Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE
田中徳三
花くらべ狸道中 はなくらべたぬきどうちゅう
監督 田中徳三
公開年 1961年
評点[A’]
感想
Amazon
花くらべ狸道中
花くらべ狸道中

 今日は、市川雷蔵&勝新太郎主演の『花くらべ狸道中』を観た。昭和三十六年(1961)の作品。

 狸の世界の大王を決める選挙の直前、江戸の文福狸(見明凡太朗)は阿波の文左衛門狸(葛木香一)に刺客を放って大怪我をさせた。文福狸が大王の座につくのを阻止するため、阿波の若狸の雷吉(市川雷蔵)と新助(勝新太郎)は有名な弥次喜多コンビに化けて江戸へ向かう。

 雷吉に思いを寄せる娘狸として若尾文子も登場する、豪華キャストの狸映画。雷蔵と勝新のスターコンビが仲良さそうにじゃれあっているのを観ているだけでも面白い。当時はまだ正統派二枚目路線だった勝新が器用さを発揮して歌ったり踊ったり大活躍の好演で、雷蔵を食っていた。市川雷蔵も妙な踊りを見せたが、歌までは聞かせなかったから。勝新の「ハロー♪ グッバイ」などの英語の台詞は笑わせてくれる。
 まだ“総天然色映画”が売りになっていた時代なので、原色を多用したセット撮影だが、ちょっとチープに見えるところもある。あと、群舞の振り付けがもっと揃っていたら良かったかもしれない。(2002/10/02)

濡れ髪牡丹 ぬれがみぼたん
監督 田中徳三
公開年 1961年
評点[A’]
感想  今日は、市川雷蔵主演の『濡れ髪牡丹』を観た。監督は田中徳三で、昭和三十六年(1961)の作品。
 
 広い縄張りと三千人の子分を持つ清見潟の女親分おもん(京マチ子)は、弟の岩吉(小林勝彦)をヤクザにさせないため、試験に合格した男を自分の婿にして親分の地位を譲ると言っていた。しかし、厳しい試験を通る男はなかなかいない。そこに、口八丁手八丁の八八の瓢太郎(市川雷蔵)と名乗る旅人(たびにん)が現れ、試験に挑んだ。

 雷蔵主演の『濡れ髪』シリーズの一本。大映で作られていた類似の時代劇同様、舞台を江戸時代にとったコメディ作品。この作品でも「試験をパスする」という台詞が飛び出す(笑)。また、コメディ時代劇に付き物の恋愛の割合がこの作品では大きく、ラブコメ時代劇とも言えるかもしれない。
 脚本(八尋不二)の構成が巧みで、単調にならないのが良い。やはりコミカルな作品での雷蔵は見事で、飄々とした魅力を充分に見せている。ラスト近くは意外な展開だったが、あれが、のちの『華岡青洲の妻』で生かされたのかも……なんちゃって(笑)。女親分の京マチ子も、グラマナスな体格と色気が役にピッタリだった。
 コメディ時代劇の中でも記憶に残る快作と言えるかもしれない。(2004/04/28)

ドドンパ酔虎伝 どどんぱすいこでん
監督 田中徳三
公開年 1961年
評点[A’]
感想  今日は、 田中徳三監督の『ドドンパ酔虎伝』を観た。昭和三十六年(1961)の作品。

 時は元禄十五年。江戸ではドドンパなる新しい音曲が流行していた。作曲は“飲べえ安”こと中山安兵衛(勝新太郎)、作詞は子葉こと大高源吾(小林勝彦)。このドドンパを盗用して悪だくみを始めたのが、村上権十郎(山路義人)と氏上典膳(伊達三郎)。村上は、安兵衛の叔父にあたる菅井甚左衛門(荒木忍)の仇であった。

 題名でわかるように全編を通じて音楽に満ちていて、赤垣源蔵役の水原弘などが歌ったりする。音楽以外にも“酒呑みコンクール”があったり様々な遊びがある、ミュージカル時代劇。時代は松ノ廊下刃傷のあとだが、安兵衛は赤穂浪人ではなく、まだ堀部弥兵衛(益田キートン)の娘(浦路洋子)とも結婚しておらず、かなり史実を改編した設定。原作があるらしい(原作:川内康範/脚本:銀座八郎)。
 かなり遊びのある作品だが、勝新太郎のコミカルとシリアスを使い分けた演技は見事で、決していい加減な作りの作品ではない。ラストの二刀流の殺陣は見もの。展開のテンポも良くギャグの入れ方のタイミングも良い。田中監督の手腕だろう。(2004/01/01)

鯉名の銀平 こいなのぎんぺい
監督 田中徳三
公開年 1961年
評点[B]
感想  今日は、市川雷蔵主演の『鯉名の銀平』を観た。監督は田中徳三で、昭和三十六年(1961)の作品。

 元は博打打ちだった下田の船大工の銀平(市川雷蔵)は、好きな女お市(中村玉緒)が自分の兄弟分の卯之吉(成田純一郎)と恋仲であることを知ると下田を離れて旅に出た。4年後、下田がかつて自分の親分と敵対していた帆立の丑松(安部徹)の縄張りになったことを旅先で知ると、銀平は下田に足を向ける。

 長谷川伸の原作の映画化(脚本:犬塚稔)。以前観た阪東妻三郎版『鯉名の銀平 雪の渡り鳥』とは冒頭の主人公の境遇から始まって、異なる部分が多い。
 モノクロ末期で映像はシャープだし(撮影:武田千吉郎)、田中監督の演出も歯切れが良いが、サイレントの阪妻版と比べてしまうと情感に乏しい面があり(最後、やはり雪が欲しかった)、銀平も旅に出る前と後とであまり変わっていないように見える。
 作品が時代劇中心でもテンポの良い近代的な田中監督の演出はウエットな長谷川伸原作には今ひとつ合わないのかな、と思った。それでも、最後はジーンとさせられてしまうのだけれども。(2005/04/19)

悪名 あくみょう
監督 田中徳三
公開年 1961年
評点[A’]
感想
Amazon
悪名
悪名
Amazon
悪名 DVD-BOX・第一巻
悪名 DVD-BOX
第一巻
悪名
続・悪名
新・悪名
続・新悪名
第三の悪名

 今日は、勝新&田宮二郎主演『悪名』を観た。昭和三十六年(1961)の作品で、監督は田中徳三。

 河内の農家の放蕩息子だった朝吉(勝新太郎)は、ふとしたことから暴れん坊のヤクザ“モートルの貞”(田宮二郎)と義兄弟の契りを結び、無頼の世界に身を投ずることになる。

 有名なシリーズ物の第一作。思っていたよりも、破天荒な作品ではなかった。第一作のためでもあるだろうか。若い頃の勝新はまだ痩せていて二枚目風で、登場する女性たち(中田康子・水谷良重=二代目水谷八重子・中村玉緒・浪花千栄子)によって運命を導かれているような印象がある。朝吉アニィ、モテモテ王国状態(笑)。貞はカッコイイが、まだ作品中での影は薄めな感じ。
 脚本は依田義賢で、撮影は宮川一夫。溝口健二作品で有名な二人が参加しているだけあって、様式美を感じさせる正統派的な作品という感じ。特に、コントラストが強めのカラーのシネマスコープサイズの画面が美しい。(2001/05/25)

続悪名 ぞくあくみょう
監督 田中徳三
公開年 1961年
評点[A]
感想
Amazon
続・悪名
続・悪名
Amazon
悪名 DVD-BOX・第一巻
悪名 DVD-BOX
第一巻
悪名
続・悪名
新・悪名
続・新悪名
第三の悪名

 今日は、勝新&田宮二郎主演の『続悪名』を観た。昭和三十六年(1961)の作品で、監督は田中徳三。

 モートルの貞(田宮二郎)と兄弟分になって無頼の世界に入った朝吉(勝新太郎)は縄張りを任される親分となり、極道の世界の深みにはまっていく。

 『悪名』の続編であるが、作中時間が前作と連続していて、正編と合わせて前後編のようだ。
 朝吉と貞の双方ともに活躍するシーンが増え、前作よりも娯楽性が高まっているような感じ。特に貞が生き生きしている。非情な大親分役の中村雁治郎も上手い。また、前作では朝吉の敵で、この作品では子分になる役を演じた須賀不二男が最後にいいところをさらっていった。
 女優陣では、相変わらず中村玉緒が可愛いが、前作以来、朝吉と因縁の深い遊女の琴糸を演じた水谷良重(二代目水谷八重子)の薄幸そうな雰囲気が良い。
 現実とは裏腹に心の底からヤクザになりきれない朝吉の心情を描いた脚本(依田義賢)も見事。これもまた前作以来の宮川一夫の撮影が美しい。特に、因島で遠ざかっていく琴糸たちを松の幹の間からとらえたショットが素晴らしい。(2001/05/26)

眠狂四郎殺法帖 ねむりきょうしろうさっぽうちょう
監督 田中徳三
公開年 1963年
評点[B]
感想
Amazon
眠狂四郎殺法帖
眠狂四郎殺法帖

 今日は、市川雷蔵主演の『眠狂四郎殺法帖』を観た。監督は田中徳三で、昭和三十八年(1963)の作品。

 謎の浪人・眠狂四郎(市川雷蔵)のもとに、加賀前田家の奥女中・千佐(中村玉緒)が助けを求めてくる。実は、銭屋五兵ヱ(伊達三郎)から加賀百万石の命運を左右する秘密の品を奪うため、前田侯が狂四郎を利用しようとしたのだ。狂四郎はたちまちそれを見抜き、前田家そして銭屋銭屋五兵ヱと彼に味方する少林寺拳法の達人・陳孫(城健三郎、のちの若山富三郎)の双方と対決する。

 市川雷蔵による『眠狂四郎』シリーズの第1作。原作は柴田錬三郎(脚本:星川清司)。よく言われているように、この第1作は主人公に虚無感が薄く、狂四郎は女と揉め事が大好きな遊び人という雰囲気。作品全体も、忍者の大群との殺陣や少林寺拳法の達人とのアクションなど、活劇的な作り。絵作りもわかりやすく綺麗だし、よくまとまった作品という感じ。何か一つ印象に残るものが欲しかった、という気はする。
 黒づくめの着物をまとった市川雷蔵は美しい。最後の台詞の口調はちょっと気になったが。市川雷蔵と若山富三郎の対決のオチは、どんなもんかなぁ……。(2002/05/30)

宿無し犬 やどなしいぬ
監督 田中徳三
公開年 1964年
評点[A’]
感想  今日は、田宮二郎主演の『宿無し犬』を観た。監督は田中徳三で、昭和三十九年(1964)の作品。

 拳銃と女が大好きな一匹狼の鴨井大介(田宮二郎)が久しぶりに故郷の高松に帰郷すると、母親の墓のある墓地がゴルフ場になっていて激怒する。その後、一目ぼれした麻子(江波杏子)という女が墓場をつぶした大興組と関係あることがわかり、大介は大興組と対立する沼野観光の社長(佐々木孝丸)に声をかけられる。

 田宮二郎主演の『犬』シリーズの第一作。この作品が好評でシリーズになったのか、最初からシリーズ化が計画されていたのか、どちらだろうか。
 主演の田宮二郎と脚本の藤本儀一そして監督の田中徳三、全員が関西出身だけあって、主人公の大介は歯切れ良い関西弁の台詞をポンポン飛ばし、『悪名』シリーズの清次が独立したようなキザでええかっこしいなキャラクターになっていて、田宮二郎の柄にぴったり合っている。
 大介以外のキャラクターも豊富でそれぞれ個性的な演技者がそろっていて魅力的。大介のライバル的な青井(水島道太郎)、大興組の組長(須賀不二男)、大興組の幹部・瓜生(成田三樹夫)、大介に付きまとう謎の男(天知茂)など。天知茂は無精ひげを生やしていて、天知茂だと思えなかった。
 脚本が工夫されていて演出もテンポ良いが、終盤になると湿っぽい雰囲気が増すのがちょっと惜しいと思った。最後までカラッとしていても良かったかも。(2005/09/10)

大殺陣雄呂血 だいたておろち
監督 田中徳三
公開年 1966年
評点[A’]
感想  今日は、市川雷蔵主演の『大殺陣雄呂血』を見た。監督は田中徳三で、昭和四十一年(1966)の作品。

 藩の剣道場の師範代を勤める小布施拓馬(市川雷蔵)は、主家を守るため、隣の大藩の人間を斬ってしまった同輩の罪を着て一年間だけという約束で藩を離れる。しかし、様々な不運が拓馬と婚約者の波江(八千草薫)を襲い、彼らを押し流す。

 阪妻主演の戦前のサイレント作品『雄呂血』(監督:二川文太郎)のリメイク。オリジナル版は主人公が恋愛沙汰が原因で脱藩することになっていたが、この作品では武家社会の不条理が強調され、いくつものエピソードが追加されている。
 最初、あまりに拓馬に運が無いのでちょっとマンガ的に見えちゃったり、独白のところでは市川雷蔵の独特な台詞回しが気になったりすることもあったが、主人公が落魄していく後半、そして最後の大殺陣になると緊迫した展開に息を飲む。
 文字通りの大殺陣で何十人と斬りまくるのだが、主人公も徐々にダメージを負っていくので不自然さは少ない。それにしても、ちょっと斬り過ぎとも思えるが。殺陣そのもののアクションは実に多彩でレベルが高く、非常に綿密な構成と演出がおこなわれたことをうかがわせる。殺陣師と斬られ役にも拍手を送りたい。(2002/05/16)

田中徳三
掲示板 Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE