Return to年代順邦画備忘録Top pageHOME PAGE
昭和三十三年(1958)

[1] [2] [3]

人生劇場 青春篇 じんせいげきじょうせいしゅんへん
監督 杉江敏男
公開年 1958年
評点[B]
感想  今日は、杉江敏男監督の『人生劇場 青春篇』を観た。昭和三十三年(1958)の作品。

 三州吉良の横須賀村の旦那衆・青成瓢太郎(志村喬)は一人息子の瓢吉(大沢幸治)を厳しく育てていた。父が病み家が没落していく中、中学を卒業した瓢吉(池部良)は早稲田大学へ進学し、青春の第一歩を踏み出す。

 十数回映画化されているという尾崎士郎原作『人生劇場』の一本(構成:八住利雄/脚本:椎名文)。
 原作の『青春篇』にかなり忠実だが、それだけにダイジェスト版的な感は否めない。もちっと瓢吉と吉良常(森重久弥)に焦点を合わせると良かったと思う。映像も、カラー初期でまだ制約があったのかもしれないが、傑出したものはない(撮影:完倉泰一)。私の中で最初に観た加藤泰版の印象が強すぎるのかもしれないけれども。
 池部良の瓢吉は、最初に登場したときの中学生姿はさすがに無理があったが、早大生になってからは柄に合っていたと思う。森繁の吉良常は、原作の吉良常は割りと情けないところがあったりするので合っているかもしれないが、ちょっと“侠客”という感じはしないかな?(2006/05/01)

弁天小僧 べんてんこぞう
監督 伊藤大輔
公開年 1958年
評点[B]
感想
Amazon
弁天小僧
弁天小僧

 今日は、伊藤大輔監督の『弁天小僧』を観た。昭和三十三年(1958)の作品。

 ある時、弁天小僧菊之助(市川雷蔵)は、悪旗本の鯉沼伊織(河津清三郎)らを出し抜いて、大名家の隠居からお半(青山京子)という女と金をゆすりとる。そして、町奉行・遠山金四郎(勝新太郎)の捜査の手が間近に迫っているのを悟った弁天小僧と仲間たちは、高飛び前の最後の大仕事として大商人の浜松屋に狙いを定めたのだが……。

 元ネタは歌舞伎から採った作品(脚本:八尋不二)。90分に満たない短めの上映時間に合わせて上手くダイジェストしてあるという感じで、終盤までは意外と淡々とした展開という印象。劇中劇で雷蔵などが歌舞伎調の演技をするのが面白かった。ラスト近くの捕物シーンでは、御用提灯の群の描写が伊藤大輔監督らしく盛り上がる。(2003/01/21)

隠し砦の三悪人 かくしとりでのさんあくにん
監督 黒澤明
公開年 1958年
評点[A]
感想
Amazon
隠し砦の三悪人
隠し砦の三悪人
Amazon
黒澤明
黒澤明 :
DVD BOXSET 3

 今日は、黒澤明監督の『隠し砦の三悪人』を観た。昭和三十三年(1958)の作品。

 百姓の太平(千秋実)と又七(藤原釜足)は一旗揚げようと雑兵になったが、負け戦でさんざんな目にあって逃げ出した。隣国の山名家に滅ぼされた秋月家の侍大将・真壁六郎太(三船敏郎)は強欲な二人を利用して、密かに秋月家再興のための金を持ち出し跡継ぎの雪姫(上原美佐)を逃がそうとする。

 『スターウォーズ』にヒントを与えたことでも知られる作品。そういえば、テーマ曲も『スターウォーズ』のメインテーマに似ているような気もする。
 千秋実と藤原釜足のコミカルなやりとり、三船敏郎のアクション、上原美佐の美しさ、全てキャラが立っていて面白い。特に、三船が馬を駆って騎馬武者を追いかけて切り捨てるシーンの迫力 が凄い。
 上原美佐は素人だったそうだ。台詞回しが凄い(別の意味で)ので、脱出行の最中は口のきけない娘ということにされていたのは、ちょうど良かったかも(笑)。話せないことを意味する俗語が連発されているため、地上波放映は絶対に無理だろう。(2001/04/23)

紅の翼 くれないのつばさ
監督 中平康
公開年 1958年
評点[A’]
感想
Amazon
紅の翼
紅の翼

 今日は、石原裕次郎主演の『紅の翼』を観た。監督は中平康で、昭和三十三年(1958)の作品。

 日本遊覧航空の石田(石原裕次郎)は、破傷風にかかった子供のため八丈島へ血清を運ぶセスナ機を操縦する。特ダネねらいで強引に同乗した女性記者(中原早苗)とセスナをチャーターした男(二谷英明)が乗客となったが、男は逃亡中の殺し屋だったことがわかってしまう。

 『脂肪の塊』や『駅馬車』といった作品に端を発する“乗り合わせもの”とでもいう物語(原作:菊村到/脚本:中平康・松尾昭典)。裕次郎も中平康も生きの良かった頃の作品で、メインの登場人物は少ないし狭い場所が舞台だが、絵作りが上手く演出もテンポが良いので面白い佳作。さすがに中盤がダレたのが、ちょっと惜しい。裕次郎は演技が上手いわけではないが、小生意気な若いパイロットが似合っていた。

 宮崎駿が飛行機をテーマとしたアニメの題名にいただきたかった気持ちはわかるけれども、自らを投影したキャラを裕次郎になぞらえたのは不遜のそしりを免れ得ないのでは……?(笑)(2003/02/20))

[1] [2] [3]

昭和三十三年(1958)
掲示板 Return to年代順邦画備忘録Top pageHOME PAGE