Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE
小栗康平
泥の河 どろのかわ
監督 小栗康平
公開年 1981年
評点[超A]
感想
Amazon
小栗康平監督作品集 DVD-BOX
小栗康平監督作品集
DVD-BOX(5枚組)
『泥の河』
『伽倻子のために』
『死の棘』
『眠る男』
特典ディスク


 今日は、小栗康平監督の『泥の河』を観た。昭和五十六年(1981)の作品。

 昭和三十一年。大阪は安治川の脇に立つ食堂の子・信雄(朝原靖貴)は、対岸に水上生活者の宿舟がもやったのに気づいた。そこの子きっちゃん(桜井稔)は信雄と同じ9歳で、二人はたちまち仲良くなった。きっちゃんには姉(柴田真生子)と美しい母(加賀まり子)がいて、信雄の両親(田村高広&藤田弓子)は、きっちゃんとなぜか遠慮がちな姉を息子の友として暖かく迎えた。

 篠田正浩・浦山桐郎・大林宣彦などの助監督を長く務めたという小栗監督の第一作。原作は宮本輝(脚本:重森孝子)。
 「もはや戦後ではない」という言葉が生まれた昭和三十一年、復興を終え高度成長へと向かいつつある日本で、それとは関係ないように社会の片隅で生きる人々。いまだ戦争の残した傷を忘れられない中年の父親。年が離れた夫婦である両親の結婚のいきさつ。信雄が見た水上生活者の暮らし。知ってしまったきっちゃん一家の秘密。等々を語り過ぎず、かつ克明に正攻法で描いた作品。
 皆それぞれ哀しみを抱いて生きる人たちの中で、最後に信雄が知る悲しみの大きさは、どれほどのものだったろうか。語る言葉もない。
 息子とその友を見守る父親・おとなしくあまり表情を動かさない信雄・表情豊かなきっちゃん・信雄に舟にはあまり来ない方が良いと言うきっちゃんの母親など、全て良い。
 1981年に昭和三十一年の風景を撮るための都合もあったろうが、白黒画面が効果的(撮影:安藤庄平)。

 『泥の河』は、もう十数年前になるだろうか、NHK総合で放映されたのを観て、物忘れの良い私としては割りに内容を覚えていて、長いこと再見したいと思っていた作品だった。NHK BSに感謝。(2004/07/27)

死の棘 しのとげ
監督 小栗康平
公開年 1990年
評点[C]
感想
Amazon
小栗康平監督作品集 DVD-BOX
小栗康平監督作品集
DVD-BOX(5枚組)
『泥の河』
『伽倻子のために』
『死の棘』
『眠る男』
特典ディスク


 今日は、小栗康平監督の『死の棘』を観た。平成二年(1990)の作品。原作は島尾敏雄の同題小説。

 作家である夫(岸辺一徳)の浮気を知って精神の平衡を失う妻(松坂慶子)。次第に夫も彼女に追いつめられていく。
 う〜ん、こういうの苦手…。前衛演劇みたいに2人で顔をつきあわせて問答する前半はひたすら退屈だし、意図的な棒読みと芝居がかった口調との両極端の台詞回しも違和感ありあり。演出意図がわからない。
 怖いっちゃあ怖いけど、高い評価もあるってのは、個人的によくわからない。カンヌ国際映画祭で審査員大賞を受けたそうな。でも、そういう評価って、異常なものに対する興味に過ぎないんぢゃないか…とさえ思ってしまった。少なくとも私の好みとは異なる作品。(2000/10/25)

小栗康平
掲示板 Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE