Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE
中村登
お光の縁談 おみつのえんだん
監督 池田忠雄・中村登
公開年 1946年
評点[C]
感想  今日は、池田忠雄・中村登両監督の『お光の縁談』を観た。昭和二十一年(1946)の作品。

 銀座裏の食堂「喜太八」の娘お光(水戸光子)は出歩いてばかりの父(河村黎吉)に代わって板前の友吉(佐野周二)と一緒に店を切り盛りしているが、お互い気の強い二人は喧嘩ばかり。そんなところに、結婚して家を出ていた妹(高山八百子)夫婦がやってきたり姉(久慈行子)夫婦も外地から引き揚げてきたりで大忙し。それに加えてお光の縁談まで持ち込まれる。

 戦後まだ1年少々の時期の作品で、1時間2分ほどの短編。それでも共同監督になっているのは早撮りだったのか、あるいは池田忠雄も中村登もまだ演出経験が浅かったからだろうか? 銀座といってもセットは簡単なもので、頑張って撮っている雰囲気が伝わってくる(撮影:生方敏夫/照明:加藤政雄/美術:濱田辰雄)。
 あまりに距離が近いために好き合っている二人が素直になれない……というよくある展開だが、農家になろうとして上手くいかなかった妹夫婦や姉の夫の就職問題など、戦争直後の問題を絡ませている。戦前は二枚目だった佐野周二がねじり鉢巻で板前を演ずるのが意外だが、結構合っていた。水戸光子の気の強い娘も雰囲気に合っているし、河村黎吉の勝手な親父や坂本武の気のいい隣家の親父もお手の物。
 しかし、後半の展開にはどうしても無理があるように思えてしまった。ここだけ戦前っぽい展開というか。のちに大家になった脚本家の新藤兼人も、まだ若書きの感がある。人情噺の中に社会問題を盛り込んだ真面目な脚本であるが。(2004/11/21)

修禅寺物語 しゅぜんじものがたり
監督 中村登
公開年 1955年
評点[A’]
感想  今日は、中村登監督の『修禅寺物語』を観た。昭和三十年(1955)の作品。

 時は鎌倉時代。伊豆の修禅寺近くに住む天下に名高い面作師(面打師)の夜叉王(坂東蓑助、のち八世坂東三津五郎)には、桂(淡島千景)と楓(岸恵子)の二人娘がいた。おとなしい楓に対して、気位の高い桂は京鎌倉に住む貴人のもとに召されるのを夢見ている。そこへ、執権・北条時政(東野英治郎)によって鎌倉を追われた二代将軍源頼家(高橋貞二)が修禅寺に移り住んできた。

 岡本綺堂による戯曲の一つの映画化(脚本:八住利雄)。平安時代を舞台にした大映の『羅生門』『雨月物語』『地獄門』などが海外で高く評価されたのに影響されたのか、この作品もカラーで登場人物が身に付ける美しい衣装が強調されている(これは鎌倉時代だが)。新歌舞伎とも呼ばれる舞台作を映画化したのは松竹らしいだろうか。
 桂の淡島千景と楓の岸恵子、容姿では姉妹が逆な方が似合うかな、と観始めたころは思ったが、観つづけているうちに、愚かしいほど出世を一途に望み逆に哀れにさえ見える桂には淡島千景が合っているような気がしてきた。坂東蓑助の老け演技も良いし、東野英治郎の見せる卑しさはいつもながら。高橋貞二は原作由来の難しい言葉を使った長台詞がちょっと危なっかしいところもあったが、その若さが見えるところがかえって役に合っているかも?
 原作は修禅寺一箇所だけを舞台としてあまり長いものではなかったが、映画では原作以前の鎌倉における北条時政や頼家の母・北条政子(夏木静江)らの策謀も描いて頼家追放の背景もわかるようにしている。キャラクターの描写も丁寧になっていて、華やかなものを望む桂や職人気質の夜叉王の性格がよりわかりやすくなっている。ただ、ラストが変えられているが、これは原作の方が無常を感じさせて良いと思った。
 売り物のカラー映像での衣装・伊藤熹朔の美術によるセット、共に良い(撮影:生方敏夫)。イーストマンカラーだが大映の『地獄門』よりは発色が渋め。惜しむらくは、現存版はやはり少し褪色しているように見えて傷が目立つ部分もあること。改善できないかしら。(2005/01/21)

三婆 さんばば
監督 中村登
公開年 1974年
評点[A’]
感想  今日は、中村登監督の『三婆』を観た。昭和四十九年(1974)の作品。

 昭和三十八年、ある金融業の社長が妾宅で急逝した。本妻の松子(三益愛子)は強引に遺体を引き取って葬儀を済まし、遺産の一部を処分して相続税相当分の金と老後の生活費を得てホッとする。しかし、屋敷に夫の実妹タキ(田中絹代)と妾の駒代(木暮実千代)が転がり込んできて……。

 流行語にもなった有吉佐和子の同題作品の映画化(脚本:井手俊郎)。映画黄金時代の大女優三人が、ほとんど素顔で実年齢に近い役を演じている。見事というかさすがというか……。
 身寄りのない“寂しい人たち”のエゴが戯画的に強調あるいは誇張されていて、正直けっこうキツイものもある。女優たちが皆演技が上手いので、それでかえって辛くなる部分もあった。しかし、所々に鋭く光って切りつけてくるような部分もあるので、観つづけることができた。単なるイヤガラセ映画ではないと思う。終盤近く、田中絹代が自室である物(ネタバレになるので自粛)を見るのは凄い。田中絹代も実生活に近い役をよく引き受けたなぁ。観て楽しいという作品ではないが、何か考えさせられてしまう一本。(2003/04/10)

中村登
掲示板 Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE