Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE
矢吹公郎
長靴をはいた猫 ながぐつをはいたねこ
監督 矢吹公郎
公開年 1969年
評点[A’]
感想
Amazon
長靴をはいた猫
長靴をはいた猫

 今日は、アニメ映画『長靴をはいた猫』を観た。監督(演出)は矢吹公郎で、昭和四十四年(1969)の作品。

 ネズミを助けたので猫の世界のおたずね者となった猫ペロー(声:石川進)は、兄たちに家を追い出された人間のピエール(声:藤田淑子)と一緒に旅に出る。ある国のローザ姫(声:榊原ルミ)が魔王ルシファ(声:小池朝雄)に狙われていることを知ったペローは、ピエールに姫を助けさせようとする。

 東映オリジナル長編アニメの代表作の一つ。シャルル・ペローの童話が原作ということになっている(脚本:井上ひさし・山元譲久/ギャグ監修:中原弓彦)。
 今のアニメに比べると映像的にはおとなしいものだが、手描きセルによるフルアニメの動きがいい感じ。落ち着いて観られるというか。ギャグもやりすぎず、くどくなく適度な押さえが効いているのがよい。ペローたちとルシファが戦う終盤は盛り上がりを見せ、オチも好印象。
 原画スタッフとして宮崎駿や大塚康生が名を連ねている。確かに、中世風の城や機械時計、塔での追いかけっこや悪人に連れ去られる姫など、この作品には『カリオストロの城』に登場するモチーフの原型がある。また、声優の中に愛川欽也と水森亜土の名があった。
 この作品、公開当時に映画館で観られた人がうらやましいなー、と思った。(2003/02/03)

矢吹公郎
掲示板 Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE