Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE
児井英男(兒井英男)
敵討三都錦絵(愛憎三都錦絵) かたきうちさんとにしきえ
監督 児井英男
公開年 1935年
評点[A’]
感想  今日は、黒川弥太郎主演の『敵討三都錦絵(愛憎三都錦絵)』を観た。監督は児井英男で、昭和十年(1935)の作品。

 密かに勤皇派として働いていた藤倉半兵太(清川荘司)が、主君が放った隠密・藪田彦兵衛(阪東勝太郎)によって暗殺された。藤倉の妹・小染(花井蘭子)の許婚(いいなずけ)であった浪野雪衛(市川正二郎)とその友人の平栗平記(黒川弥太郎)は仇の藤倉と手下を討とうとする。

 一般にはプロデューサーとして知られている児井英男の初監督作品。“指導監督”という名目でベテラン池田富保の名もある。児井英男の監督作は10本ほどあるようだ。原作は『雪之丞変化』で有名な三上於菟吉(脚本:星逸平)。
 場面転換にアイリス・インやワイプアウトを利用したり、象徴的な意味で蛙・蜘蛛・家鴨といった動物を出したり、初監督らしからぬ……あるいは初監督だからこそできた遊びがたっぷりある。終盤の宿屋の中での殺陣も、斬りあっている主人公たちに加えて泊り客まで画面の中で右往左往して逃げ回り、目まぐるしく楽しい。
 黒川弥太郎と市川正二郎の演技はちょっと硬いが、二役を演じわけた花井蘭子は見事。薮田とその手下(上田吉二郎)は、いかにも悪役の演技とメイクだけれども、二人が活躍(?)する場面では映像表現までスリラー映画風になって面白い(撮影:町井春美)。
 序盤は真面目な勤皇映画かと思わせておいて、中盤以降はロードムービーの趣が強くなり、終盤では大チャンバラシーンと、現存プリントは72分強だがサービス精神たっぷりの作品。(2004/08/24)

児井英男(兒井英男)
掲示板 Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE