Return to年代順邦画備忘録Top pageHOME PAGE
昭和三十一年(1956)

[1] [2] [3] [4]

あなた買います あなたかいます
監督 小林正樹
公開年 1956年
評点[C]
感想  今日は、小林正樹監督の『あなた買います』を観た。昭和三十一年(1956)の作品。

 プロ野球の東洋フラワーズのスカウト岸本(佐田啓二)は、大学リーグで大活躍中の栗田五郎(大木実)の獲得を目指して動き出した。栗田には野球の恩師だという謎の男・球気一平(伊藤雄之助)がまとわりついていて、岸本は他チームのスカウトたちではなく球気が当面の敵だと思ったが……。

 社会派的作品で知られる小林監督がこれまた社会派的作品の多い松山善三の脚本(松山善三は脚本家としては娯楽作品も多いが)を映画化(原作:小野稔)。
 野球には疎いのでよくわからないが、長嶋茂雄のプロ入りより数年前のこの頃には既に野球選手の多額の契約金や年俸が話題になっていたのだろうか、いわゆるストーブ・リーグでの各球団やマスコミの狂奔を風刺した作品になっている。
 しかし、小林監督と松本善三の生真面目さのためか風刺といってもキャラクターの戯画化が中途半端で、風刺喜劇なのか社会派作品なのか中途半端な感がある。伊藤雄之助を始めとして多々良純や山茶花究などの個性俳優たちを今ひとつ活かしきれていないと思う。監督が彼らに芝居を持っていかれるのを抑えようとしたのかもしれないが。
 またテーマ自体が、江川問題などを経験した現代人にとっては今さらという感じがぬぐい切れない。五十年前なら新鮮だったのだろうが、時の経過によって生命力が薄れてしまった作品の一つかもしれない。当時は意外であったろうオチも、今観るとなんとなく途中で読めてしまうし。
 撮影は小津作品で有名な厚田雄春で、この作品ではごくオーソドックスな撮り方をしている。(2006/02/19)

[1] [2] [3] [4]

昭和三十一年(1956)
掲示板 Return to年代順邦画備忘録Top pageHOME PAGE