Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE
野村浩将(野村浩將)
応援団長の恋(應援団長の恋/應援團長の戀) おうえんだんちょうのこい
監督 野村浩将
公開年 1933年
評点[A’]
感想  今日は、野村浩将監督の『応援団長の恋』を観た。昭和八年(1933)の作品。

 ヒゲ面を誇る文化大学応援団長の塚本(岡譲二)は自他共に認める蛮カラ男。だが、野球部エース宮島(江川宇礼雄)の妹(若水照子)の友人であるアヤ子(逢初夢子)が彼のことを好きだと聞かされると、一発で舞い上がってしまう。そんな塚本の様子に、彼の下宿の娘お美津(田中絹代)は気が気でない。

 サイレント時代からのカレッジものの一作(脚本:野田高梧)。この設定と冒頭の展開からすぐに小津安二郎監督の『淑女と髯』を連想した。戦前の大学や旧制高校の蛮カラ世界VS洋装の女性を中心としたモダン文化の対立の構図。宮島の家は金持ちで、妹の友人たちは洋装だが妹本人は和装なのは、宮島は階層は異なっても心情的には塚本の世界に共感していることを表しているのだろうか。
 冒頭から中盤まではコミカルタッチで、サイレントの名残を残しているような岡譲二のちょっとオーバーな演技や応援の音頭を取る身ぶりが滑稽で、主人公と他の登場人物とのやりとりも楽しい。“与太者トリオ”もチョイ役で顔を見せたりしている。田中絹代は、まだ娘の演技。
 終盤は一転してシリアスな展開になるのが『淑女と髯』と大きく異なる。ちょっと展開が唐突過ぎる気もしないではないが、主人公の活躍を見せるためには悪くないかもしれない。
 野村監督の演出は細かく、サイレントの経験が豊富なことをうかがわせ、なおかつ違和感のないトーキー作品になっているところに技量を感じさせた。これが初のトーキー作らしい。(2005/04/23)

玄関番とお嬢さん(玄関番とお孃さん/玄關番とお孃さん) げんかんばんとおじょうさん
監督 野村浩将
公開年 1934年
評点[B]
感想  今日は、野村浩将監督の『玄関番とお嬢さん』を観た。昭和九年(1934)の作品。

 大学を卒業したのにブラブラしていたので下宿のおばさん(飯田蝶子)に追い出された此村善吉(藤井貢)。たまたま公園で助けた子供(突貫小僧、のち青木富夫)が金持ちのお坊っちゃんで、その家の玄関番として雇われることになる。しかし、坊っちゃんは暴れん坊で、姉のお嬢さん(水久保澄子)もとんでもないはねっかえりのモダンガールだった。

 『大学の若旦那』シリーズの藤井貢が蛮カラ元学生を演じている(原作・脚本:北村小松)。小津安二郎監督のサイレント作『非常線の女』ではおとなしい少女役だった水久保澄子がおてんばなモダンガールを演じているのも珍しく思った。
 内容はかなりドタバタ調で、斎藤達雄がひょろ長い体躯にチャップリンのような服装とヒゲの御前様を演じていて、吉川満子が演ずる奥方の尻に敷かれていたり、白髪頭の三太夫(坂本明)がいたりする。
 サイレントのコメディの名残を残しているような感じで、ギャグは全体にちょっとくどい。ただしその中でも、お嬢さんの戦前としては非常に過激なおてんば娘ぶりや酔った善吉が見せる鳩ポッポの珍妙な踊りは面白い。
 お嬢さんはヒステリックに暴れたりして、スリップ姿(?)を見せたり弟に服を破られたり、さらには偶然とはいえ善吉に抱きつかれたりして、かなり思い切った姿を見せる。昭和九年の段階ではここまで許されていたとは、ちょっと驚いた。昭和八年が戦前日本の全盛期という説があるが、確かに日中戦争が始まる前までは文化の爛熟期にあったようだ。(2005/04/27)

与太者と小町娘(與太者と小町娘) よたものとこまちむすめ
監督 野村浩将
公開年 1935年
評点[B]
感想  今日は、野村浩将監督の『与太者と小町娘』を観た。昭和十年(1935)の作品。

 木曽山中で森林伐採をしている嘉平治(上山草人)組と虎造(山口勇)組は対立していた。嘉平治組の子分である磯野(磯野秋雄)・三井(三井秀男、のち弘次)・阿部(阿部正三郎)の三人トリオはドジなことばかりしているが、親方の娘・加代(坪内美子)のために奮闘していた。

 昭和十年公開の作品だが、サイレント(正確には音楽と効果音が録音されたサウンド版)。サイレント時代に人気のあった“与太者”シリーズ末期の一本。
 当時としても小柄なトリオが見せるアクション主体のギャグが中心で、“追っかけ”アクションや敵の虎造親方と子分が大男とチビの凸凹コンビである設定などサイレント時代の洋画のコメディ作品に強い影響を受けていることがうかがえる。
 ドタバタ中心といった感じで、今観るとやはり時代を感じる。ただし、アクションは崖を使った“落っこち”スタントなど出演者が体を張って頑張っている。殴り合いの殺陣はちょっと嘘臭かったが。当時としても、トーキー化が進んでくる頃なので、そろそろこういう作品も古めかしくなってきていただろうか。
 山を舞台にしたオール・ロケ作品らしく、山の景色は美しく木材を運ぶ軽便鉄道なども風情がある。また、屋外撮影で光量が豊かなためか、昭和十年にしては映像がシャープ。
 嘉平治組の幹部として河村黎吉、加代の許婚として大日向傳が登場。(2005/02/24)

母の恋文(母の戀文) ははのこいぶみ
監督 野村浩将
公開年 1935年
評点[A’]
感想  今日は、野村浩将監督の『母の恋文』を観た。昭和十年(1935)の作品。

 高瀬良一(小林十九二)は母(吉川満子)に内緒で山添夢子(坪内美子)と付き合っていたが、妹の八重子(高杉早苗)のフォローのおかげで無事に母に紹介して結婚できた。今度は新妻となった夢子が機知を発揮して家庭生活を仕切ったり八重子と恋人(徳大寺伸)を助けたりする。

 『主婦之友』の連載小説『突貫花嫁』の映画化(原作:稲田草人/脚本:池田忠雄)。現代人からすると原題が少々奇妙に見えるが、戦前はさほど違和感を覚えさせる題名ではなかったのだろう。
 ストーリーそのものは正直ちょっと他愛ないけれども、夢子と八重子が大活躍で女性二人の機知が楽しい。特に夢子が“泥棒”や“お見合い”で活躍するエピソードは原作にあるのかもしれないけれども、ほのぼのとしたユーモアを感じさせる。
 ジャンル分けすると新妻ものになるが、それに留まらない面白さもある。出演者たちの演技は伸び伸びしていて、松竹作品らしい俳優の上手さが生きている。エピソードがずらずらっと続いて展開が少々平板な感じもするので(終盤にクライマックスはあるが)、もう少し演出の抑揚があれば、より傑作になったかも。(2005/05/03)

人妻椿(前篇・後篇) ひとづまつばき
監督 野村浩将
公開年 1936年
評点[A’]
感想  今日は、野村浩将監督の『人妻椿』を観た。昭和十一年(1936)の作品。

 矢野昭(佐分利信)は妻子と幸せな家庭を築いていたが、大恩ある社長(藤野秀夫)の罪をかぶって海外へ逃亡。後事を託された社長は心労で急死してしまい、残された矢野の妻・嘉子(川崎弘子)と息子(小島和子)は運命の荒波の中に投げ出されたのであった。

 『主婦之友』に連載された小島政二郎の小説を『愛染かつら』で有名な野村監督が映画化(脚本:柳井隆雄)。主人公がドラマティックな展開に翻弄されるジェットコースター・ドラマ。現在の奥様向けドラマの元祖。
 この世界では悪人と善人とがはっきり区別され、出演者はわかりやすい演技を繰り広げ、それをわかりやすい映像で捉えている。しかしこれが結構おもしろい。現在残っているプリントで前後編合わせて2時間22分ほどで原作を消化しているためか、展開のテンポが良い。名作や傑作として評価されているわけではないが、観客を楽しませる力は持っている作品だと思う。
 出演者たちも、ステロタイプ的なキャラクターを典型的な演技でこなしていて、手堅い上手さを見せている。中でも主人公の嘉子に恋する男の一人を演じた笠智衆が三枚目的な役で大活躍して妙味を感じさせてくれる。笠マニア必見! 常に嘉子を助ける矢野家の女中を演じた飯田蝶子とその兄の坂本武も安定した演技で、そのキャラクターも好感が持てる。上原謙も出演しているが、印象の薄い役。社長の娘で嘉子をいびる三宅邦子はかなり損な役(笑)。(2004/11/15)

愛染かつら あいぜんかつら
監督 野村浩将
公開年 1938年
評点[B]
感想  今日は、田中絹代&上原謙主演の『愛染かつら』を観た。昭和十三年(1938)の作品で、監督は野村浩将。

 津村病院の看護婦・高石かつ江(田中絹代)は、かつて夫と死別して、さらに子供がいることを隠して勤めていた。そんな彼女に、病院の御曹司の津村浩三(上原謙)が一目ぼれして恋人同士を必ず結び付けてくれるという“愛染かつら”の木の下で将来を誓い合おうと言う。だが、運命は二人の前に紆余曲折を用意していたのであった。

 往年の松竹大船撮影所お得意の作風であった“すれ違いドラマ”。原作は川口松太郎で、脚本は野田高梧。「♪花も嵐も踏み越えて」が有名な主題歌『旅の夜風』が大ヒットした。
 いわゆるメロドラマの基礎となった作品で、今観ると新味はほとんど無いと思う。冒頭、かつ江が未婚を装っていたことを看護婦の同僚たち全員で責めていたのに、かつ江が事情を話すと一発で皆同情して味方になってしまったのは笑えた。婦長(岡村文子)や津村浩三の妹(森川まさみ)も典型的なキャラで漫画的。婦長が口癖で「きっとですよ」を何度も繰り返すところも面白い。
 しかし、やはり田中絹代は上手いし若い頃は可愛い。それと、現在残っているのは全四篇をわずか89分にまとめた“総集編”だけで、すれ違うドラマの割りに話がポンポン進みすぎるような気もするので、当時の尺の長さのものも見てみたい。(2002/04/11)

元氣で行かうよ(元気で行かうよ/元気で行こうよ) げんきでいこうよ
監督 野村浩将
公開年 1941年
評点[A’]
感想  今日は、野村浩将監督の『元氣で行かうよ』を観た。昭和十六年(1941)の作品。

 鉱山技師の今井周二(佐野周二)と青木謙(上原謙)は仲の良い同僚で、青木は周二の妹・三枝子(高峰三枝子)と婚約していた。今井は、会社の給仕の少年が金をちょろまかしていたので強く叱ったが、給仕の父親(河村黎吉)が少年とその姉・絹代(田中絹代)に苦労をかけてばかりいることを知る。

 佐野周二と上原謙の上司として佐分利信、その妻として桑野通子まで出演し、脇役も河村黎吉のほか坂本武・笠智衆・飯田蝶子・小林十九二と、おなじみのメンバーが揃っている。役名も俳優の名を用いていることが示すように、松竹オリジナルのオールスター映画(脚本:野村高梧・野村浩将)。
 三羽烏などおなじみの顔合わせで、役名が俳優の芸名なんてちょっと楽屋オチっぽい気がする。しかし、このような作品では俳優の演技や脚本・演出などの安定感があり、佐野周二と上原謙の息の合ったやり取りは観ていて楽しいし、脇役に至るまで演技の稚拙さを感じさせる俳優はいない。会社や家庭のお茶の間をとらえた映像も安定感がある。さすがホームドラマの松竹だと思う。新鮮さや冒険を感じさせてくれる作品ではないが……。
 ただし、笠智衆の役柄が珍しいので、それはちょっと見もの。(2002/05/22)

蘇州の夜 そしゅうのよる
監督 野村浩将
公開年 1941年
評点[C]
感想  今日は、李香蘭(山口淑子)主演の『蘇州の夜』を観た。監督は野村浩将で、昭和十六年(1941)の作品。

 日本から上海の病院に赴任した医師・加納(佐野周二)は、意欲的に現地の中国人の治療をおこなうが、ある孤児院の日本人嫌いの保母・梅蘭(李香蘭=山口淑子)は彼に反発する。しかし、彼女は加納の真摯な姿勢を見て、次第に彼に惹かれていく。だが、二人の行く道は険しいものであった。

 太平洋戦争勃発直後に公開された、当時の言葉でいう“日支親善”映画。粗筋は、この種の映画のお約束的なもの(原作:川口正太郎/脚色:斎藤良輔)。梅蘭の同僚(葉苓)がド下手な日本語の台詞を喋ったり、梅蘭の婚約者は日本人(高倉彰)が演じていて日本語ペラペラだったり、なんか変なところがある。
 今観ると、むしろ資料的な価値が高いかもしれない。当時の上海市街の実写や郊外の様子を見ることができるので。
 これまで李香蘭こと山口淑子の作品を何作か観て、彼女は演技力よりも現代的な容姿と華やかな雰囲気で魅せる女優だったのかな、と思ったりした。(2002/04/25)

野村浩将(野村浩將)
掲示板 Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE