Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE
森一生

[1] [2]

錦絵江戸姿 旗本と町奴 にしきええどすがたはたもととまちやっこ
監督 森一生
公開年 1939年
評点[A’]
感想  今日は、市川右太衛門主演の『錦絵江戸姿 旗本と町奴』を観た。監督は森一生で、昭和十四年(1939)の作品。

 町奴の朝日奈三郎兵衛(市川右太衛門)は、実は旗本の三浦小次郎(浅香新八郎)の弟。ある日、三郎兵衛は意に添わぬ許婚に執拗に迫られていた千早(国友和歌子)を助けた。その千早は大久保彦左衛門(松本泰輔)によって、なぜか小次郎のもとに嫁入りすることになる。小次郎と深い仲だった彼の腰元お浪(雲井八重子)は絶望して身投げしようとするが……。

 元々はトーキーだったが現存版では音声部分の復元が不可能で、松田春翠の活弁が入って蘇った作品。活弁の名調子のためか非常にテンポよく展開し、立ち回りもたっぷりで楽しい佳作。刀での斬り合いではなく、三郎兵衛と小次郎の素手での兄弟げんかが面白い。右太衛門は体格が良く、若い頃は動きも良いのでスクリーン栄えする。
 残念ながら画質は非常に良くないが、現存していることを喜ばねばならないのだろう。(2002/11/17)

荒木又右ヱ門 決闘鍵屋の辻(荒木又右衛門 決闘鍵屋の辻) あらきまたえもんけっとうかぎやのつじ
監督 森一生
公開年 1952年
評点[B]
感想  今日は、三船敏郎主演の『荒木又右ヱ門 決闘鍵屋の辻』を観た。監督は森一生で、昭和二十七年(1952)の作品。

 講談などで有名な“鍵屋の辻”の仇討。しかし、渡辺数馬(片山明彦)とその助太刀をした荒木又右衛門(三船敏郎)、仇の河合又五郎(千秋実)とその助太刀で荒木又右衛門の親友でもある河合甚左衛門(志村喬)を中心とした戦いの実相は、今に伝えられる巷談俗説から遠くかけ離れたものであった。

 脚本は黒澤明。ファーストシーンで白塗りのメイクをした三船たちが講談調の立ち回りをしてみせ、ナレーションに続いて実説の再現が始まったり、劇中の経過時間と映画の経過時間がほぼ同一でありながら又右衛門たちの従者(加東大介)の回想として過去を描くなど、凝った構成。真剣での戦いの描き方も大変リアル
 ただし、回想と現時点との切り替えのテンポが今ひとつ良くないように感じた。また、リアリティを増すために劇中の経過時間を全て“今”として描いたため、かえって一エピソードで終わってしまったような物足りなさもある。この辺は受け手それぞれで感じ方が異なるかもしれないが。
 又右衛門と河合甚左衛門の友情や二人の従者(加東大介と小川虎之助)の緊張の様子といった登場人物の感情の描き方は、なかなか細やかで良かった。(2003/12/14)

まらそん侍 まらそんざむらい
監督 森一生
公開年 1956年
評点[A’]
感想  今日は、森一生監督の『まらそん侍』を観た。昭和三十一年(1956)の作品。

 江戸時代末期、上州高崎に位置する安中藩では毎年「遠足(とおあし)の儀」という行事があった。ある年、藩校の学生である飼葉一馬(勝新太郎)・秋庭郁之助(夏目俊二)と次席家老の息子・本田市之丞(大泉滉)の三人が上位を占め、藩の家宝の金キセルで一服ずつ煙草を吸う褒美を受けたが、三人はキセルを捧げ持っていた千鶴(嵯峨三智子)に一目ぼれしてしまう。

 恋愛あり、青春あり、歌あり、コメディあり、サスペンス(というほどのものではないが)ありと、複数のエピソードを重層的に組み合わせて混乱や冗長なところの無い脚本(八木隆一郎)が巧み。演出もテンポが良く、楽しんで観られた。また、多くの要素を含んでいながら、全てにおいてやりすぎではなく、カラッとしているのも好ましい。時々現代語が出てくるのは、これはチョンマゲをつけた学生映画というノリだからだろうか。金キセルを狙うコソ泥役としてトニー谷が出演。(2002/09/18)

朱雀門 すざくもん
監督 森一生
公開年 1957年
評点[C]
感想  今日は、 森一生監督の『朱雀門』を観た。昭和三十二年(1957)の作品。

 幕末、孝明天皇(夏目俊二)の妹に当たる皇女和宮(若尾文子)は有栖川熾仁親王(市川雷蔵)と婚約していたが、時の将軍家から和宮降嫁の願いが出される。激しい運命に翻弄される二人と和宮の侍女・夕秀(山本富士子)。

 原作は川口松太郎の『皇女和の宮』(脚本:八尋不二)。幕末の悲劇のヒロインとして有名な和宮の物語。
 宮川一夫が撮影を担当していることもあって、豪華なセットや衣装の映像は非常に美しい。『羅生門』『地獄門』に続いて外国映画際のグランプリを狙っただけのことはある。しかし、悲恋物語の割りには最初から最後まで淡々と進んでいく印象。演出のためか、やんごとなき身分の人々を演ずるため出演者が固くなったのか、情熱のほとばしりがあまり感じられない。ただ、山本富士子に迫られて雷蔵タジタジの図、という場面は面白かったが(笑)。
 若尾文子は可愛いけれども、和宮と夕秀は俳優が逆の方がイメージに合うような……。(2003/03/27)

若き日の信長 わかきひののぶなが
監督 森一生
公開年 1959年
評点[A’]
感想  今日は、市川雷蔵主演の『若き日の信長』を観た。監督は森一生で、昭和三十四年(1959)の作品。

 尾張を支配する若き戦国大名・織田信長(市川雷蔵)は“うつけ者”の悪名高く、重臣・林佐渡守と林美作守(高松英郎)父子は信長の弟・信行(舟木洋一)の擁立を図り、服属していた武将・山口左馬之助も娘の弥生(金田一敦子)を信長のもとに人質に出しながら今川に通じようとしていた。

 大仏次郎による新歌舞伎の映画化(脚本:八尋不二)。織田信長ものは戦前は片岡千恵蔵、戦後は中村錦之助の主演の作品がよく知られているだが、それらでおなじみの濃姫とのロマンスや斉藤道三との対面のエピソードはなく、あえて“うつけ者”を演じている信長の内面に注目した作品になっている。
 観る前は市川雷蔵は信長の柄ではないと思っていたが、メイクやいつもよりも大きな台詞回しでそれらしく見せ、理知的な信長を作り出していた。また、脇役の弥生やその侍女の小萩(青山京子)、小姓の平手甚三郎(市川染五郎、のち松本幸四郎)などもよく書き込まれていて、信長の心理を描き出す助けになっている。原作によるところが大きいと思うが、一般的なイメージとは異なる織田信長像を生み出している。
 モノクロ末期の映像も美しく(撮影:相坂操一)、戦国時代の質素な城のリアルなセットとも相まって(美術:内藤昭)、映像でも信長の孤独感を強調しているように見えた。(2005/08/30)

薄桜記 はくおうき
監督 森一生
公開年 1959年
評点[B]
感想
Amazon
薄桜記
薄桜記

 今日は、市川雷蔵&勝新太郎主演の『薄桜記』を観た。監督は森一生で、昭和三十四年(1959)の作品。

 四十七士の一人・堀部安兵衛(勝新太郎)は、旗本・丹下典膳(市川雷蔵)と幾重もの不思議な因縁で関わりあっていた。その典膳は、武士の義理と掟によって妻も地位も片腕までも失い、不自由な体で仇と斬り結ぶ。

 五味康祐の原作を元にした作品(脚本:伊藤大輔)。ラストの、丹下典膳が片手片足で斬りあう殺陣が有名だが、時代劇といっても全体的に伝奇的なイメージの漂う幻想的な作品。因果応報譚のようなところもある。演出や映像にファンタスティックなイメージがもう少し強くても良かったかもしれない。重要な役である典膳の妻・千春(三田登喜子)の演技がちょっと気になった。(2002/05/19)

不知火検校(不知火檢校) しらぬいけんぎょう
監督 森一生
公開年 1960年
評点[A]
感想
Amazon
不知火檢校
不知火檢校

 今日は、勝新太郎主演の『不知火検校』を観た。監督は森一生で、昭和三十五年(1960)の作品。

 子供の頃から悪知恵が働く盲人・杉の市(勝新太郎)は、不知火検校(荒木忍)に弟子入りしてからも生首の倉吉(須賀不二男、のち須賀不二夫)や鳥羽屋の丹治(安部徹)と組んであくどいことで金を稼ぎ、ついに二代目不知火検校の座に昇りつめる。

 これまで二枚目役を演じていた勝新太郎が初めて悪役、しかものちの『座頭市』に通ずる役を演じてキャリアの転換点となったと言われている作品(原作:宇野信夫/脚本:犬塚稔)。
 とにかく主人公がワルで、自らの目が見えぬという障害まで利用してのしあがっていく手腕には感心して見入ってしまうほど。主人公のあまりのあくどさにはある種のブラックユーモアさえ感じられて笑えてしまうくらいで、ここまで悪に徹したキャラも日本映画では珍しいかもしれない。勝新の味が生きていて、二枚目から転向したのは大正解だったのだろう。私個人的には若い頃の勝新も好きだが。
 こういう作品は現在では問題視される部分もあるだろうが、例えば最近では身体障害者の性欲の問題が一部でとりあげられているように、障害者を全て無垢の聖人と見なすのも一種の偏見であり健常者と同じ欲も得もある人間と認めるべきなのだから、こんな作品が一本くらいあっても良いと思う。ただし、決して同情的には描いていないが、盲目の主人公が出世する唯一の手段として悪事を選んだということは読み取れるようだ。

 モノクロの光と影を強調した絵作りが、主人公の視界の闇と心の闇を強調していて効果的だった(撮影:相坂操一)。(2005/01/04)

新悪名 しんあくみょう
監督 森一生
公開年 1962年
評点[A’]
感想
Amazon
新・悪名
新・悪名
Amazon
悪名 DVD-BOX・第一巻
悪名 DVD-BOX
第一巻
悪名
続・悪名
新・悪名
続・新悪名
第三の悪名

 今日は、勝新&田宮二郎主演の『新悪名』を観た。昭和三十七年(1962)の作品で、監督は森一生。

 日本は終戦を迎え、出征していた朝吉(勝新太郎)は日本に復員してくる。しかし、長い戦地暮らしと敗戦は、彼を取り巻く状況を全て変えていた。朝吉は運命を受け入れながらも、たくましく生きていく。

 舞台が戦後のためか監督が交代したせいか、様式美を感じさせた前2作よりも生々しい描写が増えている。脚本は変わらず依田義賢なのだが、戦後の闇市における、いわゆる“第三国人”の問題を取り扱ったりしている。これは地上波では絶対に放映できないかも。NHK BSでも放映後に「放送にふさわしくない用語が用いられていますが…云々」という“おことわり”が出たし。
 モートルの貞の弟という設定で登場している田宮二郎は少々軽薄なキャラクターになっているが、それもまた軽妙で楽しい。須賀不二男もまたいい味を出している。
 撮影監督も交替して(今井ひろし)画面の感じが少し変わったものの、カラーの美しさは変わらない。保存状態が良いようだ。色彩設計は、少し派手になったように見える。(2001/05/27)

陽気な殿様 ようきなとのさま
監督 森一生
公開年 1962年
評点[B]
感想  今日は、市川雷蔵主演の『陽気な殿様』を観た。監督は森一生で、昭和三十七年(1962)の作品。

 幕府の老中でもある姫路藩主・榊原忠次(南部彰三)の跡継ぎ隼之助(市川雷蔵)は襲封のため国元へ帰るよう父に命ぜられると、側用人(菅井一郎)たち共の者を置いて幼なじみの町人・八五郎(小林勝彦)と三次(佐々十郎)の二人と先に行ってしまう。旅路では、謎の浪人・挙手田多門(天知茂)に襲われたり浜松藩の家老(原聖四郎)には妙なことを頼まれるなど、いくつかの事件が起こる。

 五味康祐の原作の映画化(脚本:笠原良三)。題名通り、型破りな若様が主人公の明朗時代劇。
 大名の嫡子である主人公が勝手に江戸の街を出歩いている冒頭からして現実離れしているが、台詞にも時々現代語が出てきたりして、この作品がコメディであることを示す。コミカルな作品の雷蔵は大変に良く、のほほんとした表情が実によく似合う。
 ただ、コメディの割りにはテンポが今ひとつで間延びした感があった。いくつものエピソードがあるのだが、主人公をもっとコミカルにしても良かったと思うし、共の八五郎と三次というキャラも活躍させたかった。私は未読だが、どうも五味康祐の原作にはエロス的要素があったようなので(それを感じさせるエピソードがある)、それを映画では削り取った結果として間延びしてしまったのかもしれない。
 原作よりもコメディ色を強めた結果なのか、挙手田多門と伴角右ヱ門(千葉敏郎)の二人の浪人が関わるシリアスなエピソードがちょっと浮いているような気もする。終盤に登場する宇津井健は、生真面目さがかえってユーモアをかもし出しているような感じで良い。(2005/01/01)

ある殺し屋 あるころしや
監督 森一生
公開年 1967年
評点[A]
感想
Amazon
ある殺し屋
ある殺し屋

 今日は、市川雷蔵主演の『ある殺し屋』を観た。監督は森一生で、昭和四十二年(1967)の作品。

 小料理屋を営む塩沢(市川雷蔵)は、実は凄腕の殺し屋だった。一匹狼を通していた彼だが、前田(成田三樹夫)と圭子(野川由美子)という男女がつきまといはじめる。

 市川雷蔵が珍しく戦後の人物を演じた作品。『ぼんち』とこのシリーズくらいではないだろうか。ほとんど彼の地の姿のような七三分けが実に似合う。
 雷蔵の演ずる殺し屋像は、態度はクールでありながら冷酷非道に徹するというのでもないところが、眠狂四郎をちょっと連想させる。しかし雷蔵も良いが、成田三樹夫の演技の三下っぷりが見事。ラスト近くのギャグ(なのかマジなのか不明だがギャグのような気がする)は最高で、最後に美味しいところを全部もっていってしまった感じ。続編も機会があったら観てみたい。
 一時間半弱の上映時間ながら脚本の構成が凝っている(原作:藤原審爾/脚本:増村保造・石松愛弘)。展開の仕方が複雑で、観ていて時系列が一瞬混乱するところもあったが。映像が隅々までシャープで鮮度が高いのは大映の作品の保存状態が良いのと、撮影が宮川一夫であるためとの双方によるものだろう。(2004/03/29)

[1] [2]

森一生
掲示板 Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE