Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE
牧野省三(マキノ省三)
尾上松之助の忠臣蔵(松之助の忠臣蔵) おのえまつのすけのちゅうしんぐら
監督 牧野省三
公開年 1910年
評点[C]
感想  今日は、『尾上松之助の忠臣蔵』を観た。監督は牧野(マキノ)省三。明治四十三年(1910)の作品。

 “目玉の松ちゃん”の愛称で知られた日本映画初期のスーパースター尾上松之助の主演作。松之助が浅野内匠頭・大石内蔵助・清水一学の三役を演じている。吉良上野介は片岡市之正。
 この作品は一つの『忠臣蔵』映画が完全に残されたのではなく、実はいくつかの作品がつなぎ合わされて成り立っているらしい。NHK衛星放送での放映時の解説によると、制作時期は明治四十三年から大正六年頃までになるようだ。しかし、さほど継ぎ目の違和感は無い。
 サイレント最初期だけに、カメラは据えっぱなしのロングショットばかりで、演技や立ち回りも歌舞伎そのもの。現代人が観ても決して当時の人の熱狂を味わえるわけではないが、記録としての価値はあるだろう。(2000/12/25)

牧野省三(マキノ省三)
掲示板 Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE