Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE
なかむらたかし
パルムの樹 ぱるむのき
監督 なかむらたかし
公開年 2002年
評点[C]
感想
Amazon
パルムの樹
パルムの樹

 今日は、劇場用アニメの『パルムの樹』を観た。監督はなかむらたかしで、平成十四年(2002)の作品。

 学者フォー(声:清川元夢)が病気の妻シアン(声:香花)のために作った人形パルム(声:平松晶子)は材料のクルップの樹の力によって自ら動き話すことができたが、シアンの死後は長らく動かなくなっていた。あるとき、地底人の女コーラム(声:日野由利加)に不思議なカプセルを託されたパルムは目覚めて動き出し、歌声がシアンに似ている少女ポポ(声:豊口めぐみ)やコーラムの息子シャタ(声:阪口大助)らと共に地底の世界に向かう。

 なかむらたかし自らの原作・脚本によるオリジナル長編アニメ。キャラクターデザインは井上俊之、作画監督は佐々木守。 ジャンルはファンタジーで、登場する不思議な浮遊する植物などはとてもファンタスティックなデザインで美しく面白い。パルムや人間キャラのキャラクターデザインも丸っこく親しみやすいが、監督が描こうとしているテーマはシリアスで重い。それが抽象的というか観念的というか、実に難解に思える。
 世界観の説明がなく、パルムの持つカプセル(“トートの卵”というものらしい)は何か非常に地底人にとって重大なものらしいが、ほのめかされるだけで一向に不明瞭。キャラクターも、パルム・ポポ・コーラムなど多くが精神的に不安定ですっきりしない。パルムなんてまともに動き出すのは作品の半ばを過ぎてからで、それからも妙にわがままだし。
 どうも、幼少時に愛情を得ることのできなかった人間の悲劇、しかしそれは成長してから自らが人を愛することで取り戻すことができる……ということがテーマの一つらしいが、この解釈が正しいか否か自信はない。アニメ映画としては長編の2時間16分の作品だけれども、それ以上に長く感じた。なかむら監督の頭の中には言いたいことが充満していることは察することができるのだが……。
 パルムの持つカプセルやパルム自体が比喩的な存在だとしたら、あまり具体的に描かずに象徴的に描いた方が、それとして受け取りやすくなるのではないだろうか。象徴的なものに詳細な設定を加えてしまうと、観客はそれに対して具体的な説明を求めてしまう。(2005/05/27)

なかむらたかし
掲示板 Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE