、映像もオーソドックスなようで目立たない細かいテクニックも使われているように感じた(撮影:三木茂)。
 お人よしの大家を演じた高堂国典が素晴らしいし、長屋の住人たちも人が良いだけでなく図々しさも併せ持ち、各々個性豊かで面白い。進藤英太郎も意外な役で登場。大岡越前(深見泰三)を完全に単なる脇役にしたのは映画オリジナルだろうか。謎解きはちょっとあっけないが、それはそれで良いように思う。ちょっと山中貞雄の『百万両の壺』を彷彿とさせる良質の明朗時代劇。
 現存する数少ない伊丹万作作品の中でもコメディ作だという『気まぐれ冠者』も観たくなった。(2004/05/19)

伊丹万作(伊丹萬作)
掲示板 Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE