Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE
竹林進
サインはV さいんはぶい
監督 竹林進
公開年 1975年
評点[C]
感想  今日は、NHK衛星で放映された『サインはV』を観たっす。昭和四十五年(1970)の作品で、監督は竹林進。

 有名なスポ根マンガが原作で、テレビドラマがブームになった作品の劇場版……なのかな?主人公(岡田可愛)と金持ちのお嬢様(中島麻里)とのライバル対決やら、無理な特訓、そして不治の病に倒れるチームメイトのジュン・サンダース(范文雀)等々…とんこつスープ風味の濃い味が1時間20分の間にてんこ盛り。要するに総集編か。(補注掲示板でいただいた情報によると、テレビドラマの中でジュン・サンダースが死んでしまったので、彼女をもう一度観たい!というファンの声に応えて劇場版が製作されたらしい)
 時代を超えて色あせない魅力を、この手の作品に求めるのは無理な話で……。私はマンガやテレビドラマを同時代に観た世代でもないし。しかし、今や絶滅寸前のブルマがたっぷり出てくるので、その手の嗜好を持つ方々には垂涎(すいぜん)の的かも。残念ながら私にはその趣味は無いのですが(笑)。(2000/10/09)

竹林進
掲示板 Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE