Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE
安田公義
眠狂四郎円月斬り ねむりきょうしろうえんげつぎり
監督 安田公義
公開年 1964年
評点[B]
感想
Amazon
眠狂四郎円月斬り
眠狂四郎円月斬り

 今日は、市川雷蔵主演の『眠狂四郎円月斬り』を観た。昭和三十九年(1964)の作品。

 ある時、眠狂四郎(市川雷蔵)は、将軍・家済の庶子・片桐高之(成田純一郎)が刀の試し斬りのため辻斬りをしたのを目撃する。狂四郎は高之と辻斬りの犠牲者の息子・太十(丸井太郎)の双方から狙われるが、狂四郎は、母と共に将軍の座を狙う高之を倒そうとする。

 市川雷蔵の『眠狂四郎』シリーズ第三作。いよいよこの作品で、クールで虚無的な狂四郎のイメージが定着したようだ。絵作りも、少々人工的ではあるが光と影を強調した映像になっている(撮影:牧浦地志/照明:岡本健一)。その映像の中に立つ狂四郎や女性キャラが大変美しい。
 ストーリーも、女性や権力者に対しては冷酷で弱者に対しては暖かい狂四郎というキャラクターができあがったようだ。狂四郎は魅力のあるキャラだが、今から観ると女性の描き方にちょっと首を傾げる部分があるかもしれない。また、剣客の寄居勘兵衛(植村謙二郎)というキャラも、登場する必然性がわからなかった。(2002/09/23)

新鞍馬天狗 しんくらまてんぐ
監督 安田公義
公開年 1965年
評点[B]
感想  今日は、市川雷蔵主演の『新鞍馬天狗』を観た。監督は安田公義で、昭和四十年(1965年)の作品。

 幕末の京都は、新選組による勤皇の志士狩りの嵐が吹きすさんでいた。そんな中、鞍馬天狗と名乗る謎の黒覆面の男(市川雷蔵)が勤皇方を助けて評判となっていた。彼は、表向きは倉田典膳と称して、杉作少年(二宮秀樹)や吉兵衛(本郷秀雄)を味方として、近藤勇(中村竹弥)たちと対決する。

 大仏次郎の小説を原作として、戦前戦中に嵐寛寿郎主演で大人気となった『鞍馬天狗』シリーズの新作。
 素の時は平凡な好青年風だったという市川雷蔵だけあって、手習いの師匠の倉田典膳と剣の達人の鞍馬天狗との二面性は出せていたと思う。演出は割りとリアルで殺陣の撮影にハンディカメラが用いられるなど、この頃になると映像も現代的になってくる。大映作品なので保存状態も良く画像は美しい。
 ただ、リアルな部分と杉作少年や鞍馬天狗が斬ってしまった新選組隊士の姉おとよ(中村玉緒)が登場する部分との違和感が少しあるような気がする。また、ヒーローものの爽快感も、あまりないような。(2002/05/14)

大魔神 だいまじん
監督 安田公義(特技監督:黒田義之)
公開年 1966年
評点[A’]
感想
Amazon
大魔神
大魔神
Amazon
大魔神封印匣 魔神降臨
大魔神封印匣
魔神降臨

 今日は、安田公義監督の『大魔神』を観た。昭和四十一年(1966)の作品。

 戦国時代。山中城で家老の大館左馬之助(五味龍太郎)が謀反を起こし、城主・花房忠清(島田竜三)を倒して城を奪った。その後、遺児・花房忠文(青山良彦)と小笹姫(高田美和)は山の魔神を祀る巫女の信夫(月宮於登女)にかくまわれて成長したが、左馬之助の魔手が迫り……。

 大映製作の特撮映画。“特技監督”として黒田義之の名もある。黒田監督は他では普通の時代劇を作っているので、技術者ではなく特撮パートの演出を担当したという意味だろうか。
 安田監督も他では多くの時代劇を監督しているだけあって、終盤までは特撮映画とか子供向け映画らしくなく、普通の時代劇映画の雰囲気で進む。カラー映画だと粗〔あら〕が見えやすくなるが、美術や衣装も安っぽさはなく大映京都のスタッフの優れた技術を反映している(美術:内藤昭)。
 脚本も、シンプルなストーリーだが矛盾や強引なところがなく大魔神の出現まで実に自然に流れている(脚本:吉田哲郎)。映像も合成の継ぎ合わせ部分を除けば、質感の表現など見事(撮影:森田富士郎)。
 私はかなり以前、中学か高校生の頃にテレビで観て結構おもしろい記憶があったので今になって観直してみたのだが、日本映画慣れした現在の目で観ても思っていた以上に丁寧な作りで完成度が高く、風格さえ感じさせる作品だったので感心した。特撮に興味のない時代劇映画ファンの人にも勧められる佳作だと思う。(2005/09/26)

新座頭市 破れ!唐人拳 しんざとういちやぶれとうじんけん
監督 安田公義
公開年 1971年
評点[A’]
感想
Amazon
新座頭市 破れ! 唐人剣
新座頭市
破れ! 唐人剣

 今日は、勝新主演の『新座頭市 破れ!唐人拳』を観た。監督は安田公義で、昭和四十六年(1971)の作品。

 今日も旅を続ける座頭市(勝新太郎)は、南部藩の献上物の行列を乱して追われる唐人の子・小栄(香川雅人)と片腕の武芸者・王剛(王羽ワン・ユー)を助けた。三人は一緒に逃げたが、言葉が通じないため、王剛は座頭市が裏切ったと思ってしまう。

 ブルース・リー以前のアジアのカンフー(クンフー)映画界(当時の用語では“カラテ映画”)のスターだった台湾出身の王羽(あるいはジミー・ウォング)がゲスト出演した珍しい作品。
 邦画ファンにはあまり知られていないようだが『座頭市』シリーズはアジア一帯で大人気だったそうで、王羽が多くの作品(『片腕ドラゴン』など)で演じた片腕の武芸者も座頭市の盲目にヒントを得て作られたキャラクターだそうだ。
 いつもの、子供連れの人情話と座頭市の盲目につけこもうとする敵との戦いに加えて、王羽の中国風拳法・剣術との戦いもあり、バラエティーに富んだ内容になっていて娯楽性が高い。観る前はまとまりのない作品になっていると思っていたが、巧みな脚本だ(脚本:山田隆之・安田公義)。“てんぷくトリオ”(三波伸介・伊東四朗・戸塚睦夫)まで出演させたのは悪ノリ気味だが。
 正直なところ他の作品ではあまりアクションに切れがない王羽も強そうに見えるし、もしかすると彼の出演作の中ではベストかも? 王羽の日本人の友人を演じた南原宏治も迫力ある。

 この作品、アジア各国では王羽勝利バージョンが作られて公開されたという。香港映画(とくにクンフー映画)ファンなら知っていることだが、王羽はスターであると同時に黒社会の大物であることが関係している……のカナ?(笑)(2004/07/29)

安田公義
掲示板 Return to監督別邦画備忘録Top pageHOME PAGE