Return to年代順邦画備忘録Top pageHOME PAGE
昭和三年(1928)
放浪三昧 ほうろうざんまい
監督 稲垣浩
公開年 1928年
評点[C]
感想  今日は、片岡千恵蔵主演の『放浪三昧』を観た。監督は稲垣浩で、昭和三年(1928)の作品。

 時は幕末、所は地方の小藩。自他共に認める剣の腕を持つ伊達主水(片岡千恵蔵)は幸せに暮らしていたが、予期せぬ事件によって一人息子(中村寿郎)と共に放浪の旅に出ることになる。

 千恵蔵プロダクション第2作目で、現存する片岡千恵蔵出演作の最も古いものの一つ。それだけに、千恵蔵が痩せていて大変若々しい。
 脚本は伊丹万作で意外な展開が数度あるが、ちょっと唐突で、観ていてすんなり飲み込みづらい。前半のユーモラスな雰囲気は割りと楽しめたのだけれども。フィルムに欠落があるわけでもないと思うが……。剣の道、恋愛、そして勤皇佐幕の対立などの要素を詰め込みすぎたのではないだろうか。また、せっかく後半は子連れ旅をする設定なのだから、前半のような牧歌的な雰囲気もあっても良かったと思った。(2003/12/09)

昭和三年(1928)
掲示板 Return to年代順邦画備忘録Top pageHOME PAGE