Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE
山本暎一
千夜一夜物語 せんやいちやものがたり
監督 山本暎一
公開年 1969年
評点[C]
感想
Amazon
千夜一夜物語
千夜一夜物語
Amazon
虫プロ・アニメラマ DVD-BOX (千夜一夜物語 / クレオパトラ / 哀しみのベラドンナ)
虫プロ・アニメラマ
DVD-BOX
千夜一夜物語
クレオパトラ
哀しみのベラドンナ

 今日は、アニメ映画の『千夜一夜物語』を観た。監督は山本暎一で、昭和四十四年(1969)の作品。

 バグダッドへ行商に来た水売りアルディン(声:青島幸男)は、市場で売りに出されていた美しい奴隷女ミリアム(声:岸田今日子)に一目惚れ。彼女をさらって逃げ出したのがきっかけで、世にも不思議な大冒険を始めることになった。

 虫プロダクション製作の長編アニメ第一弾で、大人向きのアニメという意味で“アニメラマ”と称している。手塚治虫が製作総指揮で、構成・脚本の一人としても名を連ねている(他に深沢一夫・熊井宏之)。また、作画スタッフにも出崎統・杉井ギサブロー・杉野昭夫といった、のちの大物たちの名が見える
 大人向けということで官能的な描写がある『アラビアンナイト』を題材にしたとしても、エロ描写が多すぎる。大人向けすなわちエロというのは安易ではないだろうか。それほど当時のテレビアニメでは性的な表現に対する制約が強くてスタッフたちは鬱憤が溜まっていたのかもしれないが。
 象徴的に性交を表現する描写など時々面白いところもあるものの、エロ場面が多すぎて食傷する。129分ほどの長編作品だが、余計な部分をカットしたら90〜100分くらいになるのでは。
 その他の部分も、イメージシーンや実写との合成など意欲的に実験的手法を取り入れている。しかし、その後のアニメ技術の進歩によって、現代人の目で見ると、それほどのものとも思えなくなってしまったのは、いたしかたないだろうか。

 主演の青島幸男は意外なほど、飄々とした語り口で風来坊の主人公を好演している。岸田今日子以外にも芥川比呂志・小池朝雄・小池朝雄など演劇人が参加しているのは良いとして、遠藤周作・吉行淳之介・北杜夫・小松左京・大宅壮一ら多数の作家・文化人たちまでカメオ出演しているのは、“高級”な文化に対するアニメ・マンガ界の劣等コンプレックスを表しているような気がするが……。(2005/02/11)

山本暎一
掲示板 Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE