Return to年代順邦画備忘録Top pageHOME PAGE
昭和三十年(1955)

[1] [2]

月は上りぬ つきはのぼりぬ
監督 田中絹代
公開年 1955年
評点[B]
感想  今日は、田中絹代監督(主演にあらず!)の『月は上りぬ』を観た。昭和三十年(1955)の作品。

 奈良に住む浅井茂吉(笠智衆)には三人の娘がいて、次女の綾子(杉葉子)は親戚のオバサンが強引に縁談を進めるので困惑していた。それを見た三女の節子(北原三枝)と知り合いの安井昌二(安井昌二)は、安井の友人で東京から出張で奈良から来た雨宮渉(三島耕)と綾子をくっつけようとする。

 女優の田中絹代が監督、珍しい女流監督(ただし日本初ではない)で、しかも日本映画監督協会が企画して新生日活で作られたというので話題となった作品。
 しかし、日活作品ではあるが、脚本は斎藤良輔と小津安二郎、音楽は斉藤高順なので、まさに“松竹大船調”の雰囲気。今の目で観るとテンポが遅く感じ、正直、ストーリーや演出に傑出したものは無いが、全体として丁寧に作られた作品とという印象を受ける。また、新人に近いはずの北原三枝が映画俳優らしく演技できているのには少々驚いた。本人の才能もあるだろうが、田中絹代監督の演技指導のおかげでもあるだろうか。
 ただし、ここに描かれている理想の女性像は、やはり古いかも。それと、娘たちが女中を「米(よね)や」とか「文(ふみ)や」と呼びつけて用事いいつけるのにはちょっと驚いた。昔の資産家の家では皆そうだったのだろうか。
 田中絹代自身も出演しているが、女中の“米や”役でホントにチョイ役。しかし、米やと節子のカラミのシーンは笑える。新人の北原三枝が大女優の田中絹代に向かって……脚本の小津安二郎の遊びだろうか。(2003/01/07)

駕で行くのは かごでいくのは
監督 天野信
公開年 1955年
評点[C]
感想  今日は、勝新太郎主演の『駕で行くのは』を観た。監督は天野信で、昭和三十年(1955)の作品。

 長屋の住人・彦兵衛(葛木香一)が越前屋(玉置一恵)殺しの罪でしょっぴかれた。彦兵衛の娘お千代(小町瑠美子)と恋仲の三次(勝新太郎)や長屋の住人たちは彦兵衛の無実を信じて奉行所に訴えるが、相手にされない。実は、長屋の住人である駕籠屋の権三(田端義夫)と助十(渡辺篤)は真犯人を目撃していたのだが、口をつぐんでいた。

 映画でもたびたび採りあげられる“権三と助十”ものの一作(脚本:御荘金吾)で、勝新太郎のデビュー翌年、出演第4作目の作品。
 ただし勝新が主演の扱いだが、権三と助十の物語にむりやり主人公をくっつけたような感じになっていて、主題歌を始めとして作中でたびたび唄う田端義夫と渡辺篤の方が目立ち、主人公の影が薄くなってしまっている。駕籠に“空かご”と表示するなど現代社会のパロディがあったりドタバタのギャグも多いが、空回り気味。脚本・演出共に今ひとつの感がある。田中徳三監督あたりなら同じ題材をもっと上手く料理できたかも?(2005/03/10)

浮雲 うきぐも
監督 成瀬巳喜男
公開年 1955年
評点[A]
感想
Amazon
成瀬巳喜男 THE MASTERWORKS 1
成瀬巳喜男
THE MASTERWORKS 1
『めし』
『浮雲』
『娘・妻・母』
『乱れる』
『女の中にいる他人』
「愛蔵写真集」

Amazon
浮雲
浮雲

 成瀬巳喜男監督の『浮雲』を観た。昭和三十年(1955)の作品。

 戦時中、仏印(仏領インドシナ=現在のベトナム)で知り合って深い仲になった富岡兼吉(森雅之)と幸田ゆき子(高峰秀子)。戦後の激動が彼らを襲い、富岡の周りには女の姿が絶えないが、二人は別れることができず、共に流れていく。

 成瀬監督の最高傑作とされている作品。同年の『キネマ旬報』ベストテン第一位で、小津安二郎監督も、『浮雲』を溝口健二の『祇園の姉妹』と並ぶ邦画の傑作として認めていたという。
 高峰秀子と森雅之、二人の主演俳優が素晴らしい。現状が良いとは思っていないが腐れ縁で離れることのできない男と女の、けだるい雰囲気を上手く出している。実際、終戦直後の人間のやつれた感じを出すために、撮影中は極端な食事制限をおこなっていたそうだが(笑)。映像も、奇をてらったところは無いが、モノクロ画像の安定した美しさがある。登場人物の視線に意味をもたせた演出が面白い。ストーリー(原作:林芙美子/脚本:水木洋子)も、主人公二人の関係を中心として、各々にからむ男女が巧みに散りばめられている。
 ただ、今から観ると、かなり重い感じがするかもしれない。これは私の嗜好のせいでもあるが、通しで観ると少々へヴィだった。「成瀬巳喜男初心者には向かない」という意味の意見をどこかで見かけたことがあるが、一理あるかも。(2001/07/01)

血槍富士 ちやりふじ
監督 内田吐夢
公開年 1955年
評点[A]
感想  今日は、内田吐夢監督の『血槍富士』を観た。昭和三十年(1955)の作品。主演はジャン・クロード・チヤリ、じゃなかった、片岡千恵蔵御大。

 若侍(島田照夫 )の槍持ちとして旅を続ける権八(片岡千恵蔵)。旅の途中では侍に憧れる子供から盗賊に至るまで、様々な出会いがある。主人の若侍は好人物だが、酒乱癖があるのが玉に瑕。ある日、酒場で争いを起こして五人の侍に取り囲まれ…。

 旅ののどかな光景と終盤近くの殺陣が見事に対称をなす。身売り娘が出てきたり、若侍が身分制度に疑問を呈したりして、封建制度批判のメッセージ性が少々強いが、下郎を演じた片岡千恵蔵には殿様役とは違った味があるし、自己流で槍を振るった迫力ある立ち回りが凄い。(2000/8/14)

愛のお荷物 あいのおにもつ
監督 川島雄三
公開年 1955年
評点[A]
感想
Amazon
愛のお荷物
愛のお荷物

 今日は、川島雄三監督の『愛のお荷物』を観た。昭和三十年(1955)の作品。

 厚生大臣・新木錠三郎(山村聡)は、国会で戦後の人口急増の対策を野党議員(菅井きん)に追求されたものの、巧みな弁舌で一蹴する。しかし、彼が帰宅すると、四十過ぎの夫人(轟夕起子)から妊娠を告げられ、さらに息子(三橋達也)が自分の秘書(北原三枝)とデキていて、彼女が妊娠してしまったことを知らされる。

 川島監督の、日活での第一作。出生率の低下と高齢化社会が問題になっている今観ると隔世の感だが、人口増加はベビーブーム直後の当時としては深刻な社会問題だったのだろう(脚本:柳沢類寿・川島雄三)。
 妊娠がテーマだが、ちょっぴり艶笑風味という感じで下品にならず、各出演者もテンポよく動き回っているがドタバタギャグにもならず、川島監督の上手さを感じさせられる作品。川島監督と三橋達也両人の日活第一作のためか、あまりシニカルにもなっていないのはかえって意外。
 山村聡も轟夕起子も、喜劇的な役が意外と上手い。三橋達也も彼にしては珍しい三枚目の役だが、結構良い。北原三枝は、自他ともに美人であることを認めているという感じのいつもの雰囲気だが、役に合っているかも。
 新木錠三郎の父として東野英治郎、錠三郎の三女の婚約者としてフランキー堺、薬種問屋をしている新木家の番頭として殿山泰司、錠三郎のかつての愛人として山田五十鈴、さらに元“突貫小僧”の青木富夫まで出演していて、今からすると非常に豪華なキャスティング。(2003/05/11)

楊貴妃 ようきひ
監督 溝口健二
公開年 1955年
評点[B]
感想
Amazon
溝口健二 大映作品集Vol.2 1954-1956
溝口健二
大映作品集Vol.2
『近松物語』
『楊貴妃』
『新・平家物語』
『赤線地帯』
「時代を越える溝口健二」
(NHKドキュメンタリー長尺版)

 溝口健二監督の『楊貴妃』(1955年)を観る。確かに傑作とまでは行かない。しかし、言われているほど駄作にも見えないので、凡打ってところだろうか。和製中国映画としては、昔映画館で観た『敦煌』よりは上出来だと思う。役者が違うしね。でも、京マチ子の楊貴妃はイイとして、森雅之の玄宗皇帝が楽器を弾くと、まんま芸術家にしか見えない(笑)。
 これ、外国人から観ると傑作らしい。『雨月物語』と共に溝口健二の代表作に挙げられたりして。西洋人には日本と中国の区別なんてつかないか(笑)。我々にとってのハリウッド製ヨーロッパ史劇みたいなもんだろう。(2000/02/07)

男ありて おとこありて
監督 丸山誠治
公開年 1955年
評点[A’]
感想  今日は、志村喬主演の『男ありて』を観た。監督は丸山誠治で、昭和三十年(1955)の作品。

 “東京スパローズ”監督の島村達郎(志村喬)は野球一筋の男で、妻(夏川静江)も年頃の娘(岡田茉莉子)も幼い息子(伊東隆)のことも顧みなかった。ある日、新たに入団した投手・大西(藤木悠)を自宅に下宿させるが、屈託ない彼のために達郎と家族との関係がこじれてしまう。

 野球には疎いのでよくわからないのだが、モデルがいるのだろうか(脚本:菊島隆三)。家庭が舞台の場面が多く、序盤から中盤まではホームドラマ的な展開でちょっとスローテンポ。中盤までは主人公があまりにもわがままに見えてしまって気分の良くないところもあったが、単純なキャラクターではなく、終盤に急報を聞いてからの反応もちょっと観客の意表をつくがリアル。仕事命で、いかにも明治生まれの男らしく頑固だが、もろいところもある人物造形が面白く、志村喬がよく演じていた。
 成瀬巳喜男作品を多く撮っている玉井正夫の撮影は、単調にもならず日本家屋を巧みに捉えている。この作品では脇に回った三船敏郎が監督を助けるベテランの選手兼コーチを演じていて、壮年男の思慮深さや頼もしさを表現していてかなり良かったのが意外だった。大声を出さない役でも良いんだな。ピッチャーの大西はちょっとひ弱かな?(2004/08/22)

水戸黄門漫遊記 第五話 火牛坂の悪鬼 みとこうもんまんゆうきだいごわかぎゅうざかのあっき
監督 伊賀山正徳
公開年 1955年
評点[B]
感想  今日は、月形龍之介主演の『水戸黄門漫遊記 第五話 火牛坂の悪鬼』を観た。監督は伊賀山正徳で、昭和三十年(1955)の作品。

 水戸黄門(月形龍之介)と助さん(三条雅也)格さん(加賀邦男)そして緋牡丹お蝶(千原しのぶ)の一行は、越前の福井城下で鬼面組なる強盗の一味を捕らえたが、首領を逃してしまった。一行が加賀の金沢城下に至ると、その時姫と名乗る女首領(浦里はるみ)は豊臣の残党を率い、さらなる大事件を起こしたことを知る。

 月形龍之介が水戸黄門を演じた一本。これは“第五話”とあるように連続して企画されたシリーズの一本らしい。尺の長さも一時間半に満たない。
 作品の山である事件が二つあって娯楽性を高めようとしているようだが(脚本:尾崎十三雄・浪江浩)、同じ月形の黄門ものでも後年のカラー作品に比べるとスケールが小さい感じでプログラムピクチャー的な雰囲気がある。
 加賀踊りの群舞や子役の松島トモ子の歌を入れたり、時には水戸黄門を危機に陥らせたりしてサービス精神たっぷりの展開になっているけれども、少々まとまりに欠けるのが安っぽい雰囲気を与えてしまうのだろうか。夜間のシーンでカットが切り替わるごとに明るさが変わっていたりしたのも安手な感じがした。
 ただし、上記のように見せ場が多く展開のテンポは速いので、傑作とか佳作と言えるかどうかは別として娯楽作品として観ることはできると思う。のちのTBSテレビ版と違って黄門サマが割りと自身の権威を利用して事件を解決するのも面白い。(2005/01/18)

あした来る人 あしたくるひと
監督 川島雄三
公開年 1955年
評点[C]
感想
Amazon
あした来る人
あした来る人

 今日は、川島雄三監督の『あした来る人』を観た。昭和三十年(1955)の作品。

 大阪の大実業家・梶大助(山村聰)は、洋品店を持たせて世話している女・山名杏子(新珠三千代)がいるが、仕事のことで忙しく彼女と深い付き合いをしているわけではない。そんな関係を物足りなく思い始めた杏子、そして梶の一人娘で夫(三橋達也)との結婚生活がうまくいっていない八千代(月丘夢路)は、各々偶然の出会いによって変わりはじめる。

 井上靖の原作の映画化(脚本:菊島隆三)。実に手堅い“文芸映画”という感じで、複雑な人間関係を巧みに映像化している川島監督の手腕はさすがだは思うが、川島監督らしい機知や皮肉、映像的な工夫はほとんど見られなかった。カジカ研究家を演じた三國連太郎だけは面白かったが。
 2時間弱だが、少々長めに感じられる作品だった。(2002/10/20)

たそがれ酒場 たそがれさかば
監督 内田吐夢
公開年 1955年
評点[A]
感想  今日は、内田吐夢監督の『たそがれ酒場』を観た。昭和三十年(1955)の作品。

 専属の歌い手・丸山健一(宮原卓也)の歌声やレコード、時には客の歌も聞こえ歌声の絶えない庶民の憩いの場“たそがれ酒場”。そこに集う元軍人・ヤクザ・学生・声楽家などの客と従業員が繰り広げる様々なドラマを、常連の“先生”こと老画伯・梅田(小杉勇)の視点から描く。

 舞台が酒場の中だけに限られ作中の経過時間も半日ほどだが、多彩な登場人物が演ずる様々なエピソードが休みなく展開して全く飽きない。内田吐夢監督の演出力もあるだろうが、脚本にも脱帽ものだ(脚本:灘千造)。
 学生の会話や表を通るデモ隊の歌声に反発する元軍人(東野英治郎&加東大介)や政治談義をする学生など類型的なキャラクターもあるが、登場人物は全体として活き活きとしている。その中でも狂言回し的な役柄でありながらストーリーにもしっかりからむ梅田を演じた小杉勇の老け演技が素晴らしい。小杉勇の他にも、江川宇禮雄や高田稔といった戦前からの俳優が出演。(2004/02/21)

[1] [2]

昭和三十年(1955)
掲示板 Return to年代順邦画備忘録Top pageHOME PAGE