Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE
マキノ雅弘(マキノ正博/マキノ雅広/マキノ雅裕)

[1] [2] [3] [4]

家光と彦左 いえみつとひこざ
監督 マキノ正博(雅弘)
公開年 1941年
評点[B]
感想  今日は、長谷川一夫&古川緑波(ロッパ)主演の『家光と彦左』を観た。昭和十六年(1941)の作品で、監督はマキノ正博(雅弘)。

 徳川家康(鳥羽陽之助)から秀忠(佐伯秀男)、そして家光(長谷川一夫)までの三代に仕えた大久保彦左衛門(古川緑波)。頑固一徹の彦左は、太平の世になって活躍の場を失ったかに見えたが、そんな彼を家光は温かい目で見ていた。

 大久保彦左衛門は江戸幕府の“御意見番”として知られているが、この作品では頑固者としてではなく、時代の流れに取り残された老人という面を強調して描いている。家光が気を使ったりするので、敬老映画みたいに見える部分もあるかも。しかし、お守り役の彦左と「じい」と慕う家光のやりとりは、何か感じさせられるものもある。
 有名な“宇都宮城吊り天井”の場面では、大がかりな建物のセットを爆破して迫力があるので、当時としてはかなりの大作だったのだろう。長谷川一夫は一人二役で踊るシーンも二つあり、これも見もの。
 ただ、画面が暗く解像度が低いので、何をやっているかわかりづらい部分があるのが惜しい。それと、全体に少々テンポが遅めに感じた。(2002/01/03)

待って居た男 まっていたおとこ
監督 マキノ正博(雅弘)
公開年 1942年
評点[B]
感想  今日は、マキノ正博(雅弘)監督の『待って居た男』を観た。昭和十七年(1942)の作品。主演は長谷川一夫と山田五十鈴。

 南伊豆の大旅館・柊屋で、若夫婦の清次郎(大川平八郎)と おふぢ(山根寿子)のための離れを増築していると、おふぢの身に次々と危険が襲いかかる。たまたま逗留していた江戸の有名な目明かし文吉(長谷川一夫)の女房お光(山田五十鈴)が夫に代わって謎を解決しようとするが、やがて文吉自らが乗り出してくる。

 『昨日消えた男』に続く、マキノ監督と長谷川一夫&山田五十鈴の組み合わせによる「マゲを結った推理劇」。序盤から中盤にかけて、少々展開が遅いような気がするものの、まずまず楽しめる娯楽作。山田五十鈴が可愛い。山根寿子も山田五十鈴も人妻役なので、お歯黒をつけているが、さほど不気味ではない。白黒画面のためでもあるかもしれない。
 柊屋の若い女中に高峰秀子。地元の目明かし役にエノケンこと榎本健一。『昨日消えた男』も観てみたい。(2001/04/22)

ハナ子さん はなこさん
監督 マキノ正博(雅弘)
公開年 1943年
評点[B]
感想  今日は、マキノ正博(雅弘)監督の『ハナ子さん』を観た。昭和十八年(1943)の作品。

 新婚のハナ子さん(轟夕起子)と五郎(灰田勝彦)夫婦の生活と、ハナ子の両親(山本礼三郎・英百合子)や隣組の人たちとの交流を描く。

 『主婦の友』に連載された杉浦幸雄のマンガが原作だそうだが(脚本:山崎謙太・小森静男)、このハナ子さんというキャラは轟夕起子がモデルだという。
 登場人物たちが終始歌うミュージカル映画だが、隣組はみんな仲良くとか、防空演習や“歩け歩け運動”や傷痍軍人を大切に、などのテーマを全く暗いところなく「明るく楽しく」描いているので、現在の目で見ると異様に感ずる。
 徹底的にハイというかアッパー系というか、なんだかショスタコーヴィチの言う“強制された喜び”のようで、それによってマキノ監督は風刺しているのかな……と思ったのは深読みのしすぎだろうか。まだ昭和十八年頃は勝ち戦気分だし、空襲が始まってないので国民生活も逼迫していなかったことも考慮すべきかも。五郎の出征前にハナ子が明るく振舞うのは、かえって悲壮感を覚えさせる……というのも深読みかな。
 戦中の作品にしては画質・音質共に良く、マキノ監督だけあってミュージカル映画としての演出は見事なので、一度は観ておいても良い珍品かもしれない。五郎の妹として高峰秀子が出演。(2003/03/08)

不沈艦撃沈 ふちんかんげきちん
監督 マキノ正博(雅弘)
公開年 1944年
評点[A’]
感想  今日は、マキノ正博(雅弘)監督の『不沈艦撃沈』を観た。昭和十九年(1944)の作品。

 時は開戦前夜の昭和十六年秋。兵器の部品を製造している昭和精器の社長・竹本(東野英治郎)は、生産倍増を海軍の藤野少佐(高田浩吉)に熱望されて承諾。技術主任(佐分利信)の反対を押し切って実行したものの、夜勤が増えて工員(斉藤達雄)たちの反発は強く……。

 東西松竹の男女スターや演劇人も総動員(水戸光子・桑野通子・三浦光子・丸山定夫・小沢栄太郎・井上正夫などが出演)した国策映画だが(原作:平田弘一/脚本:小国英雄)、主人公はあくまで工場で働く職工(工員)たちになっているユニークな作品。できるだけさぼろうとするベテラン職工を演じた斉藤達雄と彼を働かせようとする班長の河村黎吉が大活躍で、斉藤達雄が主人公のような印象が残る。
 斉藤達雄に代表される、純朴でそれだけ無責任な庶民の姿はちょっと風刺的な意図もあったのかとも思ったが、庶民の姿を生き生きと描くという目的は十分に達成されていて、集団の群集シーンも迫力がある。増産をテーマとした戦中映画は何本もあるが、担当者の熱意と精神力だけで達成している他の作品よりも、労働者を主人公としたこの作品は現在でもあまり生命力が失われていないと思う。体制・戦争批判的なところはないが……。

 聞くところによると、工場で働く人々を主人公にした作品はどうかとマキノ監督自ら企画を松竹と海軍に持ち込んだそうだが、戦中に東宝は製鉄・松竹は造船・大映は飛行機と増産をテーマにした作品を各社割り当てられていたそうなので、ちょうどその目的にも合っていたということなのかもしれない。(2005/09/04)

レ・ミゼラブル あゝ無情 れみぜらぶるああむじょう
監督 伊藤大輔・マキノ雅弘
公開年 1950年
評点[A]
感想  今日は、伊藤大輔・マキノ雅弘両監督の『レ・ミゼラブル あゝ無情』を観た。昭和二十五年(1950)の作品。

 茶碗一杯の飯を盗んだ罪で獄に繋がれた岩吉(早川雪洲)は出獄後も荒んでいたが、ミリエル司教(F・シュバリエ)の温情により改心して名を変え前歴を隠し、社会のため尽くそうと働いて財を成すに至った。かつて瀕死の女お絹(小夜福子)に託された小雪(早川富士子)の成長のみを楽しみとして生きていたが、法の権化である熊谷警部(薄田研二)はそんな彼の過去を執拗に追う。

 題名が示すように、かのビクトル・ユゴーの『レ・ミゼラブル』の舞台を明治維新頃の日本に翻案した作品(構成:八木保太郎/脚本:棚田吾郎・舟橋和郎)。前編・後編で4時間近くなる大作映画だったようだが、私が観ることができたのは前後編を合わせて2時間11分ほどにした総集編。それでも山場たっぷり見どころたっぷりの大作だった。
 若い頃は一時キリスト教に傾倒し後に共産主義運動に移ったという伊藤大輔監督の原作に対する思い入れが強いのか、演出もロマン主義的(?)で出演者たちが目一杯の演技を繰り広げる。今の人間の目で観ると大芝居だが、シラケや照れのない真正面の力押しの演出でしか生まれない感動を味わえるのも確か。設定を日本に置き換えるとちょっと不自然なところをものともせず感動のラストシーンまで突き進む。
 サイレント時代のアメリカで大俳優だった早川雪洲は大熱演でジャン・バルジャンの岩吉を演じきる。熊谷警部(ジャベル)の薄田研二もあの鋭い顔立ちと痩身がぴったりハマっている。小雪(コゼツ)の早川富士子は雪洲の娘だそうで、特に上手さは感じさせないが可憐ではあった。出演者は全体に大芝居だが、お絹(ファンティーヌ)の小夜福子はちょっとやりすぎだったような……。
 前編が伊藤監督で後編がマキノ監督らしいが、総集編で観るとトーンは一定しているので、マキノ監督が伊藤監督に合わせたのだろうか。総集編でも不自然なところは感じさせないけれども、山田宏一が『次郎長三国志 マキノ雅弘の世界』(ワイズ出版)という本で書いていた、この作品の印象的なシーンのいくつかが無かったりしたので、できれば前後編を観てみたい。残っているかな?(2004/11/09)

武蔵と小次郎(武藏と小次郎) むさしとこじろう
監督 マキノ雅弘
公開年 1952年
評点[C]
感想  今日は、マキノ雅弘監督の『武蔵と小次郎』を観た。昭和二十七年(1952)の作品。

 佐々木小次郎(島田正吾)は小倉藩の剣術指南役として招かれたが、宮本武蔵(辰巳柳太郎)と試合をして勝つのが条件だった。その武蔵は、彼を親の仇と狙う娘・篠(桂木洋子)と共に旅しながら京の吉岡一門と戦っていた。そして、ついに巌流島の決闘の日を迎える。

 吉川英治の原作ではないオリジナルのストーリー(脚本:八木隆一郎・鈴木兵吾)を新国劇総出演で映画化。
 戦後になって、戦前〜戦中の日本社会の雰囲気を反映している吉川武蔵とは全く異なるものを作り出そうとしたのだろうか。しかしながら今観ると、いつも女のことばかり考えているとしか見えない武蔵と小次郎に驚かされる。
 小次郎は八雲太夫(淡島千景)というキャラに「好きと言うてみい」とか言っちゃってるし、武蔵は武蔵で篠と野原で追っかけっこしてラブコメしちゃってるし。なにが「いやいや」だよ(笑)。色恋沙汰中心ではどうにも妙に見えるので、新機軸を打ち出したかったのなら小次郎と武蔵の出世欲・名誉欲に焦点を合わせた方が良かったのではないだろうか。
 ただし、さすがに新国劇だけあって中盤の一乗寺決闘と終盤の巌流島決闘の殺陣はオリジナリティと迫力を感じさせてくれて、なかなか良かった。(2005/05/22)

次郎長三国志 第一部 次郎長売出す じろちょうさんごくしだいいちぶじろちょううりだす
監督 マキノ雅弘
公開年 1952年
評点[B]
感想  今日は、マキノ雅弘監督の『次郎長三国志 第一部 次郎長売出す』を観た。昭和二十七年(1952)の作品。

 清水港の米屋の息子の長五郎(小堀明男)は、堅気のくせに博打好きで酔うと喧嘩好きにもなってしまい、喧嘩で人を殺したと誤解して出奔し、清水の次郎長と名乗って渡世人の道に入った。清水に舞い戻った彼のもとには、桶屋の鬼吉(田崎潤)・関東綱五郎(森健二)・大政(河津清三郎)・法院大五郎(田中春男)といった子分たちが集まってくる。

 村上元三の小説を映画化したという(脚本:村上元三・松浦健郎)、マキノ監督の『次郎長三国志』シリーズ第1作。副題の通り、物語の冒頭という感じで、子分たちが集まってくる過程を描いている。まだこれ一作を観ただけでは少々物足りない。
 でも、元ネタの講談や小説からしてそうなのだが、次郎長本人よりも子分の方が個性豊かでキャラが立っていて、特にコミカルな桶屋の鬼吉や関東綱五郎を撮るテンポの良さは、さすがにマキノ雅弘だ。また、元は武士の大政が妻と二人きりで語り合うシーンも良い。(2002/10/05)

次郎長三国志 第二部 次郎長初旅 じろちょうさんごくしだいにぶじろちょうはつたび
監督 マキノ雅弘
公開年 1953年
評点[A]
感想  今日は、マキノ雅弘監督の『次郎長三国志 次郎長初旅』を観た。昭和二十八年(1953)の作品。

 清水の次郎長(小堀明男)は、喧嘩を仲裁したことから、お上に追われる身となってしまい、お蝶(若山セツ子)との婚礼の式を挙げたその足で旅に出る。旅先では兄弟分の佐太郎(堺左千夫)のところに世話になるつもりで飛んだ目に逢ったり、偶然出会った若い渡世人の仙右衛門(石井一雄 )のために喧嘩をするハメになったり、様々な出来事が起こる。

 村上元三原作の映画化シリーズ第二弾(脚本:村上元三・松浦健郎)。第一作はプロローグ的だったが、第二作は二つのエピソードで次郎長一家が動き回って楽しい。この作品では次郎長も貫禄を見せている。一家が裸道中をやらかすところなど笑える、任侠映画というより青春群像ドラマのような明るい雰囲気の作品。(2002/10/13)

次郎長三国志 第三部 次郎長と石松 じろちょうさんごくしだいさんぶじろちょうといしまつ
監督 マキノ雅弘
公開年 1953年
評点[A]
感想  今日は、マキノ雅弘監督の『次郎長三国志 次郎長と石松』を観た。昭和二十八年(1953)の作品。

 前作で偶然出会って旅を共にしていた次郎長(小堀明男)と石松(森繁久彌)は、いったん別れて別の道を進む。正直の上に馬鹿がつく石松は、若い三五郎(小泉博)や女バクチ打ちのお仲(久慈あさみ)に騙されてばかり。一方、次郎長一家は旅先で世話になっていた親分の身代わりで牢屋に入ってしまう。

 村上元三原作(構成:小国英雄/脚本:松浦健郎)の『次郎長三国志』第三弾。前作では顔出し程度だった石松が主役となっている。石松と次郎長一家のエピソードが完全に別々になってしまっているが、それぞれ面白いので問題なし。
 森繁は石松という良い意味でバカな男を巧みに演じているし、牢内での次郎長一家も息がピッタリで、観ていて楽しい。今後、石松と次郎長一家が一緒になる続編を期待させられる作品。
 しかし、戦前のスターだった小杉義男がドリフのコントみたいなメイクの牢名主を演じていたのには、あららと思った(笑)。(2002/10/19)

次郎長三国志 第四部 勢揃い清水港 じろちょうさんごくしだいよんぶせいぞろいしみずみなと
監督 マキノ雅弘
公開年 1953年
評点[A’]
感想  今日は、マキノ雅弘監督の『次郎長三国志 勢揃い清水港』を観た。昭和二十八年(1953)の作品。

 清水港に戻った次郎長(小堀明男)一家は、新たな住まいで正式に一家を構える。そこに石松(森繁久彌)と三五郎(小泉博)がやってきて、お調子者の三五郎は黒駒の勝蔵(石黒達也)との揉め事に次郎長を巻き込んでしまう。

 シリーズ第四弾で、新たなキャラとして三保の豚松(加東大介)が初登場。また、黒駒の勝蔵との対決も初めて描かれ、ますます娯楽性たっぷりの楽しい作品。この作品では石松よりも三五郎が目立っていて、彼は本当にどうしようもないヤツだが、根っからの悪ではなくなんとなく憎めないところも表現されているのが良い。豚松も、ちょっと演技が濃くてわざとらしく見える面もあるが、上手い。(2002/10/26)

[1] [2] [3] [4]

マキノ雅弘(マキノ正博/マキノ雅広/マキノ雅裕)
掲示板 Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE