Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE
山口雄大
地獄甲子園 じごくこうしえん
監督 山口雄大
公開年 2003年
評点[D]
感想
Amazon
地獄甲子園
地獄甲子園
Amazon
地獄甲子園 熱闘!スーパートルネードBOX
地獄甲子園 熱闘!
スーパートルネードBOX

 今日は、山口雄大監督の『地獄甲子園』を観た。平成十五年(2003)の作品。

 甲子園出場を夢に見る星道高校の校長兼野球部監督(永田耕一)は、地区予選の対戦相手が外道高校であることを知らされて絶望する。外道高校とはルール無用の殺人集団、対戦相手を皆殺しにすることを楽しみにしているチームだったのだ。だが、星道高校に謎の転校生“野球十兵衛”(坂口拓)がやってくる。果たして彼は救世主なのか?

 『月刊少年ジャンプ』で漫☆画太郎が連載した不条理ギャグマンガ『地獄甲子園』の映画化(脚本:山口雄大・桐山勲)。エンドロールに“脚本協力”という名義の一人として石井輝男の名が出てきたのでちょっとびっくり(他に漫☆画太郎・北村龍平・高津隆一)。
 原作はギャグマンガというかバカマンガなのだが、そのネタをかなり忠実に実写化している。しかし、作り手は意図的にチープにしているつもりだと思うが、それが“天然”に見えてしまうような……?
 真面目に観ても仕方ない種類の作品だが、“バカ映画”と認めるにしても、脚本・演出・演技・撮影、全て最低限の技術が伴っていない。私は原作が好きなので、ちと残念だった。脚本協力に名を連ねている石井輝男監督の『直撃!地獄拳』シリーズが、いかに偉大なバカ映画であるかがわかった。
 格闘シーンだけはそれらしく撮られているので(アクション監督:下村勇二)、そこだけは評価の対象になるかも。(2005/10/10)

山口雄大
掲示板 Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE