Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE
木村恵吾(木村惠吾)
歌ふ狸御殿(歌う狸御殿) うたうたぬきごてん
監督 木村恵吾
公開年 1942年
評点[B]
感想  今日は、木村恵吾監督の『歌ふ狸御殿』を観た。昭和十七年(1942)の作品。

 狸の里に住む娘狸お黒(高山広子)は、血の繋がらぬ継母と姉きぬた(草笛美子)にいつもいじめられていた。幸せを夢見る彼女は、切り倒されそうになっていたところを助けた白木蓮の木の精(雲井八重子)に、暁の鐘が鳴るまでの間、美しい狭霧姫に姿を変える魔法をかけてもらい、狸御殿の狸祭りで狸の若君(宮城千賀子)と出会う。

 狸映画を何本も撮っている木村監督の最も有名な一本。粗筋を見て一目瞭然なように、『シンデレラ』を下敷きにして換骨奪胎している。題名どおり歌と踊りがたっぷりの作品で、狸御殿のシーンは、昔の映画らしいピントの甘さが、かえって画面を美しく見せている。歩くと音が鳴る階段なども、ディズニー映画の影響だろうか。狸だけに、変身したり姿を消したりのプリミティブな特撮は、時にはシュールなほど。若君が男装の女性というのも、ちょっと意表を突かれた。
 戦時中の映画とは思えないほどの娯楽作品……というよりも、きぬたがなぜか“時局”に関する演説をすると、それに反発する女狸が「ふん。狸がそんなこと知るもんかい!」と言ったりして、暗に風刺を利かせている。
 歴史に残る名作というよりも、記憶に残る異色作と言えるかもしれない。(2002/10/01)

天下の御意見番を意見する男 てんかのごいけんばんをいけんするおとこ
監督 木村恵吾
公開年 1946年
評点[C]
感想  今日は、木村恵吾監督の『天下の御意見番を意見する男』を観た。昭和二十一年(1946)の作品。

 天下の御意見番を自認する大久保彦左衛門(山本礼三郎)は自分の知行地で出会った若者・太助(大友柳太郎〔大友柳太朗〕)が気に入り、江戸の屋敷に連れて帰る。太助は大久保家の中間として働き始めるが、愚直な彼は様々な事件を引き起こす。

 戦地から復員した大友柳太朗の戦後第一作として企画された作品だという。ただし、おなじみの大久保彦左衛門&一心太助ものとはいっても、のちの中村錦之助主演のシリーズなどとは全く印象が異なる作品になっている。
 普通は生きのいい江戸っ子という設定の太助が、前半では世間知らずの田舎者ということになっている。それは良いとしても、妙に武士に対して批判的なのが不自然に感じられる。
 戦後まだ一年も経っていないうちに製作された作品なので、封建制度批判のメッセージ性が強いお説教映画になっている。これも“アイデア・ピクチャー”というやつの一本だろうか。それだけでは済まさないようにコミカルな場面もいくつか作っているが、滑り気味。脚本の依田義賢は戦前の若い頃に思想的なことで特高の取調べを受けたことがある人なので、単に迎合しただけではないとは思うが、お世辞にも成功作とはいえないと思う。
 また、後半になるといきなり太助が江戸っ子っぽくなってしまうのも違和感がある。朴訥な前半は大友柳太朗の柄に合っているが、後半はちょっと無理があるような気がした。(2005/10/05)

三萬両五十三次(三万両五十三次) さんまんりょうごじゅうさんつぎ
監督 木村恵吾
公開年 1952年
評点[A’]
感想  今日は、大河内傳次郎主演の『三萬両五十三次』を観た。監督は木村恵吾で、昭和二十七年(1952)の作品。

 幕末、幕府は対公家工作などの費用として三万両を京都に送ることにした。なぜか担当の老中・堀田備中守(沢村国太郎)は、失態を犯して浪人になった元家臣の馬場蔵人(大河内傳次郎)を責任者とする。京に向かう三万両と蔵人を、尊皇派の浪人や蔵人を個人的に恨む山際三左衛門(河津清三郎)や盗人の牛若小僧(加東大介)など、様々な思惑の連中が追いかける。

 『銭形平次』の野村胡堂の原作を狸映画で有名な木村監督が映画化。脚本も木村恵吾。
 大河内傳次郎が“ひょうたん”というあだ名のとぼけた男を好演。演技はいつもどおりで超オーバーだが、あの独特の台詞回しが活かされている。全体に漂う“道中もの”らしいのんびりした雰囲気と小道具の瓢箪(実物)の使い方は、戦前の時代劇を彷彿とさせる味わいがある。
 河津清三郎のエキセントリックな侍(どう見ても優秀な家臣には見えないが)や轟夕起子演ずる年増女も良く、小佳作になっていると思う(上映時間は1時間5分強)。

 サイレント時代にも大河内傳次郎が出演して映画化されているが、それでは蔵人ではなく牛若小僧を演じていたらしい。牛若小僧が主人公のストーリーだったのだろうか?(2005/08/07)

初春狸御殿 はつはるたぬきごてん
監督 木村恵吾
公開年 1959年
評点[B]
感想
Amazon
初春狸御殿
初春狸御殿

 今日は、木村恵吾監督の『初春狸御殿』を観た。昭和三十四年(1959)の作品。

 かちかち山の泥右衛門(菅井一郎)の娘お黒(若尾文子)は、極道者の父親のために苦労している。だがある時、彼女が狸御殿の姫君(若尾文子二役)に瓜二つであることがわかり、家出した姫の代理で大富豪の御曹司・狸吉郎(市川雷蔵)とお見合いすることになり……。

 木村監督お得意の狸映画。お黒に惚れている若者として勝新太郎、その他にも狸御殿の家老役として中村鴈治郎、姫の腰元の一人として水谷良重(現・水谷八重子)が出演するなど、豪華キャスト。
 次々とセットが変わる日本中の民謡の替え歌のメドレーに合わせて市川雷蔵が踊る場面が楽しく、歌と踊りがたっぷりだが、ちょっと多すぎて食傷する面もあるかも。もう少し雷蔵と勝新太郎(特に後者)の芸を観たかった。雷蔵は能天気な若様にお似合いだったが。あと、ラストがちょっとお涙ちょうだい的になっていて全体の中で浮いているのが少々気になった。
 個人的には雷蔵&勝新が活躍する『花くらべ狸道中』の方が好きだ。(2002/10/30)

狸穴町0番地 まみあなちょうぜろばんち
監督 木村恵吾
公開年 1965年
評点[C]
感想  今日は、木村恵吾監督の『狸穴町0番地』を観た。昭和四十年(1965)の作品。

 麻布狸穴町に住む狸たちは、世知辛くなった人間を化かせなくなった上に周囲の開発で追い立てられ、生活が苦しくなってきた。古狸の泥八(花菱アチャコ)とその母おたね(武智豊子)は、娘おくろ(高田美和)を人間の娘に化けさせて働きに出すことにする。クラブで働くことになったおくろは、若い従業員・公彦(西郷輝彦)が気になってしまう。

 戦前からの狸映画の巨匠・木村監督の作品。狸映画は普通ファンタジー的なものだが、この作品は現代の日本を舞台にしている(脚本:桜井康裕・小滝光郎・木村恵吾)。
 西郷輝彦が共演者なので、彼の歌を含めた当時の流行歌がよく流れるが、その挿入の仕方が無理矢理で作品のテンポを損ねて退屈なものにしてしまっている。ヒロインの性格も暗くて、観ていてげんなり。
 高度成長期の日本では狸よりも人間の方がずる賢くなったという設定を生かすのなら、センチメンタルな部分や歌を極力少なくして徹底的に諷刺喜劇にし、『昭和狸合戦ぽんぽこ』にしてしまえば良かったと思うが、映画が斜陽になった当時は西郷輝彦の人気を当てこまねばならなかったのだろうか。
 昭和四十年では狸映画を作るのはもう無理だったのだな、と思わされる作品。実際、木村監督最後の作品らしい。昭和四十年ごろの風俗流行を知るためには役に立つ作品かもしれない。(2005/02/28)

木村恵吾(木村惠吾)
掲示板 Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE