Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE
田坂具隆
五人の斥候兵 ごにんのせっこうへい
監督 田坂具隆
公開年 1938年
評点[B]
感想  今日は、 田坂具隆監督の『五人の斥候兵』を観た。昭和十三年(1938)の作品。

 昭和十二年の北支戦線。岡田部隊長(小杉勇)は、総攻撃に備えて藤本軍曹(見明凡太郎)以下、遠藤一等兵(長尾敏之助)・長野一等兵(星ひかる)・中村上等兵(井染四郎)・木口一等兵(伊沢一郎)の計五人を斥候として敵陣を偵察させた。敵陣に深入りしすぎた彼らは包囲され窮地に陥る。

 昭和十三年初頭の公開で、同年のキネ旬第一位。前年に勃発したばかりの日中戦争(当時の呼称は支那事変)を舞台とした作品。原作者として高重屋四郎という名が出るが、これは監督の変名であるという(脚本:荒牧芳郎)。
 冒頭で、岡田部隊は当初の200名から80名にまで減じたことが語られて戦いの厳しさが示されるが、戦闘よりも隊長と部下あるいは戦友同士の心の繋がりを中心として描いている。中盤に斥候が出されてからは緊迫感が増すものの、やはりその中心は斥候たちを想う隊長や戦友たちである。
 『君が代』が唐突に登場するのは浮いているし、登場するのは“忠勇無双の我が兵”ばかりで少々ステレオタイプ的。ただし、当時の人は今の人間よりも遥かに大真面目だったことも事実かもしれない。また、その中でも戦陣での生活を通じて兵の生の姿を描き出そうと努めている。終盤で描かれる戦友愛は確かに感動的で、それこそが主題だったのだろう。ことさらな戦記高揚のメッセージはなく、隊長が部下の生命を心配している様子がたびたび描かれるのが印象的。
 同時代作だけあって、兵士たちの動作や戦闘の際の身のこなしはなかなかリアル。戦前作としては画質・音質共に良く、カメラワークも安定したわかりやすさがある。

 『五人の斥候兵』はベネチア映画祭の大衆文化大臣賞(民衆文化大臣賞という翻訳もあり)を受賞し、海外の映画祭で賞を受けた日本初の作品となった。昭和十二年に日独伊防共協定が締結されていたとはいえ、受賞は政治的配慮によるものだけでもないと思う。(2004/01/05)

路傍の石 ろぼうのいし
監督 田坂具隆
公開年 1938年
評点[A’]
感想  今日は、田坂具隆監督の『路傍の石』を観た。昭和十三年(1938)の作品。

 時は明治三十年代の中頃。愛川吾一(片山明彦)は母(滝花久子)と二人で苦しい生活をしていたが、賢い彼のため小学校の先生(小杉勇)や近所の稲葉屋の主人(井染四郎)はなんとか中学へ進学させてやろうとする。しかし、事情が許さず商家に丁稚奉公することになり、厳しい世間の荒波を浴びて成長していく。

 山本有三の原作の初映画化(脚本:荒牧芳郎/改編:高重屋四郎)。田坂監督の戦前の代表作の一つ。
 少年吾一の小学校時代の友人たちや母との生活と丁稚奉公してからの厳しい暮らし、双方とも誇張せず、しかし細やかな田坂監督の描写が心に残る。小学校時代の内職の手伝いや鉄橋の冒険など印象的なエピソードは吾一の人柄を如実に表している。父親(山本礼三郎)の極道ぶりがあからさまな台詞などではなく普通の会話や行動で表現されていたり、小学校時代は同級生だった奉公先の商家の子供たちの吾一に対する態度が変わっていく様子も極端ではなく巧みに表現されているのは、原作のおかげだけではないだろう。
 同じ田坂監督の『真実一路』でデビューしたという片山明彦は、まさにハマリ役。それ以外にも、滝花久子の地味な美しさや山本礼三郎が覗かせる不気味さ・小杉勇の実直さや吾一を励ます絵描きを演じた江川宇礼雄の豪快さ・吾一をいびる沢村貞子の意地悪さなど皆ハマっていて、この時期の日活俳優陣の層の厚さが忍ばれる。

 惜しいのは、一般の観賞には向かないと考えられるほどの音声状態の悪さ。加えて現存版は公開時よりも10分ほど短くなっているようなので、もっと良いプリントが残っていないだろうか? あるいは、現存プリントを修復処理して改善できないだろうか。多額の費用がかかるらしいが……。(2005/01/06)

海軍 かいぐん
監督 田坂具隆
公開年 1943年
評点[B]
感想  今日は、田坂具隆監督の『海軍』を観た。昭和十八年(1943)の作品。

 昭和九年。鹿児島で中学校(旧制)に通う商家の息子の谷真人(山内明)は、大の海軍好きである親友の牟田口隆夫(志村久)に誘われ、海軍士官になるため海軍兵学校への進学を志す。牟田口は目が悪いため体格検査を通れず挫折してしまうが、谷は見事入学して卒業。特殊潜航艇の乗組員に抜擢され真珠湾を目指す。

 朝日新聞に連載された岩田豊雄(獅子文六)の原作の映画化(脚本:澤村勉・田坂具隆)。松竹が製作した“情報局国民映画”の一本で海軍が協力し、開戦二周年記念の日に公開されている。
 純然たる国策映画のためか、主人公は糞真面目を絵に描いたような人物で、他の男性の登場人物も同様にコチコチなキャラ。真面目ゆえの美しさというものはあるけれども、それ以外の人間的魅力には少々乏しい男性陣に対して、主人公の母(滝花久子)や姉(風見章子)そして牟田口の妹(青山和子)といった女性キャラは自然に描けているのが印象的だった。
 姉と妹たちは感情をあらわにするし、主人公の母も理想化されてはいるものの息子が兵学校に行きたいといった時や開戦の報を聞いたときに一種不安げな表情をするのが印象的。終盤で再び描かれる食事の場面も感動的だ。
 序盤から中盤にかけては、鹿児島にある海軍に関する名所旧跡(東郷平八郎出生の地や墓所など)の紹介のようなシーンが続いて、いささか退屈。中盤は兵学校でのカッター訓練の躍動感が見事で兵学校の実写映像も興味深いが、訓練シーンがもっと欲しかったと思う。終盤は、特殊潜航艇の訓練風景などが見られると思ったら、ほとんどなくて期待はずれ。機密保持のためか。特撮も東宝の『ハワイ・マレー沖海戦』などに比べると今ひとつ。
 また、フィルムがアメリカに接収されたときに切られてしまったとのことで、尻切れトンボになっているのも残念。

 主役級の三人(谷・牟田口・牟田口の妹)は新人ながらも自然な演技で、女性キャラクターの描写や主人公と母親との触れ合い、兵学校での訓練シーンなど光るものがあるだけに、やはり制約が映画を硬くしてしまっているようで惜しい気がする。監督としては挫折した牟田口の方も、もっと突っ込んで描きたかったのではないだろうか。(2005/03/04)

ちいさこべ ちいさこべ
監督 田坂具隆
公開年 1962年
評点[A’]
感想  今日は、中村錦之助主演の『ちいさこべ』を観た。監督は田坂具隆で、昭和三十七年(1962)の作品。

 老舗の大工“大留”の若棟梁・茂次(中村錦之助、のち萬屋錦之介)は、初めて仕事を任されて家を離れていた最中に、江戸の大火で店と両親を失う。彼は店の再建のため周囲の批判を受けながら仕事一途で奮闘するが、新たに雇った女中おりつ(江利チエミ)は火事で孤児となった子供たちを連れてきてしまう。

 原作は山本周五郎(脚本:田坂具隆・鈴木尚之・野上龍雄)。山本周五郎流のヒューマニズムの世界を丹念に映像化している。理想主義的な世界を描いてはいるが、そう簡単にうまくいってはいないので、非現実的すぎるということはないと思う。 この作品も3時間近く、テンポが緩やかで長い感じがするが、どのシーンも丁寧に磨きあげられた映像という印象を受ける。
 強さの裏にもろさを隠している人間を表現した錦之助の演技が見事。江利チエミも美人過ぎないのが、かえって良いのかも(失敬)。中村賀津雄(現・中村嘉葎雄)のチンピラも良い。東千代之介も、そのおっとりした雰囲気で錦之助の兄貴分らしさをよく出していた。(2003/06/24)

冷飯とおさんとちゃん ひやめしとおさんとちゃん
監督 田坂具隆
公開年 1965年
評点[B]
感想  今日は、中村錦之助主演の『冷飯とおさんとちゃん』を観た。監督は田坂具隆で、昭和四十年(1965)の作品。

 「冷飯」:本の虫の大四郎(中村錦之助、のち萬屋錦之介)が、いつも道ですれ違う武家娘(入江若葉)を好きになって嫁にしたいと思うが、四男坊の自分は部屋住みの冷や飯食いであることに気づいてあきらめる。しかし、彼の実直さがその運命を変える。
 「おさん」:大工の参太(中村錦之助)は、惚れ合って一緒になった妻おさん(三田佳子)の奔放な性に疲れて家を出て上方に出た。しかし、彼女を忘れられず江戸に戻り、彼がいなくなったあとのおさんの様子を知る。
 「ちゃん」:重吉(中村錦之助)は昔かたぎの腕の良い職人だが、時代に取り残され毎日のように酔いつぶれて憂さを晴らしている。女房お直(森光子)や長男の良吉(伊藤敏孝)を始めとする家族は、そんな彼を温かく見守る。

 山本周五郎の短編『ひやめし物語』『おさん』『ちゃん』を基にしたオムニバス作品。
 「冷飯」は、ちょっと抜けた感じの若者がその性格のおかげで幸せをつかむという明朗時代劇で、錦之助の柄のおかげか、観ていて彼が棚ボタをつかんだという気にもならず、後味が大変に良い作品。兄を演じた小沢昭一や、主人公が古本を仕入れる屑屋を演じた浜村純がいい感じ。
 「おさん」は、前半部分は同僚に悩みを打ち明ける参太の、山本周五郎流の観念的な長台詞が気になった。江戸時代の庶民があんな言葉を使っただろうか。しかし、後半になって参太が江戸でおさんを捜し求めるようになると、おさんと彼女を愛してしまった男たちの悲哀が伝わってきて良くなる。おさんのために落ちぶれた男を演じた大坂志郎が特に良い。
 「ちゃん」は、山本周五郎の理想主義的なところが現れた、『江戸は青空』(『かあちゃん』)を彷彿とさせる、お人よし一家の物語。どうも、この手の物語には現実感がなくて苦手。山本周五郎が「かくあるべし」と考える世界を描いたということはわかるのだが。錦之助も、しょぼくれた親父を演じるにはまだ若すぎるような。綺麗なんだもの。錦之助に惚れている飲み屋の女将(渡辺美佐子)は、いい感じだった。

 全体にテンポは緩やかでちょっと長い感じがする。だが、大変に作りが丁寧な雰囲気がした。非常に映像が美しく、眉を剃ってお歯黒をした女性キャラがいるのがリアル。(2003/06/21)

田坂具隆
掲示板 Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE