Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE
新藤兼人
ある映画監督の生涯 あるえいがかんとくのしょうがい
監督 新藤兼人
公開年 1975年
評点[A’]
感想
Amazon
ある映画監督の生涯
ある映画監督の生涯
Amazon
新藤兼人アンソロジー3
新藤兼人
アンソロジー3
裸の十九才
わが道
ある映画監督の生涯
竹山ひとり旅
落葉樹

 今日は、新藤兼人監督の『ある映画監督の生涯』を観た。昭和五十年(1975)作品。ドキュメンタリーだが、同年の『キネマ旬報』ベストテンに入っていたはずだ。

 この録音テープを活字にした書籍版の『ある映画監督の生涯』は以前に読んでいたので、映画版を観ていなかったのだが、溝口の終焉の地や、かつてのなじみの芸者なども撮影されていて、ビデオを借りて良かったと思った。それに、溝口が愛した田中絹代へのインタビューはやっぱり凄い。
 新藤が、あらかじめ自分で作り上げた溝口像に合わせてドキュメントを作ろうとした気味は多少あるが。それと、少々暴露趣味的な面も。なにも溝口健二がセットの中で使っていた溲瓶(しびん)を撮さなくたって良いだろうに(笑)。

 この映画に関しては、淀川長治がヴィム・ヴェンダースの『東京画』を評した文章の中で引き合いに出して、「相当以前、溝口健二監督の記録映画があったが、過去をひんめくって見せ、最後の病床のその病院の貧しさを見せて溝口芸術の在り方を探ろうとした。しかしヴェンダースは厚田キャメラマンを泣かせたことで、小津の芸術を小津映画の心をその瞬間につかみとった」と書いていた。
 また、助監督だった宮嶋八蔵は「新藤さんなんかには愛がないんですね、彼の映画でも、溝口先生のお墓が出てくるけれど(引用者注:正しくは分骨された慰霊碑)花が枯れたままになっている。普通、自分が花を替えてあげて撮るべきでしょう。そうでないと溝口先生のご家族が看ていないという印象を与えることになってしまいます。溝口先生の弟子なんて言っているけど、非常に創作が多いです」なんて言っている。
 なかなか賛否両論の多い作品のようで…。(2000/08/20)

新藤兼人
掲示板 Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE