Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE
りんたろう(りん・たろう)
銀河鉄道999 ぎんがてつどうすりいないん
監督 りんたろう
公開年 1979年
評点[A’]
感想
Amazon
銀河鉄道999 (劇場版)
銀河鉄道999
(劇場版)

 今日は、劇場版アニメ『銀河鉄道999』を観た。監督はりんたろう(りん・たろう)で、昭和五十四年(1979)の作品。

 人類が宇宙を行き来するようになった未来。母親(声:坪井章子)を機械人間に殺された少年・星野鉄郎(声:野沢雅子)は、機械人間に復讐し自らも機械の身体になって永遠の生命を得るため、謎の美女メーテル(声:池田昌子)と共に宇宙を走る銀河鉄道999に乗り込み、アンドロメダ目指して旅に出る。

 松本零士原作のTVアニメの映画版。りんたろう監督だが、“監修”として市川崑の名もあったりする。
 テレビアニメの再編集ではなく全て新作画。ストーリーの骨子はテレビ同様だが、一話完結のテレビとは異なり細かいエピソードの積み重ねではなく、いくつかのクライマックスがある話の作りになっている(脚本:石森史郎)。
 一般ウケを狙ったのか海外市場も視野にあったのか、主人公の鉄郎のキャラクターデザインが原作・テレビよりも大幅に美形になってしまっている。1980年代以降に劇場用アニメーションのレベルが飛躍的に向上したため、今の目で観ると映像には傑出したものが無いのはいたしかたないだろう。ただし、絵柄的には綺麗に整えられながらも松本画の味を残していて悪くないと思う。
 ストーリー的にアニメ映画としては長尺な2時間8分の間を持たせるためか、機械の星へ行くという最終目的とは別に復讐も大きな目的にしたのは、テーマを拡散させてしまったような気がする。終盤のカタストロフィの後も少々長すぎたのでは……?
 とはいっても、最後のあの痛切な“別れ”のシーンとエンディングのゴダイゴの名曲によって、それまでの細かいことはどうでも良くなって大感動してしまうのですが(笑)。やはり『999』という作品の原作者の着想が素晴らしいということだろう。(2004/10/23)

メトロポリス(METROPOLIS) めとろぽりす
監督 りんたろう
公開年 2001年
評点[C]
感想
Amazon
メトロポリス
メトロポリス
Amazon
メトロポリス メモリアルボックス
メトロポリス
メモリアルボックス

 今日は、劇場用アニメの『メトロポリス』を観た。監督はりんたろうで、平成十三年(2001)の作品。

 世界一の大都市メトロポリスの支配者レッド公(声:石田太郎)は世界征服を企んで秘密兵器を隠した超高層ビル“ジグラット”を建て、その頭脳となる少女型ロボット・ティマ(声:井元由香)をロートン博士(声:滝口順平)に作らせていた。国際手配されているロートンを追って日本から来た探偵(声:冨田耕生)と甥のケンイチ(声:小林桂)は、ティマを破壊しようとする少年ロック(声:緒方浩暉)の暴走や都市下層民の反乱に巻き込まれてしまう。

 手塚治虫初期の作品をりんたろうと大友克洋が組んで現代のCG技術を駆使してアニメ化したことで話題となった作品(脚本:大友克洋/キャラクターデザイン・総作画監督:名倉靖博)。
 古典的洋画『METROPOLIS』へのオマージュだった原作のレトロフューチャー的世界観を再現するため、3D CGを駆使して未来都市の高層ビル群が作られている。ただし、キャラクターは手塚治虫の絵柄通りに2Dで描かれ、最近のテレビアニメ『巌窟王』に似た雰囲気。
 キャラと背景のなじみに違和感を覚えるのはいたし方ないとしても、巨額の予算をかけた背景を見せるためなのか、アニメにしては引きの画面が多くてアップが少なく、加えて背景の情報量にキャラの絵が圧倒され、登場人物の感情が観客にあまり伝わってこない。線も細く、シンプルな描線でも感情表現が豊富だった手塚キャラの魅力が薄れてしまっている。また、各キャラクターの描写が浅く、各々の行動の理由が了解しづらい。監督がCG製作スタッフ・脚本・音楽などの各分野をコントロールすることに失敗したように見えてしまう。
 フェードアウト/フェードインやアイリスイン/アイリスアウトそしてワイプなどの画面効果を多用したシーンの繋ぎ方にも少々違和感があり、音楽もクライマックスで流れるあの歌には驚かされた。3D CG映像だけは凄いが、どうにも監督の存在感が希薄に感じられる作品。(2005/06/24)

りんたろう(りん・たろう)
掲示板 Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE