Return to年代順邦画備忘録Top pageHOME PAGE
昭和二十七年(1952)

[1] [2]

滝の白糸(瀧の白糸) たきのしらいと
監督 野淵昶
公開年 1952年
評点[B]
感想  今日は、京マチ子主演の『滝の白糸』を観た。監督は野淵昶で、昭和二十七年(1952)の作品。

 美貌で人気の水芸師・滝の白糸(京マチ子)は、金沢興行の際にふとしたことで知り合った貧しい青年・村越欣彌(森雅之)に惹かれ、大学の法学部を卒業するまで仕送りしてやることを約束した。人気者とはいっても浮草稼業、仕送りは楽ではなく、白糸は無理に無理を重ね……。

 溝口健二監督/入江たか子主演のサイレント版が伝説的な、泉鏡花の原作による作品(脚本:依田義賢)。『滝の白糸』は計5回も映画化されているらしい(溝口版が最初で、野淵版は三度目)。
 この監督の名を聞くのは初めてで、観る前は正直どんなもんかなと思ったが、脚本:依田義賢/撮影:宮川一夫/照明:岡本健一と当時の大映の一流スタッフが揃い、キャストも京マチ子と森雅之の他、脇には浪花千栄子・進藤英太郎・殿山泰司など実力ある俳優が揃い、充実した画面と安定した演技を楽しむことができた。
 戦後の大映作品にしては少々画質が劣化しているが、撮影は美しく、脇役の中でも特に浪花千栄子と進藤英太郎はいつもながら上手い。浪花千栄子は敵に回すと恐ろしいが味方につけると頼もしい(笑)。

 しかし、ラスト近くの急展開には驚愕。ネタバレになるので書けないが、あれは会社側の意向なのだろうか……。泉鏡花の世界ではなくなってしまったと思う。存命中だった溝口もよく許したなぁ。まぁ、もしも永田雅一が求めたのだとしたら、溝口も認めざるを得なかっただろう。(2004/06/01)

東京のえくぼ とうきょうのえくぼ
監督 松林宗恵
公開年 1952年
評点[A’]
感想  今日は、松林宗恵監督の『東京のえくぼ』を観た。昭和二十七年(1952)の作品。

 豆腐屋の娘の河上伸子(丹阿弥谷津子)はバスでスリの被害を訴え、警察が容疑者を逮捕したが、それは自分が就職した会社の社長・紀之国屋文太郎(上原謙)だった。社長秘書になった伸子は、文太郎が飾り物の社長の座にうんざりしていることを知ると、彼を外に連れ出す。

 娯楽映画を大量に作った松林監督の第一回作品(脚本:小国英雄)。ただし、この前に青柳信雄との共同監督作品が一本あったらしい。
 初作品ではあるが、技巧的な演出を存分に使っていて、さすがのちの娯楽映画の巨匠の片鱗を覗かせていると思う。松林監督はこの作品でフランク・キャプラなどのアメリカ映画を意識したと何かに書いてあったのをチラッと読んだことがあるが、確かに日本的人情噺というよりヒューマン・コメディという雰囲気が強い。
 しかし、上手いし良い話なのだけれども、バタ臭さが目につく感もあり、“ちょっといい話”が続いて食傷するところもある。伸子とその両親(柳家金語楼・清川虹子)や専務を演じた古川ロッパなどの演技もいささかくどいところがあるので、さすがに初作品で監督が力みすぎたのかな、という気がする。それでも、邦画にはちょっと珍しい雰囲気のウェルメイドな一作と言えるとは思う。
 “特別出演”で高峰秀子が冒頭と末尾に登場する(相方は小林桂樹)。(2005/06/10)

丹下左膳 たんげさぜん
監督 松田定次
公開年 1952年
評点[A’]
感想
Amazon<
丹下左膳
丹下左膳

 今日は、阪東妻三郎主演の『丹下左膳』を観た。監督は松田定次で、昭和二十七年(1939)
の作品。

 将軍(夏川大二郎)に日光東照宮改築工事を命ぜられた柳生家は、あわてて百万両のありかを隠しているという家宝“こけ猿の壺”を探したが、既に藩主の弟・源三郎(高田浩吉)に婿入りの引き出物として持たせたあとだった。江戸では、将軍の側近・愚楽老人(菅井一郎)の手下と源三郎が婿入りする道場を乗っ取ろうとする峰丹波(大友柳太朗)一味、そして長屋に住む丹下左膳(阪東妻三郎)たちが三つ巴の争奪戦を始める。

 おなじみ丹下左膳の話だが、珍しく阪東妻三郎が演じた作品(脚本:菊島隆三・成沢昌茂)。冒頭の字幕スーパーと音楽によって、この作品が山中貞雄監督の『百万両の壺』流のコメディ路線であることがわかる。
 最初は展開のテンポが今ひとつで音楽もちょっとわざとらしすぎるように聞こえたが(音楽:深井史郎)、そのうち噛み合ってきてリズムが出てくる。櫛巻お藤は淡島千景で色っぽい和服姿がはまり役。ちょび安は、かつら五郎という子役だが、歌が実に上手く演技もまずまず。阪東妻三郎の丹下左膳には大河内伝次郎とは異なり全く“化物”的雰囲気はないが、この作品には合っているかもしれない。
 壺の争奪戦はテンポが良く、菅井一郎が意外な笑いをとる場面もあり、敵役の大友柳太朗さえ大真面目さが笑いを誘ってしまうような雰囲気があり、時代劇ファンはかなり楽しめる意外な佳作。あの『百万両の壺』は別格になるが。
 阪東妻三郎が最晩年のためか左手一本の殺陣は不慣れなためか、立ち回りに全く精彩を欠いていたのが残念。(2004/06/27)

現代人 げんだいじん
監督 渋谷実
公開年 1952年
評点[A]
感想  今日は、渋谷実監督の『現代人』を観た。昭和二十七年(1952)の作品。

 “国土省建設局管理課”の萩野課長(山村聡)は病気の妻の療養費と愛人・品子(山田五十鈴)への手当てのため、岩光土木工業の社長(多々良純)と癒着していた。同じことをしていた部下が左遷されたのを期に、萩野は一人娘・泉(小林トシ子)の事を考え身辺を整理しようとしたが、岩光は新たに荻野の部下になった小田切(池部良)に食いつく。

 東宝専属だった池部良が松竹へ招かれて撮った作品。五社協定(六社協定)の厳しい当時、東宝は快諾せず彼は相当な覚悟で出向いていったらしい。
 汚職する官吏・その愛人・汚職相手・汚れた官僚社会に巻き込まれていく若者……と、人物設定は官僚ではない一般市民が想像するステロタイプ通りであるが、一人々々のキャラクターは複雑な性格を持っていて類型的ではないのでリアリティを感じさせる。脚本(脚本:猪俣勝人/潤色:斎藤良輔)のためでもあろうし、社会風刺的でありながらユーモアの色も忘れない渋谷監督の演出の腕もあるだろう。
 登場人物の中でも特に銀座のマダム品子は出色で、山田五十鈴の実力を感じさせられる。池部良も良く、彼のベストアクトの一つに入るのではないだろうか。山村聡が小心者を演じているのも面白い。『自由学校』もそうだが、渋谷監督はキャスティングが上手いと思った。
 映像は奇を衒ったものはないが、人物の心理的な上下関係を物理的位置関係で表現した構図が時折あって印象に残った(撮影:長岡博之)。
 社会風刺と娯楽性を両立した渋谷監督の良作の一つだと思う。(2004/12/7)

お茶漬の味 おちゃづけのあじ
監督 小津安二郎
公開年 1952年
評点[B]
感想
Amazon
お茶漬の味
お茶漬の味
Amazon
小津安二郎 DVD-BOX 第二集
小津安二郎
DVD-BOX
第二集

 今日は、小津安二郎監督の『お茶漬の味』を観た。昭和二十七年(1952)の作品。

 庶民階級出身の男(佐分利信)と資産家のお嬢様(木暮実千代)の夫婦間の、すれ違いと和解の物語。私は未見だが、戦前の『淑女は何を忘れたか』の流れに連なる作品かな。夫婦ものとしては『早春』もこのカテゴリに入るか。
 この作品の初稿は戦前に書かれていたが検閲に引っかかり、戦後になって大幅に改稿して製作された。よく指摘されているように登場人物が、夫の出征を控えた若夫婦から、倦怠期の中年夫婦になってしまったので、ちょっと妻の嫌味なところが鼻につくかな。最後に救いはあるにしても。最後、一見ダラダラした描写のようだったが、それが徐々に効果的に見えてきた。それが職人技だろうか。でも少々長いけど(笑)。
 鶴田浩二が出演している。当時二枚目としてトップクラスの人気だった彼も、ロケに遅刻した際、さすがに“巨匠”の小津には怒鳴られて、あとで口惜しがったとか。笠智衆は、のちの作品からすると意外な役。(2000/10/08)

武蔵と小次郎(武藏と小次郎) むさしとこじろう
監督 マキノ雅弘
公開年 1952年
評点[C]
感想  今日は、マキノ雅弘監督の『武蔵と小次郎』を観た。昭和二十七年(1952)の作品。

 佐々木小次郎(島田正吾)は小倉藩の剣術指南役として招かれたが、宮本武蔵(辰巳柳太郎)と試合をして勝つのが条件だった。その武蔵は、彼を親の仇と狙う娘・篠(桂木洋子)と共に旅しながら京の吉岡一門と戦っていた。そして、ついに巌流島の決闘の日を迎える。

 吉川英治の原作ではないオリジナルのストーリー(脚本:八木隆一郎・鈴木兵吾)を新国劇総出演で映画化。
 戦後になって、戦前〜戦中の日本社会の雰囲気を反映している吉川武蔵とは全く異なるものを作り出そうとしたのだろうか。しかしながら今観ると、いつも女のことばかり考えているとしか見えない武蔵と小次郎に驚かされる。
 小次郎は八雲太夫(淡島千景)というキャラに「好きと言うてみい」とか言っちゃってるし、武蔵は武蔵で篠と野原で追っかけっこしてラブコメしちゃってるし。なにが「いやいや」だよ(笑)。色恋沙汰中心ではどうにも妙に見えるので、新機軸を打ち出したかったのなら小次郎と武蔵の出世欲・名誉欲に焦点を合わせた方が良かったのではないだろうか。
 ただし、さすがに新国劇だけあって中盤の一乗寺決闘と終盤の巌流島決闘の殺陣はオリジナリティと迫力を感じさせてくれて、なかなか良かった。(2005/05/22)

風前の灯 ふうぜんのともしび
監督 木下恵介
公開年 1952年
評点[D]
感想
Amazon
木下惠介 DVD-BOX 第4集
木下惠介 DVD-BOX 4
喜びも悲しみも幾歳月
風前の灯
この天の虹
風花
惜春鳥
今日もまたかくてありなん
春の夢

 今日は、木下恵介監督の『風前の灯』を観た。昭和三十二年(1957)の作品。

 郊外の畑の中に建つ一軒家に押し入ってやろうと狙う不良たち。しかし、その家は人の出入りが激しくてなかなか近づけない。その家は、老婆(田村秋子)と養子夫婦(佐田啓二&高峰秀子)が住んでいて、老婆が強欲ならば、息子夫婦は遺産を狙っていた。そこに様々な訪問者が顔を出す。

 木下監督による、佐田&高峰コンビの一連の作品の一つ。登場人物が、そろって性格が悪いので、観ていて腹が立ってくる(誇張ではない)。コメディ作品とされていて、それなりの評価も受けているらしいが、公開当時の観客は楽しめたのだろうか。木下監督の底意地の悪さが出ているような(脚本も木下恵介)。
 つまるところ人間とは嫌なものだ、ということを描いているのだろうが、そんなことは監督に教えてもらわなくても承知している。その嫌なところを笑い飛ばしてしまえ、という意図なのかもしれないけれども、皮肉ばかりでユーモアが感じられないので、私は笑えなかった。(2002/04/07)

次郎長三国志 第一部 次郎長売出す じろちょうさんごくしだいいちぶじろちょううりだす
監督 マキノ雅弘
公開年 1952年
評点[B]
感想  今日は、マキノ雅弘監督の『次郎長三国志 第一部 次郎長売出す』を観た。昭和二十七年(1952)の作品。

 清水港の米屋の息子の長五郎(小堀明男)は、堅気のくせに博打好きで酔うと喧嘩好きにもなってしまい、喧嘩で人を殺したと誤解して出奔し、清水の次郎長と名乗って渡世人の道に入った。清水に舞い戻った彼のもとには、桶屋の鬼吉(田崎潤)・関東綱五郎(森健二)・大政(河津清三郎)・法院大五郎(田中春男)といった子分たちが集まってくる。

 村上元三の小説を映画化したという(脚本:村上元三・松浦健郎)、マキノ監督の『次郎長三国志』シリーズ第1作。副題の通り、物語の冒頭という感じで、子分たちが集まってくる過程を描いている。まだこれ一作を観ただけでは少々物足りない。
 でも、元ネタの講談や小説からしてそうなのだが、次郎長本人よりも子分の方が個性豊かでキャラが立っていて、特にコミカルな桶屋の鬼吉や関東綱五郎を撮るテンポの良さは、さすがにマキノ雅弘だ。また、元は武士の大政が妻と二人きりで語り合うシーンも良い。(2002/10/05)

[1] [2]

昭和二十七年(1952)
掲示板 Return to年代順邦画備忘録Top pageHOME PAGE