Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE
澤井信一郎
野菊の墓 のぎくのはか
監督 澤井信一郎
公開年 1981年
評点[B]
感想
Amazon
野菊の墓
野菊の墓

 今日は、松田聖子主演の『野菊の墓』を観た。監督は澤井信一郎で、昭和五十六年(1981)の作品。

 時は明治時代、大きな商家の次男・正夫(桑原正)は、家に手伝いに来ている従姉(いとこ)の民子(松田聖子)ととても仲が良かった。だが、年頃になるにつれ口さがない噂を立てられ、民子が年上で従姉でもあることから二人の仲は遠いものになっていく。

 伊藤左千夫の小説を原作とした作品(脚本:宮内婦貴子)で、当時デビューから数年後の松田聖子の初主演映画(だったかな?)。まさしくアイドル映画だが、オーソドックスにきちんと撮られた日本映画という感じ。主演二人の若さを強調するためか、木々や農作物の緑を強調した絵作りが美しい(撮影:森田富士郎)。
 映像は美しいし、ストーリーも時代の違いを感じさせられるものの良いし、主演の二人も素朴さを感じさせる風貌が合っていると思うが、最大の問題は演技力。彼らが台詞を口にしてしまうと…。周りの役者が非常に上手く感じられる。(2002/05/11)

めぞん一刻 めぞんいっこく
監督 澤井信一郎
公開年 1986年
評点[C]
感想
Amazon
めぞん一刻
めぞん一刻

 今日は実写版の『めぞん一刻』を観た。監督は澤井信一郎で、昭和六十一年(1986)の作品。

 言わずと知れた、高橋留美子のマンガ『めぞん一刻』の劇場版。浪人生の五代裕作(石黒賢)たちが住む古いアパート一刻館に、管理人さんこと音無響子(石原真理子、のち石原真理絵)がやって来る。若い未亡人である彼女や、一刻館を訪れてくる謎の訪問者たちをめぐる騒動。

 しかし、石原真理子(絵)と石黒賢という謎のキャスティング。石黒賢の演技は寒い寒い…。石原の方も、なんか違う。それに、この脚本の貧しさよ。途中で突然ミュージカル風になったかと思えば、ラストでは意味不明の展開に。原作をどのように解釈したのだろうか。
 唯一の見所は、一刻館の住人が皆ハマリ役に見えること。六本木朱美の宮崎美子は少々健康的すぎるかもしれないが、一の瀬さんを演じた藤田弓子は肥えた身体を躍動させて好演。しかし、あの『泥の河』の母親役を演った人が…(笑)。さらに凄いのが、四谷さんを演じた伊武雅刀。いつも通りの怪演がピッタリはまっている。一刻館にやって来る謎の女と男は、萬田久子と田中邦衛。
 珍品好きの『めぞん』ファンの方は、脇役を目的として観るのも良いかも。ただし、寛容さに自信のある人にお勧め。ちなみに、私がこれを観るのは、かなり以前テレビで一度(七尾こずえ〔河合美智子〕の登場シーンが全てカットされていた)、LDを買って二度目、そして今日また鑑賞して三度目になる。世界中で最も多く実写版『めぞん一刻』を観た人間の1人かもしれない(笑)。

 この作品のLDは94年に中古のものを古本屋でかなり安く買った。新品を定価で買っていたとしたら、“怒りの鉄拳”状態になっていたかも(爆)。(2000/11/17)

澤井信一郎
掲示板 Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE