Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE
辻吉朗
沓掛時次郎 くつかけときじろう
監督 辻吉朗
公開年 1929年
評点[A’]
感想  今日は、大河内傳次郎主演の『沓掛時次郎』を観た。監督は辻吉朗で、昭和四年(1929)の作品。

 なんの縁も恨みもないが渡世の義理で六ツ田の三蔵(葛木香一)を斬った沓掛時次郎(大河内傳次郎)。三蔵の女房おきぬ(酒井米子)と息子の太郎吉(尾上助三郎)にまで刃が向けられたので時次郎は二人をかばって旅に出るが、浮世の風は冷たく……。

 何度も映画化された長谷川伸原作の最初の映画化(脚本:如月敏)で、サイレント。私が観たことのある市川雷蔵版(監督:池広一夫/昭和三十六年)と中村錦之助版(監督:加藤泰/昭和四十一年)と比べると、かなり異なる点がある。
 この作品ではまず六ツ田の三蔵が斬られる理由が描かれ、旅の途中で時次郎とおきぬが思い合っていく様子が具体的なエピソードで示されている。古い作品なのに二人が惹かれあって行くことがかなり明確に表現されているので、ちょっと驚いた。
 大河内傳次郎の、冒頭のいかにもやくざな様子から旅をするにつれて変わっていく様子の演じ分けが良く、二人に親切にする旅籠の主人夫婦(中村吉次・杉浦くに)のキャラも面白い。映像的には、序盤の時次郎VS三蔵の斬り合いでのカメラの動き方が面白い(撮影:谷本精史)。
 サイレントで1時間強の長さだが、登場人物の心の動きがわかりやすく哀感も豊かな佳作だと思う。(2005/09/12)

辻吉朗
掲示板 Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE