Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE
岡田敬
歌ふ弥次喜多(歌ふ彌次喜多/歌う弥次喜多) うたうやじきた
監督 岡田敬・伏水修
公開年 1936年
評点[C]
感想  今日は、岡田敬・伏水修共同監督の『歌ふ弥次喜多』を観た。昭和十一年(1936)の作品。

 ある日、江戸っ子の弥次呂兵衛(古川ロッパ)と喜多八(藤山l)は思い立ってお伊勢参りの旅に出た。町内総出の見送りを受けて出発したのに、弥次喜多コンビは旅先で出会った女にちょっかいを出し、騒動を起こす。

 エノケンと並ぶ喜劇王ロッパ(緑波)の主演作。原作もロッパ名義になっていて、人気のあったロッパ劇団の舞台作の映画化らしい(脚本:阪田英一)。
 ロッパと藤山lは双方とも歌が上手く美声を発揮しまくるが、歌が多すぎてちょっとまとまりがない。また、『カチューシャの唄』『ストトン節』『籠の鳥』など昔の流行歌が多く、オリジナル曲が少ない。舞台だと次から次へと歌を披露して大うけだったのだろうが、映画として観ると脚本と構成に工夫が足りないような気がする。ただ、終盤の幻想の中のレビューシーンや『侍ニッポン』は面白かった。
 現在残っているプリントは公開当時のものより短くなっているようなので、その辺で損をしているかもしれない。生真面目そうな侍を演じた藤原釜足がいい味を出していて、彼と泥棒(鈴木圭介)がからむシーンが欠落してしまっているような気がする。(2004/07/20)

エノケンの江戸っ子三太 えのけんのえどっこさんた
監督 岡田敬
公開年 1936年
評点[C]
感想  今日は、榎本健一主演の『エノケンの江戸っ子三太』を観た。監督は岡田敬で、昭和十一年(1936)の作品。

 江戸の鳶“ほ組”の一人である三太(榎本健一)は、芝居が大好きで妄想癖があり、自分は一人前の男伊達だと思い込んでいるが、いつも失敗ばかりして兄貴分の清吉(二村定一)や親方の娘お初(山懸直代)に心配をかけてばかりいる。そんな折、親方が田舎侍(中村是好)に斬られてしまい、三太は自分ひとりの力で仇を討とうとして渡世人の子分になるが……。

 エノケン主演のコメディ作の一本。エノケン出演作を多く監督している山本嘉次郎が原作・脚本を担当。
 時々台詞が歌になるミュージカル仕立てだが、曲に歌詞があまりうまく乗っていないし、反復ギャグのテンポも良くない。演出と編集が今ひとつに感じられた。終盤の盛り上がりも肩透かし気味に終わってしまうし。(2004/05/10)

エノケンの猿飛佐助(総集篇) さるとびさすけそうしゅうへん
監督 岡田敬
公開年 1937年
評点[C]
感想  今日は、エノケン主演の『エノケンの猿飛佐助(総集篇)』を観た。昭和十二年(1937)の作品。

 山の仙人(榎本健一)のもとで忍術の修行をしていた猿飛佐助(榎本健一〔二役〕)は里へ降りて真田幸村(柳田貞一)に仕えることになった。彼は幸村の領地を狙う隣国の城主・志賀綺堂軒(中村是好)が差し向けた間諜たちと戦うが、なぜかその中には綺堂軒の息女・瀧姫(梅園龍子)までもいて……。

 現在残っているのは総集編だけらしいが、本来は昭和十二年の年末に『ありゃりゃの巻』、翌年正月に『どろんどろんの巻』が公開されたらしい(脚本:山本嘉次郎・岡田敬)。
 仙人が霞を食ったり佐助が飛び上がって空を飛んで行く忍術のトリック撮影は面白いが、全体にテンポがゆっくり過ぎて忍術映画らしい躍動感がない。ラブコメ的恋愛話もからむが、どうもリズムがないというか……。
 その戦後映画にはありえないのんびりした雰囲気が好きな人もいるかもしれないが、私個人の好みとしては展開が遅すぎると感じた。本来よりずっと短くなった総集編になって、かえって良かったかもしれない、とさえ思った。岡田監督の作品はまだ数本しか観ていないが、テンポが今ひとつの展開という共通点があるかも……。(2005/10/21)

さつまいも太平記 さつまいもたいへいき
監督 岡田敬
公開年 1940年
評点[A’]
感想  今日は、岡田敬監督の『さつまいも太平記』を観た。昭和十五年(1940)の作品。

 享保年間の江戸。熊公(春木助次郎)・八公(鳥羽陽之助)ら長屋の住人は、各所帯の前に妙な太い根っこのようなものが入っている俵が置かれていたのでびっくり。日ごろから物知りだと自慢していた大家の吉兵衛(横山運平)も皆目見当がつかず、一騒動起こる。長屋でその謎の物体がわかったのは、植木屋の三太(清川荘司)と元は江戸城に勤めていた講釈師の談円(神田伯龍)だけだった。

 江戸時代に甘藷(さつまいも)が日本に普及した故事を基にした作品。脚本も岡田敬。映画のオープニングに原作の表記はなかったが、日本映画データベースでは原作者として滝川駿という人の名がある。
 歴史もの+長屋ものという感じになっていて、二つの要素が巧みに組み合わされている。さつまいもの薀蓄を紹介するために講釈師という設定の伯龍による語りと回想の映像を上手く組み合わせ、冗長になることから免れさせている。
 長屋の登場人物たちは皆キャラが立っていて演技も巧みだし、大岡越前守(深見泰三)や青木崑陽(下田猛)らが勧めた甘藷栽培が反対された裏事情も解説されていて、人情噺と歴史劇双方の趣を楽しめる佳作だと思う。もしかすると、米の節約と“代用食”の普及を狙った当時の国家政策に沿った作品なのかもしれないが(考えすぎのような気もする)、国策的な臭いは皆無の楽しい一作。(2004/10/28)

エノケンの爆弾児(エノケンの爆彈兒) えのけんのばくだんじ
監督 岡田敬
公開年 1941年
評点[A’]
感想  今日は、エノケン主演の『エノケンの爆弾児』を観た。監督は岡田敬で、昭和十六年(1941)の作品。

 かんしゃく持ちの健吉(榎本健一)は、決して短気を起こすなと瀕死の父(榎本健一)に戒められ、都会に出て大きな骨董屋に奉公した。その店では、番頭(柳田貞一)と易者(中村是好)が組んで御隠居の婆さん(榎本健一)に取り入っていた。

 予備知識が全くなかったので、この題名は“時局”を反映したものかと思っていたら、かんしゃく持ちという意味だった。
 エノケンが一人三役を演じて大活躍。キャラがそれぞれ立っており、全体の展開もドタバタ的でなく、いくつか大きなアクションシーンがあるという感じでメリハリがある。ところどころチャップリン映画からの影響というかパクリに近いシーンがあるが、それもまた楽しい。
 占いや迷信を否定して科学を推奨するというテーマは、当時の時代風潮に合わせているのだが(「科学する心」という台詞が出てくる)体制協力的な雰囲気はなく、最先端の病院に巨大な正体不明の医療機器があったりして、その科学も戯画化されている。
 爆発力はあまりないが脚本の巧みさとエノケンの芸達者ぶりを感じさせる一本(脚本:山崎謙太・志村敏夫)。(2005/10/24)

岡田敬
掲示板 Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE