Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE
渡辺邦男(渡邊邦男)
新妻椿(総集編) にいづまつばきそうしゅうへん
監督 渡辺邦男
公開年 1940年
評点[B]
感想  今日は、渡辺邦夫監督の『新妻椿(総集編)』を観た。昭和十五年(1940)の作品。

 七里家の娘・文代(山田五十鈴)は両親を失い独り身だったが、婆や(藤間房子)と女中(加藤欣子)と平和に暮らしていた。しかし、隣りの醍醐家の子・邦夫(小高たかし)に誤って空気銃で目を撃たれて失明してしまう。婚約者の金田(立松晃)は文代から去り、傷心に付け入って七里家の財産目当ての大木(斎藤英雄)が近づいてくる。邦夫の兄の醍醐博(岡譲二)は文代を心配するが、口出しするわけにもいかず……。

 『人妻椿』などの小島政二郎の原作の映画化(脚本:渡辺邦夫)。『人妻椿』同様、若い人妻が主人公のメロドラマ。
 主人公が失明してしまうので、『人妻椿』に比べると悲劇度は高いものの主人公が自由に動けなくなるためジェットコースター度は低く、相手役の醍醐博の活躍度もいまいち。登場人物もステロタイプ度が強く『人妻椿』で笠智衆が演じたようなようなユニークなキャラがいない。
 第一、今から観ると、七里家は資産家なのだから顧問弁護士か後見する親類くらいいるだろうと思ってしまい、ストーリーが不自然な感は否めない。現代人が楽しむには話が大時代的すぎるだろうか。
 とはいっても、山田五十鈴はさすがに美しき悲劇のヒロインを見事に演じているし、渡辺邦夫監督の話の組み立てや映像の作り方はそつない上手さがあると思う。総集編になっても不自然さは感じさせない。映像は、文代と醍醐博が海岸を歩くシーンが特に印象的(撮影:友成達雄)。

 それにしても、現在のいわゆる韓流ドラマでも“失明”は基本アイテムの一つらしいので(その他のアイテムは“記憶喪失”など)、改めてメロドラマの基本的なパターンは既に戦前にできていて、いつまで経っても変わらないものだな〜と思った。(2005/08/28)

維新前夜 いしんぜんや
監督 渡辺邦男
公開年 1941年
評点[C]
感想  今日は、渡辺邦男監督の『維新前夜』を観た。昭和十六年(1941)の作品。

 水戸斉昭(高堂国典)のブレーンで尊皇攘夷論者の代表である学者の藤田東湖(月形龍之介)が襲われた。弟子の小谷虎之助(黒川弥太郎)が刺客を捕らえると、それは千葉周作(岡譲二)の娘・千葉真葛(桜町弘子)だった。その裏には、大奥で将軍を押さえている歌橋の局(沢村貞子)と筆頭老中・阿部伊勢守正弘(江川宇礼雄)の政争があった。

 題名通り幕末、黒船来航直後の混乱する江戸が舞台の作品(原作:貴司山治/脚本:渡辺邦男)。しかし、主役が藤田東湖か阿部正弘か千葉真葛なのか、どれも描写が中途半端ではっきりしないし、彼らが結局のところ何をやりたいのかよくわからないのでストーリーも不明瞭。なんだか皆が真面目にお国のために働こうとしているというのはわかるのだが。
 真葛の出生の秘密というのもストーリーの柱だが、それもあまり上手く料理されていないので娯楽性を得ることにも成功していない。今だったら真葛中心の脚本になるところだが、この作品の製作当時では、それは難しかったのだろうか。(2005/05/29)

決戦の大空へ(決戰の大空へ) けっせんのおおぞらへ
監督 渡辺邦男
公開年 1943年
評点[A’]
感想  今日は、渡辺邦男監督の『決戦の大空へ』を観た。昭和十八年(1943)の作品。

 少年飛行兵を目指して訓練中の予科練習生が休日に憩う倶楽部になっている松村家は、東京の学校を卒業して久しぶりに帰ってきた娘の杉枝(原節子)が練習生を歓待し、少年たちは思わぬ美しい女性の出現に喜ぶ。しかし杉枝は、中学生である虚弱な弟・克郎(小高まさる)のことが心配であった。

 海軍省後援の、予科練志願者を募るためのPR映画。まさに国策映画そのものだが、練習生・それを迎える倶楽部の家族たち・練習生を教える教官たち各々がよく描けていて、練習生たちの訓練風景も迫力ある映像で紹介されている(撮影:河崎喜久三)。
 やはり精神論が前に出るところが多くて描かれる人間像も理想化されているけれども、演出のテンポが良く、ついつい見入ってしまい、観終わったときには私も是非とも予科練に志願したいものだと……(笑)。
 予科練習生たちと杉枝や克郎の成長を重ねている脚本(八住利雄)が巧みで、日本の戦争映画にありがちな湿っぽいところや暗さがないので現代人が観ても比較的抵抗がないと思う。実戦部隊ではなく訓練部隊を扱っているためかもしれないが、娯楽映画の巨匠らしい渡辺監督の演出方針のようにも思えた。
 練習生の一人として木村功、教官として黒川弥太郎や高田稔が出演していて、軍隊経験がある黒川弥太郎の精神講話はなかなか堂に入っていた。(2005/02/16)

エノケンのホームラン王 えのけんのほおむらんおう
監督 渡辺邦男
公開年 1948年
評点[A’]
感想
Amazon
エノケンのホームラン王
エノケンの
ホームラン王

 今日は、エノケン主演の『エノケンのホームラン王』を観た。監督は渡辺邦男で、昭和二十三年(1948)の作品。

 肉屋で働く健吉(榎本健一)は大の巨人ファンで、阪神ファンである魚屋の魚虎夫婦(田中春夫・清川虹子)とは何かと張り合っているが、魚虎の妹お千代(春山美弥子)とは好きあっている仲だった。健吉は三原監督ら巨人の面々に懇願して巨人軍に入団させてもらうが、実はマスコット・ボーイとしての採用だった。

 戦後数年、大衆娯楽といえば野球、野球といえば巨人だった時代の作品(原作:サトウ・ハチロー/脚本:渡辺邦男・岸松雄)。
 コメディと道化としての悲哀を感じさせるペーソスが入り混じっているが、その量と配分がちょうど良く、しつこいドタバタはなく逆にペーソスが過ぎて湿っぽくなるようなこともない。早撮りで有名だった渡辺監督のアッサリした演出が良い方向に働いたのだろうか。健吉や魚虎たちが自転車に乗って街中を走るシーンもロケではなくいい加減な合成だが、かえってそれが面白い効果になっていたりする(撮影:友成達雄)。健吉や魚虎夫婦といったキャラクターも好印象で、ラストもベタベタせずに余韻を残す。
 三原脩監督以下、川上哲治や青田昇らの巨人軍総出演で、特に川上がメインキャスト級になっていて芝居もするし打撃フォームの高速度撮影(スローモーション)を見せたりする。私は野球には疎いのでよくわからないが、川上の伝記で書かれていたように当時の日本ではダウンスイングが知られていなかったので、今の目で見るとアッパースイングのようだ。(2005/04/20)

歌うエノケン捕物帖 うたうえのけんとりものちょう
監督 渡辺邦男
公開年 1948年
評点[A’]
感想  今日は、エノケン主演の『歌うエノケン捕物帖』を観た。監督は渡辺邦男で、昭和二十三年(1948)の作品。

 かごかきの権三(榎本健一)は相変わらず女房(笠置シヅ子)と大喧嘩。権三の相方の助十(藤山一郎)は、好き合っている娘おしげ(旭輝子)が借金のかたとして浪人の三十郎(中村平八郎)の嫁にされそうになっているので、今日もうじうじ悲しんでいる。そんなとき、おしげの病身の父が強盗殺人犯として奉行所に捕らえられ……。

 このころ人気のあった笠置シヅ子とエノケンに加えて藤山一郎まで共演している音楽喜劇映画。
 主演級の三人がそろって歌が得意なので、エノケン映画の中でも特に歌の多い作品かもしれない。ミュージカル形式で芝居の途中でいきなり歌が始まったりするのは、日本語ではどうしても不自然さから免れえないものだけれども、この作品は皆うまいので、聞きづらいところは全くない。
 喜劇映画としては今の目で観るとちょっとドタバタっぽいところもあるけれども、いくつか工夫されたギャグがあってそのあたりは割と面白かった。脚本に名を連ねている三人(山本嘉次郎・八住利雄・渡辺邦男)がアイデアを出し合ったのだろうか。
 歌中心で、風刺的なものや湿っぽいところもほとんどない娯楽に徹した一作になっている。(2005/11/21)

あばれ行燈 あばれあんどん
監督 渡辺邦男
公開年 1956年
評点[B]
感想  今日は、鶴田浩二主演の『あばれ行燈』を観た。監督は渡辺邦男で、昭和三十一年(1956)の作品。

 渡世人の沼津の秋太郎(鶴田浩二)は喧嘩の場で、瀕死の美濃の藤太郎(田崎潤)から彼が母親に渡すはずだった二十両の金を託される。藤太郎の故郷に行くと、藤太郎の母(滝花久子)と許婚〔いいなずけ〕のおしの(香川京子)は秋太郎を藤太郎だと思い込む。秋太郎は事実を言うに忍びなかった。

 長谷川伸原作の映画化(脚本:渡辺邦男)。瀕死の人間に何かを託されて届けるというお決まりのパターンだが、比較的シンプルな粗筋が多い長谷川伸原作映画にしては、藤太郎の兄弟分の兼五郎(小堀明男)なんてキャラも出てきたりして、かなり手の込んだストーリーになっている。
 だが、話の筋は股旅物の様式にのっとっているとはいえ工夫されていて面白いことは面白いのだけれども、ちょっと非現実的に見えちゃうかな〜という感は残る。今ひとつ作品に没入しきれないというか。この頃の鶴田浩二はまだ色男然として哀感があまりないのが大きな原因で、秋太郎がモノローグで自分の考えや感情を全部語ってしまう脚本も、どうかな? と思った。(2005/11/28)

怨霊佐倉大騒動 おんりょうさくらおおそうどう
監督 渡辺邦男
公開年 1956年
評点[A’]
感想  今日は、渡辺邦男監督の『怨霊佐倉大騒動』を観た。昭和三十一年(1956)の作品。

 江戸の初期、四代将軍の頃。佐倉の城主・堀田上野介正信(中山昭二)は領民に重税を科していた。さらに奸臣たちの不正によって民百姓が日々の暮らしにも困るようになると名主たちは直訴を考え、木内宗五郎(嵐寛寿郎)がその代表となる。

 歌舞伎などでも知られている『佐倉義民伝』の映画化。佐倉惣五郎(宗五郎)は江戸時代の“義民 ”の筆頭でかなり伝説化されていて、この作品の大筋はおおむね一般に流布している物語に拠っている。
 ただし、「甚兵衛渡し」や「子別れ」そして「駕籠訴」などおなじみの場面はあるものの、作品の雰囲気は様式的ではなくリアルな農民一揆物語になっていて、途中までは題名の怪談的な要素は皆無で、至極まっとうな堂々たる時代劇である。
 アラカン以下の出演者たちは全体に力が入った“熱演”だが、それが緊迫感を生み出し、渡し守の甚兵衛(横山運平)や妻(花井蘭子)子とのエピソードは胸を打つ。大名側にも良心的な家臣がいるのも好ましい。
 しかし、終盤に題名どおり幽霊話になると、いささかずっこける(笑)。昭和三十年に大蔵貢が新東宝の社長になって作品がエロ・グロ・怪談の類が中心になるまでの過渡期の作品という感じ。同時期の中川信夫監督の『怪異宇都宮釣天井』とちょっと似た雰囲気だ。今から観ると、終盤を普通に作っていれば、より佳作になっていたかもしれないので残念。

 しかし、伝説を基にしたほとんど創作のエピソードに基づく怪談映画の方が、のちにリアリズムで作られた『郡上一揆』よりも胸に迫ってくるものがあり、時にはこの『怨霊佐倉大騒動』の方がよりリアルに見える部分さえあるというのは、大変に不思議だ。(2005/09/14)

明治天皇と日露大戦争 めいじてんのうとにちろだいせんそう
監督 渡辺邦男
公開年 1957年
評点[B]
感想
Amazon
明治天皇と日露大戦争
明治天皇と
日露大戦争
Amazon
新東宝名画傑作選DVD-BOX3 大戦の指導者編
新東宝名画傑作選
DVD-BOX3
大戦の指導者編

 今日は、新東宝の『明治天皇と日露大戦争』を観た。昭和三十二年(1957)年の作品。監督は渡辺邦男で、製作はあの大蔵貢。

 明治三十七年から三十八年にかけて戦われた日露戦争。明治天皇(嵐寛寿郎)とその側近たちが、開戦を決意して勝利に終わるまでを描く。

 新東宝の代表作ともされる作品。日本映画史上初めて明治以降の天皇をはっきりと映画に出したことで有名。明治帝は、国民の犠牲を思って開戦の聖断を下すことに慎重で、戦死者名簿に目を通され、時には前線の兵士と同じ粗食をされる、完璧な明天子として描かれているのは見事なほど。しかし、出征する兵士と別れを惜しむ家族たちを天皇が遠くから眺めて大御心(おおみこころ)を痛められるシーンは、本当に感動してしまった。
 国民は開戦を叫び勝利に喜び、日本軍の将兵は指揮官は部下をいたわり部下は指揮官をかばう。完全に戦前の史観そのままの作品を戦後わずか12年で作ってしまうなんて、日本(の映画界)って凄いなぁ(笑)。しかも、当時は大当たりしたそうだし。別の意味では非常に面白い作品かも。
 当時は超大作だったが、戦闘シーンは今観ると少々しょぼい感がある。旅順要塞にベトン(コンクリート)陣地が無かった。また、“二十八サンチ砲”(28cm砲)を発射するシーンも欲しかった。 乃木希典大将(林寛)の次男の乃木保典役に高島忠夫。若い!橘少佐が妙に恰幅の良い人だな、と思っていたら若山富三郎だった(笑)。(2001/05/06)

水戸黄門海を渡る みとこうもんうみをわたる
監督 渡辺邦男
公開年 1961年
評点[B]
感想  今日は、渡辺邦男監督の『水戸黄門海を渡る』を観た。昭和三十六年(1961)の作品。

 仙台に立ち寄った水戸黄門(長谷川一夫)と助さん(市川雷蔵)格さん(勝新太郎)一行は、松前藩の御用船が襲われ、蝦夷地(北海道)の測量図が奪われたことを知る。蝦夷地に渡った水戸黄門たちは、アイヌの大酋長シャクシャイン(長谷川一夫の二役)の反乱の裏にある陰謀を探る。

 当時すでに長いキャリアのあった長谷川一夫が初めて水戸黄門を演じた作品。老け役自体がほとんど初めてだろうか。大映の若手二大スターを助さん格さんとして従えている。
 異国情緒を狙った娯楽作だが、大映作品は保存状態が良いので、かえって今観るとアイヌの村の風景がセット臭く見えてしまう。それと、アイヌを未開人として描いているのも今では厳しいだろうか。当時としては仕方ないのだろうが。描かれているアイヌの踊りは物珍しい。考証的には正しいのかな?
 長谷川一夫の水戸黄門はメイクのためか、意外にハマっている。シャクシャインの方も、悪くはないが野性味は少々足りないかなぁ。格さん役の勝新太郎が大活躍。雷蔵の方は意外と目立たない。(2003/03/23)

渡辺邦男(渡邊邦男)
掲示板 Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE