Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE
瑞穂春海
消えた死体 きえたしたい
監督 瑞穂春海
公開年 1947年
評点[C]
感想  今日は、瑞穂春海監督の『消えた死体』を観た。昭和二十二年(1947)の作品。

 ダンスホールのダンサー中山美枝子(木暮実千代)は、闇屋を辞めて故郷に帰るという城三平(上原謙)と、ふとした偶然から親しくなった。美枝子は、社長(村田知英子)のバッグから金を抜いてきたという三平を諌めて一緒に社長の家へ返しに行くと、そこには社長の死体が。三平が第一容疑者にされるのは間違いないので、二人は独自に犯人を探そうとする。

 オープニングで“原案”として渋谷実の名が出てくる(脚本:清島長利)。それで期待して観始めたのだが……。
 サスペンスタッチの粗筋の割りには登場人物の演技に緊張感ゼロで、当然観ている方にも緊迫感は伝わってこない。サスペンスといってもコメディ的な要素もある脚本だが、ギャグが面白くない。67分強の短い作品なのに途中で退屈してしまい、渋谷実自らの演出だったらな〜と思いながら観てしまった。
 ただし、登場人物はメインキャストから脇役に至るまで松竹の経験豊富な俳優たちで、拙さを感じさせるところはない。やはり演出の責任が大きいような気がする。粘らず全て一発OKで撮りあげてしまったような。上映時間が短いし、映画館の番組の埋め草的作品だったのかしら。(2005/05/15)

殺陣師段平 たてしだんぺい
監督 瑞穂春海
公開年 1962年
評点[B]
感想
Amazon
黒澤明 脚本作品:殺陣師段平
黒澤明 脚本作品:
殺陣師段平

 今日は中村鴈治郎・市川雷蔵主演の『殺陣師段平』を観た。監督は瑞穂春海で、昭和三十七年(1962)の作品。

 新国劇の頭取(役者の世話係)の市川段平(中村鴈治郎)、元は歌舞伎の殺陣師だった。座頭の沢田正二郎(市川雷蔵)のために役に立ちたいと願うが、リアリズムを重んずる沢田は型の決まった殺陣を受け入れない。ようやく髷物の『国定忠治』などで活躍を与えられたものの、沢田は殺陣を客寄せの道具としかとらえず…。

 脚本として黒澤明が名を連ねている作品(原作:長谷川幸延)。芸一筋の夫のために髪結いをして生活を支えている妻お春 (田中絹代)が苦労するところなどは“芸道物”の型をなぞっている。だが、中村鴈治郎も田中絹代も演技が良いので観るべきものがある。字も読めず芸しか知らない市川段平と大学出のインテリの沢田正二郎の対比も、こちらも少々類型的だが、殺陣に対する思い入れに絞られているので面白い。
 ただ、やはり段平の妻の苦労や彼女の弟子おきく(高田美和)のエピソードが別物のようになってしまった感はある。高田美和は“新スター”とのことなので、ベテランの中に混じると演技が少々気になった。(2002/06/10)

瑞穂春海
掲示板 Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE