Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE
佐々木啓祐
ちょっと出ました三角野郎 ちょっとでましたさんかくやろう
監督 佐々木恒次郎(佐々木啓祐)
公開年 1930年
評点[B]
感想  今日は、佐々木恒次郎(佐々木啓祐)監督の『ちょっと出ました三角野郎』を観た。昭和五年(1930)の作品。

 とある田舎の山下村と海辺村は近々、八木節大会で雌雄を決しようとしていた。風来坊の太市(渡辺篤)は流れ着いた山下村で海辺村のスパイと間違えられる。たまたま逃げ込んだ先の海辺村で美しい娘(花岡菊子)のいる食堂に拾われ、ひょんなことから海辺村代表として八木節を唄うことになったが……。

 「ちょっと出ました三角野郎」という言葉は何かで聞いた記憶があったが、この作品が基だったのか。この題名は上州地方の八木節の「またも出ました三角野郎」をもじったものか。しかし、三角野郎って何なんだ。
 主人公がルンペン、しかも母親に背負われた子供が手に持っている食べ物を主人公が食べてしまうという冒頭の展開はもろにチャップリンのパクリで、いったいどうなることかと心配になったが、その後は洋画の無声コメディ映画の要素を日本の田舎の風景に溶け込むよう巧みに翻案している。『猿蟹合戦』にヒントを得たと思われるネタが面白い。
 スカパーの衛星劇場で放映された版は全くの無音で八木節の音楽を聞けないのは残念だが、45分弱の短さなので飽きることはない。ところどころで観られるサイレントならではの演出が楽しい。 (2006/10/15)

春雷 しゅんらい
監督 佐々木啓祐
公開年 1939年
評点[C]
感想  今日は、佐々木啓祐監督の『春雷』を観た。昭和十四年(1939)の作品。

 東京で働く井出慎之(夏川大二郎)を慕って故郷の弘前から津川志津子(川崎弘子)が上京してくるが、井出がアパートの自室に義理ある人の娘である東條英子(木暮実千代)をかくまっていたのを見て誤解し、立ち去ってしまう。その後も、運命の荒波は二人を隔てつづけるのであった。

 『婦人倶楽部』連載小説の映画化(原作:加藤武雄/脚本:柳井隆雄)。この頃の婦人向け作品にありがちの、すれ違いもの。
 それにしても、すれ違いやら偶然やらが多すぎるし、観ていると登場人物たち(特に井出)が鈍感すぎるというか愚かに見えてしまう。どうやら、公開当時は前編・後編に分かれていたのに現在では合わせてかなり短くなった総集編しか残っていないのも一因らしいが、背景が書き割りだったり合成だったりして作りが雑な作品。
 出演者たちも、松竹の俳優なので稚拙さはないものの型どおりの演技という感じ。一人、井出の弟を演じた三井秀夫(三井弘次)が熱演で目を惹いた。田中絹代がチョイ役で“特別出演”している。(2005/06/01)

鐘の鳴る丘 隆太の巻 かねのなるおかりゅうたのまき
監督 佐々木啓祐
公開年 1948年
評点[B]
感想  今日は、佐々木啓祐監督の『鐘の鳴る丘 隆太の巻』を観た。昭和二十三年(1948)の作品。

 昭和二十一年、戦地から帰ってきたばかりの加賀見修平(佐田啓二)は、感化院から脱走した弟の修吉(本尾正幸)を探すため、長野から上京した。修吉とは出会えなかったものの、妙な縁が出来た浮浪児・隆吉(野坂頼明)を田舎へ連れ帰った修平は、周囲の無理解と戦いながら戦災孤児のための施設を作ろうとする。

 菊田一夫原作の放送劇(ラジオドラマ)を映画化した作品(脚本:斎藤良輔)。主題歌がヒットしたそうだ。当時、社会的問題だった戦災孤児を主題にした物語で、善玉と悪玉が実にわかりやすすぎるほどハッキリしている。出演者は、本物の孤児ではないだろうが、皆痩せていてリアル。また、14歳という少年は、せいぜい今の12歳くらいにしか見えず、日本人の体格が向上したことがわかる。
 ラストが中途半端だと思ったら、この作品は計3編あるらしい。のちに『君の名は』を書いた菊田一夫らしく、“すれ違い”もある。(2002/09/24)

佐々木啓祐
掲示板 Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE