Return to年代順邦画備忘録Top pageHOME PAGE
昭和二十二年(1942)

[1] [2]

飛び出したお嬢さん(飛び出したお孃さん) とびだしたおじょうさん
監督 渋谷実
公開年 1947年
評点[A’]
感想 今日は、渋谷実監督の『飛び出したお嬢さん』を観た。昭和二十二年(1947)の作品。

 ある日、下町でミルクホールを営むお由(飯田蝶子)のところに、かつて世話になった問屋の娘である時子(水戸光子)が家出して転がり込んできた。お由は隣の清吉(河村黎吉)に頼んで時子が親元に帰るよう説得してもらおうとするが、かえって清吉は言いくるめられてしまう始末。その後も清吉は時子の口車に乗って金儲けを企んでお由や幼なじみの正六(坂本武)に迷惑をかけ、娘とみ江(三浦光子)をあきれさせる。

 昭和二十二年の作品だが、水戸光子・三浦光子の二大女優に加えて河村黎吉や坂本武など松竹映画の常連が登場して、戦前以来の松竹作品の雰囲気がある(脚本:斎藤良輔・中山隆三)。
 しかし、顔ぶれは昔ながらの面々だが、清吉を始めとして皆かなり利己的でがめつく、それが戦後の作品であり渋谷監督の演出であることを感じさせる。特に清吉の図々しさは徹底していて、よくこの作品は三浦光子あるいは水戸光子主演作品と言われているが、実際は河村黎吉の堂々たる(?)主演作になっている。
 途中、清吉が事件を巻き起こしては失敗をやらかすというパターンが続いてちょっとダレて、そしてめでたしめでたしで終わると思いきや、意外な展開を見せるところが渋谷実監督らしいだろうか。主に下町の商家を舞台としている中で、砂浜で突然登場する水戸光子はハッとするほどカッコイイ。上原謙も登場するが、ただ色男なだけでほとんど何もしない(笑)。
 1時間12分ほどの中編だが、水戸光子の風変わりなキャラクターと主役の河村黎吉を観られる珍しい作品かもしれない。(2004/11/19)

素浪人罷通る すろうにんまかりとおる
監督 伊藤大輔
公開年 1947年
評点[A’]
感想
Amazon
阪東妻三郎傑作選 DVD-BOX
阪東妻三郎傑作選
DVD-BOX
王将
素浪人罷通る
伊賀の水月
無法松の一生
剣風練兵館
木曾の天狗
狐の呉れた赤ん坊
月の出の決闘
富士に立つ影
国定忠治

 今日は、阪東妻三郎主演の『素浪人罷通る』を観た。監督は伊藤大輔で、昭和二十二年(1947)の作品。

 時は八代将軍吉宗(守田勘弥)の頃。紀州の若い山伏・天一(片山明彦)は、将軍の落胤と称して江戸に向かった。やくざや浪人が天一を担ぎ上げる中、彼の思いを知った浪人・山内伊賀亮(阪東妻三郎)は父子対面のため命を賭ける。

 有名な天一坊事件を基にした作品だが、キャラクターはほとんどオリジナルに近い(脚本:八尋不二)。冒頭とラストに入った字幕には驚かされたが、進駐軍に対するエクスキューズだろうか。あまり気にしない方が良いかもしれない。あれにこだわらなくても、いち人間の悲劇を描いた作品として観ることができると思う。
 阪妻の超オーバーな演技や濃いメイクが所々気にはなったが、親しみを持てる庶民的な面と威厳とをあわせ持った存在感は素晴らしい。阪妻が寺子屋で授業しながら天一坊を助けることを決意するシーンやラストシーンでの無言の演技が良い。特に、天一坊を助けることを決意するシーンは、外から聞こえる音や寺子屋の子供達、そして阪妻とその妻(平井岐代子)といった様々な要素が組み合わさって阪妻の心の動きを表現していて、脚本と演出が非常に巧みだと感じた。
 天一坊は十代の若者という設定だから仕方ないのかもしれないが、もう少し存在感が欲しかった。それに、演技も未熟に感じた。(2003/09/16)

女優 じょゆう
監督 衣笠貞之助
公開年 1947年
評点[B]
感想  今日は、山田五十鈴主演の『女優』を観た。監督は衣笠貞之助で昭和二十二年(1959)の作品。

 日本で近代演劇を上演するため、芸術協会を設立した島村抱月(土方与志)。そこへ女優志願の松井須磨子(山田五十鈴)がやって来る。教養は無いものの魅力あふれる彼女に引かれる抱月。彼女との関係が問題になり独立して芸術座を旗揚げするが、奔放な須磨子を当時の人間は理解できない。

 同年に溝口健二監督の『女優須磨子の恋』が作られ、競作として話題となった。私は溝口ファンだが、この衣笠貞之助作品の方が、周囲との葛藤などを通して松井須磨子の姿をよく描き出されているように感じた。映像的にもこちらの方が工夫されている印象がある。純日本的な顔立ちの山田五十鈴が新劇女優を演ずるのは、ちょっとイメージが違うような気がしたが、さすがに上手いし若い頃の彼女は魅力的。
 ただし、『女優須磨子の恋』よりも島村抱月の死後の部分が長いので、ちょっと重くなった感じ。それと、島村抱月は『女優須磨子の恋』の山村聡の方が存在感があった。(2001/12/23)

[1] [2]

昭和二十二年(1942)
掲示板 Return to年代順邦画備忘録Top pageHOME PAGE