Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE
高山文彦
WXIII 機動警察パトレイバー うぇいすてっどさあてぃいんぱとれいばあ
監督 遠藤卓司(総監督:高山文彦)
公開年 2002年
評点[C]
感想
Amazon
WXIII 機動警察パトレイバー
WXIII パトレイバー
Amazon
WXIII 機動警察パトレイバー SPECIAL EDITION
WXIII パトレイバー
SPECIAL EDITION
Amazon
PATLABOR MOVIE ARCHIVES
PATLABOR
MOVIE
ARCHIVES

 今日はアニメ映画『WXIII 機動警察パトレイバー』を観た。監督は遠藤卓司で(総監督:高山文彦)、平成十四年(2002)の作品。

 2000年、東京湾臨海地区で謎の生物によってレイバーなどが襲われる事件が多発し、多くの犠牲者が出る。警視庁城南署の若い久住武史(声:綿引勝彦)とベテランの秦真一郎(声:平田広明)の捜査によって、東都生物医学研究所という研究機関が浮かび上がる。そこの主任研究員の岬冴子(声:田中敦子)は、偶然にも久住が惹かれていた女性だった。

 ゆうきまさみによるコミック版の「廃棄物13号」というエピソードが原案で、とり・みきが脚本を担当して早くから企画されていたが、延期続きの末にようやく今年(2002年)になって一般公開された作品。原案は謎の人工生物が主題だったが、この映画では二人の刑事と女性の人間ドラマももう一つの柱になっている。
 二人の刑事による捜査シーンなど、映画『砂の器』や『張込み』などの刑事ものを強く意識しているようで、二人の私生活など大変にディテールが細かく描写されているけれども、かえって作りこめば作りこむほど作り物っぽくなってしまうジレンマに陥ってしまっているような感がある。大変に作画レベルが高く演出も細かいのだが、かえって「よくできたアニメ」に見えてしまうというか。言い方は悪いが、そろそろアニメで映画ごっこする段階を卒業しても良いのでは…と思う。
 人間ドラマの方は、あんな行動をする割りには女性の印象が薄いと思う。それと、あのオチは少々安易だと思った。オチに関して言えば、その後を想像させてくれる劇場版第2作の方が良かった。また、人物がかなりリアルタッチになっていて、顔の部品の大きさも実際の比率に近いので、表情が乏しくなってしまっているようだ(岬冴子は無表情な女性だとしても)。いわゆるアニメ絵の目が巨大なのは、それなりの必然性があるということなのだろうか。

 全体にかなり批判的になってしまったが、映像の完成度は非常に高い作品。それだけに、“惜しい作品”という気がする。(2002/12/23)

高山文彦
掲示板 Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE