Return to年代順邦画備忘録Top pageHOME PAGE
昭和五年(1930)
ちょっと出ました三角野郎 ちょっとでましたさんかくやろう
監督 佐々木恒次郎(佐々木啓祐)
公開年 1930年
評点[B]
感想  今日は、佐々木恒次郎(佐々木啓祐)監督の『ちょっと出ました三角野郎』を観た。昭和五年(1930)の作品。

 とある田舎の山下村と海辺村は近々、八木節大会で雌雄を決しようとしていた。風来坊の太市(渡辺篤)は流れ着いた山下村で海辺村のスパイと間違えられる。たまたま逃げ込んだ先の海辺村で美しい娘(花岡菊子)のいる食堂に拾われ、ひょんなことから海辺村代表として八木節を唄うことになったが……。

 「ちょっと出ました三角野郎」という言葉は何かで聞いた記憶があったが、この作品が基だったのか。この題名は上州地方の八木節の「またも出ました三角野郎」をもじったものか。しかし、三角野郎って何なんだ。
 主人公がルンペン、しかも母親に背負われた子供が手に持っている食べ物を主人公が食べてしまうという冒頭の展開はもろにチャップリンのパクリで、いったいどうなることかと心配になったが、その後は洋画の無声コメディ映画の要素を日本の田舎の風景に溶け込むよう巧みに翻案している。『猿蟹合戦』にヒントを得たと思われるネタが面白い。
 スカパーの衛星劇場で放映された版は全くの無音で八木節の音楽を聞けないのは残念だが、45分弱の短さなので飽きることはない。ところどころで観られるサイレントならではの演出が楽しい。 (2006/10/15)

藤原義江のふるさと ふじわらよしえのふるさと
監督 溝口健二
公開年 1930年
評点[B]
感想  溝口健二監督の『藤原義江のふるさと』を観た。昭和五年(1930)の作品で、溝口初のトーキー作品。

 海外から帰朝した藤村義夫(藤原義江)は世に出る機会がなく腐っていたが、敏腕マネージャー服部(土井平太郎)とパトロンを買って出た金持ちの令嬢・大村夏枝(浜口富士子)の後押しによって一躍時代の寵児となる。やがて、藤村は糟糠の妻あや子(夏川静江)を忘れ放蕩にふけるようになってしまう。

 ミナ・トーキーという方式(音声をフィルムでなく録音盤に記録する方法だったらしい)を採用した日活最初のトーキー作品。といっても、トーキー部分とサイレント部分が混在するパート・トーキー作品。音質は聞くに堪えないほどではないが、もちろん良くはないし、出演者たちがはっきり発音しようと心がけているのが気になった。その中でも俳優としては経験の浅いはずの藤原義江がかえって普通の話し方に感じられたのが面白い。藤原義江のことについてはほとんど知らないのだが、歌手としての実力と同時に派手な女性関係と浪費でも知られていた人だそうで、このキャラをどんな気持ちで演じたのかと考えると面白い。
 初トーキーということで冒険しようという意図があったのかどうか、ダンスのシーンなどでは深作欣二監督もビックリ(?)の激しい動きの手持ちカメラ撮影があったりして驚かされた。また、後の作品と比べるとかなりアップが多い印象。
 ストーリーや人物の描き方は、かなり類型的な感があり、これが本気なのか意図的に戯画化して風刺しているのか、溝口作品で悩むところである。後者の面が強いと思うが……。ただし、主人公がパトロンを中心とした金持ち相手から“人民”相手の「我らのテナー」へと生まれかわる様子は、この頃の溝口の思想を素直に反映しているように感じられた。(2006/12/15)

落第はしたけれど らくだいはしたけれど
監督 小津安二郎
公開年 1930年
評点[A’]
感想
Amazon
小津安二郎 DVD-BOX 第四集
小津安二郎
DVD-BOX
第四集

 今日は、小津安二郎監督の『落第はしたけれど』を観た。昭和五年(1930)の作品。

 大学は卒業試験の真っ最中。ある学生(斎藤達雄)は悪友たちと一緒になんとか切り抜けようと大奮闘。しかし、カンニングをやらかそうとした結果は、天罰覿面(てきめん)で……

 小津監督のサイレント中期の一作。小津の戦前のトーキー作まで主演級でよく出演していた斎藤達雄が主演。若い頃のまだヒゲの無い顔も、ひょうきんないい味がある。
 この頃はまだローアングルにはこだわらず自由に撮っていて、自然な映像。サイレントのため俳優のジェスチュアというかパントマイム的な演技が多く、観ていて楽しい。主人公と悪友たちがたびたびチャールストン(?)のステップを踏むのには驚いた。また、小道具を使った細かいギャグも多い。学生たちのマドンナ的存在の喫茶店の店員として田中絹代が出演。若い頃は丸顔でとても可愛い。
 今回観たのはスカパーの衛星劇場で放映された“音声版”と称する、字幕にある台詞だけを俳優(この作品は佐野史郎と風吹ジュン)に淡々と読ませて音楽を加えたもので、全くのサイレントと弁士付きとの中間のようなものだが、かなり観やすかった。(2003/08/12)

右門捕物帖 六番手柄 仁念寺奇談 うもんとりものちょうろくばんてがらじんねんじきだん
監督 仁科熊彦
公開年 1930年
評点[A’]
感想  今日は、嵐寛寿郎主演の『右門捕物帖 六番手柄 仁念寺奇談』を観た。監督は仁科熊彦で、昭和五年(1930)の作品。

 将軍の日光参詣の道筋にあたる忍〔おし〕の城下で謎の辻斬り事件が続発しているため、江戸の同心むっつり右門こと近藤右門(嵐寛寿郎)はそこへ出張を命ぜられた。右門は“九の字”(鳴戸史郎)と称する首魁が浪人たちを率いて事件を起こしていることを嗅ぎつけたが、その裏にさらなる重大な陰謀が隠されていることを知る。

 佐々木味津三の推理時代小説の映画化。あの山中貞雄が脚本を担当している(補筆:重政順)。
 サイレント作だけあって、映像での語り方が見事。冒頭の“あば敬”ことあばたの敬四郎(尾上紋弥)の顔のグロテスクなアップで観客をつかみ、右門の文字通り黙ってむっつり考えているときと電光石火の殺陣の静と動の対比、右門の謎解きの過程、そして終盤の緊迫感あふれる“追っかけ”とゆっくり進む将軍の行列の切り返し等々。
 推理ものとしての謎解きのトリックは現代人が見れば途中ですぐわかってしまう程度のものだが、語り口の上手さと全体に漂うユーモアで魅せてくれる佳作。脚本の貢献もあるのかもしれないけれども、仁科熊彦はさすがに山中貞雄の師匠(の一人)というだけのことはあると思った。仁科監督の作品は何本くらい残されているのだろうか。
 右門とあば敬の他、右門の子分の岡っ引おしゃべり伝六は頭山桂之助、唯一の女性キャラでヒロインの櫛巻お由は原駒子。(2005/05/18)

昭和五年(1930)
掲示板 Return to年代順邦画備忘録Top pageHOME PAGE