Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE
小泉堯史
雨あがる あめあがる
監督 小泉堯史
公開年 2000年
評点[B]
感想
Amazon
雨あがる 特別版
雨あがる
特別版

 今日は、黒澤明の遺稿を映画化した『雨あがる』を観た。監督は小泉堯史で、平成十二年(2000)の作品。

 剣の腕は一級品なのに、人が良すぎて仕官できない浪人の三沢伊兵衛(寺尾聰)とその妻・たよ(宮崎美子)は雨で足止めを食って木賃宿(安宿)に永逗留していた。ひょんなことから、伊兵衛は当地の藩主・永井和泉守重明(三船史郎)に腕を見込まれる。そして…。

 黒澤明が山本周五郎の原作を基に執筆した脚本を、かつての黒澤組スタッフが映像化して話題となった。映像的には実に素晴らしい(撮影:上田正治)。美術(村木与四郎)が見事で、江戸時代の大名の生活(かなり質素)などの考証も行きとどいている。
 内容は、主人公夫婦の人物造形が江戸時代の人間としては少々非現実的に見えた。それは置いといても、山本周五郎流(黒澤流でもある)の心情説明的長台詞は少々気になる。もとの脚本を尊重して撮影時に変更しなかったのだろうか。
 それと、主人公などのベテラン俳優たちと藩主・近習たちとの演技力の差が甚だしい。特に、三船敏郎の息子の三船史郎の演技は…。怒鳴るシーンは父親そっくりだが。台詞もまさしく棒読みなものの、最後の方は、それが独得の味のように聞こえてきちゃったりして(笑)。
 ただし、脚本の構成はしっかりしていてわかりやすい。余韻を残したラストも良かった。(2001/01/08)

小泉堯史
掲示板 Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE