Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE
大曾根辰夫(大曽根辰夫)
あばれ獅子 あばれじし
監督 大曽根辰夫
公開年 1953年
評点[A’]
感想  今日は、阪東妻三郎主演の『あばれ獅子』を観た。監督は大曽根辰夫で、昭和二十八年(1953)の作品。

 貧乏御家人の勝小吉(阪東妻三郎)は無頼が祟って若くして隠居させられていたが、のちに勝海舟と呼ばれることになる息子の麟太郎(北上弥太郎)には剣術と学問を学ばせ親の徹を踏ませまいとしていた。ある日、麟太郎がまだ妖しいものと思われている蘭学を学びたいと言い出す。

 阪妻の遺作。立ち回りや後ろ向きのシーンは代役が演じていて、声もしゃがれていて痛々しいところもあった。もしかすると、声も別人が真似ていたのかもしれないが。吹替え部分と本人が演じた部分との繋ぎ方があまり上手くなく、違和感を覚える。
 しかし、以上のような点はマイナスになるものの、『無法松』や『破れ太鼓』などと同様、阪妻の演ずる暖かくたくましい父親像は素晴らしい。ちょっと息子に甘すぎるような気もするが、麟太郎の婚礼で浮かれて踊る姿には感動……。最後まで阪妻は童心を失わなかった俳優だった。
 子吉の妻お信を演じた山田五十鈴は、この作品では少し押さえて阪妻を立てた演技が上手い。麟太郎の剣術の師・島田虎之助の月形龍之介も合っていた。麟太郎にはもう少し強さが欲しかったような気もする。
 子母澤寛の『勝海舟』が原作(脚本:八住利雄)。『父子鷹』というのは読んだことがあるが、その作品は麟太郎が幼少の頃に終わっていたので、『勝海舟』はその続編的な作品なのだろうか。(2004/07/22)

忠臣蔵 花の巻・雪の巻 ちゅうしんぐらはなのまきゆきのまき
監督 大曾根辰夫
公開年 1954年
評点[B]
感想  今日は以前録画した『忠臣蔵 花の巻・雪の巻』を鑑賞。先代松本幸四郎(松本白鴎)が大石内蔵助。長かった〜(3時間8分)。内容はチト古さを感じさせたが、こういうのがオーソドックスな忠臣蔵映画だったんだろうな。大石の妻りく役の山田五十鈴が松本幸四郎に負けない貫禄(?)があった。(1999/12/24)

大曾根辰夫(大曽根辰夫)
掲示板 Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE