Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE
今敏
PERFECT BLUE(パーフェクトブルー) ぱあふぇくとぶるう
監督 今敏
公開年 1998年
評点[A’]
感想
Amazon
PERFECT BLUE
PERFECT BLUE

 今日は、アニメ映画『PERFECT BLUE』を観た。監督は今敏で、平成十年(1998)の作品。

 所属事務所の社長・田所(声:辻新八)の勧めにより、マネージャー(声:松本梨香)の反対を押し切ってアイドルグループを“卒業”し、女優になった霧越未麻(声:岩男潤子)。実力と事務所の後押しで順調にキャリアを重ねていくが、汚れ仕事もこなす彼女を否定するかのような事件が続発。自分を監視する目を感じた未麻は、恐怖の中で空想と現実の境を見失っていく。

 漫画家としてデビューし、大友克洋などのアニメに参加して頭角をあらわし、近作の『千年女優』や『東京ゴッドファーザーズ』が話題となった今敏(こん・さとし)の初監督作品。
 原作(竹内義和)があるものの、かなり脚色されているらしい(脚本:村井さだゆき)。今監督の作品を観るのは初めてで、空想と現実の切り替え方が途中ワンパターンに感じて脚本に一工夫欲しいと感じたけれども、主人公が追い込まれていく終盤の緊迫感と映像表現は素晴らしい。ただ、裸や暴力シーンがたっぷりなので、途中かなり不快感がある。ストーリー的に必然性があり、全体としての完成度は高いので悪印象は残らないが。
 夢(非現実)と現実の交錯というのは近年の日本製長編アニメーションに流行しているテーマのような気がするが、この作品での表現は演出者の力量を感じさせられた。リアルタッチの画風だが、アニメならではの表現もあるのも良い。のちに実写化されたそうだが、どんな感じになったのだろうか。
 この作品は海外の方が評価が高かったらしい。確かに、こういうアニメは今のところ日本製しかないだろう。(2004/05/03)

千年女優 せんねんじょゆう
監督 今敏
公開年 2002年
評点[A]
感想
Amazon
千年女優
千年女優
Amazon
千年女優 コレクションBOX (初回生産限定版)
千年女優
コレクションBOX
(初回生産限定版)

 今日は、今敏監督のアニメ映画『千年女優』を観た。平成十四年(2002)の作品。

 三十年以上前に引退して隠棲した伝説の映画女優・藤原千代子(声:折笠冨美子・小山茉美・荘司美代子)。“銀映撮影所”閉鎖記念のドキュメンタリーを製作している映像プロダクションの社長・立花源也(声:飯塚昭三・佐藤政道)と若いカメラマン井田恭二(声:小野坂昌也)が彼女の家を訪れると、珍しくインタビューに応ずるという。二人は、今や七十を過ぎた千代子が語る追憶の中に引き込まれていく。

 今監督の『PERFECT BLUE』に続く監督第二作目。前作の現実と非現実の交錯というモチーフはさらに発展し、その二つの世界の間を切り替えるのではなく、時空を越えて自由に行き来するような表現になっている。
 非常に大まかな粗筋は上記の通りだが、ヒロインの語る映画遍歴と日本史とが交錯するストーリーは、なんとも形容しがたい。しかしこの作品は説明無用、映像とノスタルジーの乱舞に我を忘れるべき作品だろう。
 経歴や住んでいる場所(緑とクリーム色に塗られた電車が走り、最近閉鎖された映画撮影所が近い……)が示すようにヒロインは原節子を土台にしているが、さらに山田五十鈴・田中絹代・高峰秀子など映画全盛期を彩った名女優たち全ての出演作を連想させるようなオマージュにあふれている。あの『新しき土』に始まって『晩春』『蜘蛛巣城』『我が青春に悔いなし』『無法松の一生』『君の名は』『青い山脈』『ゴジラ』などなど……。
 この過剰なオマージュと映画撮影所閉鎖記念という設定は、現在では失われた古きよき日本映画に対する鎮魂歌か? と一瞬思ったが、主人公が懸命に“走る”モチーフの反復や賛否両論分かれたという最後の台詞はアクティブなものであり、もしかしたらアニメーション映画という形で日本映画の本流を継承し、新たなものを作っていこうという監督の意思表明かもしれない、とも思った。
 確かに最後の台詞はストーリーの流れにこだわると釈然としないかもしれないが、ヒロイン(=日本映画界?)が単に運命に流されているだけではなかったことを表わしているものとして私はなんとなく納得できた。

 難解なストーリーと、オマージュに溢れていてアニメファンではなく、むしろ普段アニメを観ない邦画ファンが観るべき作品になっているのが賛否両論を巻き起こしたのだろうか。とにかく日本映画を愛する人々全てに観てほしい。あくまで理屈ではなく感覚で受け止める一作だろう。一時間半弱という短さなのに大作を観たような印象を与えられた。

 第5回文化庁メディア芸術祭のアニメーション部門大賞受賞とか海外でもいくつかの賞を受けているそうだが、その割りにはあまり人の口に上らなかった作品という印象だ。実際、私もテレビCMは記憶しているものの、映画館では観なかったし……。もっと邦画ファンに観られて良い作品だと思う。お勧め!(2004/05/07)

東京ゴッドファーザーズ(TOKYO GODFATHERS) とうきょうごっどふぁあざあず
監督 今敏
公開年 2003年
評点[A’]
感想
Amazon
東京ゴッドファーザーズ
東京ゴッドファーザーズ
Amazon
東京ゴッドファーザーズ デラックスBOX (2枚組)
東京ゴッドファーザーズ
デラックスBOX (2枚組)

 今日は、劇場用アニメの『東京ゴッドファザーズ』を観た。監督は今敏で、平成十五年(2003)の作品。

 時はクリスマス。新宿のホームレスである中年おやじのギン(声:江守徹)・大男(女?)のオカマのハナ(声:梅垣義明)・家出娘のミユキ(声:岡本綾)たちが捨てられていた赤ん坊を拾う。警察に届けるのをハナが拒んだので、仕方なく三人で年末の東京をうろついて親探しを始めるが、偶然か必然か三人は様々な事件に巻き込まれる。

 今敏の監督として3本目の劇場用アニメで、前作『千年女優』に続くオリジナル作品(原作:今敏/脚本:今敏・信本敬子)。キャラクターデザインは今敏と小西賢一(作画監督:小西賢一・安藤雅司・井上俊之)。
 クリスマスの夜に赤ん坊がもたらした“奇跡”がテーマになっていて、ストーリーの流れよりも各カット毎の効果を狙っていたような前2作より、ずっとストーリーもキャラもわかりやすくなっている。監督と組む脚本家が代わった(前2作は村井さだゆき)のが一因か、逆に作風を変えようとして脚本家を代えたのか。
 絵作りも、アニメ的な派手な効果を頻繁に用いていた過去作よりもずっとおとなしく静的になっていて、背景の描き込みが非常に非常に細かくなっている。おそらく3D CGを多用していると思われるが違和感なく、街並みのリアルさは驚かされるほど。
 三人がホームレスになった理由や赤子が捨てられた経緯などを通じて現代日本の社会の問題が少し暗示されるが、要するに“ちょっといい話”のヒューマン・コメディあるいは人情噺。ベタなテーマやギャグも、キャラクターの豊かな表情や動きと声優たちの巧みな演技で見せてくれる。メインキャラの声を担当した人たちは全て実写の俳優だが違和感はなく、特にミユキの岡本綾は声がアニメアニメしていなくて良かった。
 前2作よりもわかりやすいストーリーを堅実な演出で見せているので、実写でもできるのでは? という気がしないでもないが、実写だとコテコテになりすぎてしまうだろうか。声優の演技と見た目の派手さを押さえたアニメ技術は良かったが、正直なところ前作と比べてしまうと、物足りない感はある。(2005/06/12)

今敏
掲示板 Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE