Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE
伊藤大輔

[1] [2]

下郎の首 げろうのくび
監督 伊藤大輔
公開年 1955年
評点[A]
感想  今日は、伊藤大輔監督の『下郎の首』を観た。昭和三十年(1955)の作品。

 父(高田稔)の仇を討つため旅に出た結城新太郎(片山明彦)が病み、中間(ちゅうげん)の訥平(田崎潤)が大道芸をして糊口をしのいでいると、訥平を哀れんだ女お市(瑳峨三智子)が情けをかける。そのうち訥平は仇の男(小沢栄、のち小澤栄太郎)と偶然出会うが、意外な運命が訥平を待ち受ける。

 伊藤監督のサイレント時代の作品『下郎』を脚本からリメイクした作品だという。仇討ち否定、武士道批判の作品で、いわゆる“傾向映画”の系列に連なるものだと思うが、単なる社会派映画の枠を超えた力作。
 力感ある映像(撮影:平野好美)と各登場人物の個性がそれぞれよく描きこまれているため、田崎潤の熱演が空回りせず、他の登場人物も類型的ではなく生きている。特に、並の映画では薄っぺらになってしまうであろう新太郎のキャラクター造形が巧みに感じた。伊藤大輔監督の脚本家としての実力を見た感じ。お市は、江戸時代の女があんな行動に出るかちょっと疑問に思ったが、あの気性の激しさは嵯峨三智子自身の柄に合っていたかもしれない。ついでに、丹波哲郎がほんのチョイ役で出るのが面白い。
 大きく二ヶ所ある殺陣の場面も素晴らしい。時代劇の型ではないリアルな演出は黒澤映画もたじたじといったところで、あの『青春の殺人者』を思い出した。
 あまり語られることのない作品だが、非常な“力作”を観た気分になる傑作。(2003/09/28)

地獄花 じごくばな
監督 伊藤大輔
公開年 1957年
評点[A’]
感想  今日は、伊藤大輔監督の『地獄花』を観た。昭和三十二年(1957)の作品。

 平安時代末期、琵琶湖近くの山賊の一党にステ姫という女(京マチ子)がいた。彼女は山賊の首領・袴野の麿(香川良介)に拾われた養女であり、長じては妻にされていた。彼女はその魅力ゆえ敵対する山賊の首魁(山村聡)や若い野伏の勝(鶴田浩二)を惹きつけ、数奇な運命をたどる。

 伊藤大輔監督には珍しい、女性が主人公の作品。オープニングのキャスト紹介では鶴田浩二がトップで出るが、完全に京マチ子が主役だ。こういう役に京マチ子はまさにベストキャスト。個人的に脇役専門俳優という印象のある香川良介も珍しく存在感を見せている。鶴田浩二の役は、登場場面は多いのだが印象が意外と薄い。
 この作品は何よりも京マチ子自身の魅力がかなりの割合で作品を引っ張っているように見える。もちろん、魅力的に見えたのは伊藤監督の演出の手腕のためでもあるだろうが。
 “大映ヴィスタビジョン”の第一作とのことだが、色が黄色がかっていたりするのは、そのせいだろうか。映像面には、正直あまり魅力を感じなかった。(2003/10/25)

弁天小僧 べんてんこぞう
監督 伊藤大輔
公開年 1958年
評点[B]
感想
Amazon
弁天小僧
弁天小僧

 今日は、伊藤大輔監督の『弁天小僧』を観た。昭和三十三年(1958)の作品。

 ある時、弁天小僧菊之助(市川雷蔵)は、悪旗本の鯉沼伊織(河津清三郎)らを出し抜いて、大名家の隠居からお半(青山京子)という女と金をゆすりとる。そして、町奉行・遠山金四郎(勝新太郎)の捜査の手が間近に迫っているのを悟った弁天小僧と仲間たちは、高飛び前の最後の大仕事として大商人の浜松屋に狙いを定めたのだが……。

 元ネタは歌舞伎から採った作品(脚本:八尋不二)。90分に満たない短めの上映時間に合わせて上手くダイジェストしてあるという感じで、終盤までは意外と淡々とした展開という印象。劇中劇で雷蔵などが歌舞伎調の演技をするのが面白かった。ラスト近くの捕物シーンでは、御用提灯の群の描写が伊藤大輔監督らしく盛り上がる。(2003/01/21)

女と海賊 おんなとかいぞく
監督 伊藤大輔
公開年 1959年
評点[B]
感想  伊藤大輔監督の『女と海賊』を観た。昭和三十四年(1959)年の作品。主演は長谷川一夫と京マチ子。

 襲った船から品物と一緒に奪った女を慰(なぐさ)みものにする海賊一味。しかし、部下には好きにさせても、その頭目(長谷川一夫)は女に指一本触れようとしない。彼は心に深い傷を抱いていた。
 頭目の回想シーンの処理がチョット唐突。それに、彼は妙に女々しく悩んでばかりいる。終わりも無理にハッピーエンドにした感じ。作品中の女性観も今から見ると首をかしげるようなもので、女性が観ると楽しめないかもしれない。
 ただし、展開のテンポが良いので退屈はしなかった。伊藤監督の腕だろうか。長谷川一夫や京マチ子のファンなら楽しめるかも。(2000/11/06)

幕末 ばくまつ
監督 伊藤大輔
公開年 1970年
評点[A’]
感想  今日は、伊藤大輔監督の『幕末』を観た。昭和四十五年(1970)の作品。

 土佐で青雲の志を抱き、日本を改革する夢に燃える坂本龍馬(中村錦之助、のち萬屋錦之介)。彼は、同志の中岡慎太郎(仲代達矢)らと共に奔走し、大政奉還までこぎつけるが、彼らを待っていた運命は……。

 この作品には、司馬遼太朗が原案という名義で名を連ねている(脚本:伊藤大輔)。錦之助の坂本竜馬はちょっと怖い感じだが、それらしさはあったと思う。土佐藩の身分差別の厳しさが強調されていて、町人上がりの近藤長次郎(中村賀津雄、のち中村嘉葎雄)と新宮馬之助(松山英太郎)が儲け役。龍馬の妻お龍に吉永小百合、西郷隆盛に小林桂樹、後藤象二郎に三船敏郎など、キャストは豪華。
 イデオロギー的な面が強いように感じられたし、俳優が皆りきんだ演技をしているように見えたが、幕末という時代の緊迫した雰囲気は表現されていた。(2002/01/14)

[1] [2]

伊藤大輔
掲示板 Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE