Return to年代順邦画備忘録Top pageHOME PAGE
昭和五十三年(1978)
柳生一族の陰謀 やぎゅういちぞくのいんぼう
監督 深作欣二
公開年 1978年
評点[A]
感想
Amazon
柳生一族の陰謀
柳生一族の陰謀

 今日は、深作欣二監督の『柳生一族の陰謀』を観た。昭和五十三年(1978)の作品。

 元和九年、将軍秀忠が急死。三代将軍の座を巡って、長男の家光(松方弘樹)を推す柳生但馬守(萬屋錦之介)・松平伊豆守(高橋悦史)・春日局(中原早苗)らと、次男の忠長(西郷輝彦)を推す崇源院(山田五十鈴)・土井大炊頭(芦田伸介)などが対立。漁夫の利を狙う京都の朝廷の策謀も絡まり天下動乱の兆しが見え始める中、柳生但馬守は着実に布石を打っていった。

 東映時代劇の復活を期して実録やくざ映画の深作欣二監督がメガホンをとった作品。
 深作監督のねちっこい演出が隅々まで行き渡っており、松方弘樹と萬屋錦之介の大仰な台詞回しもその一環か? と思わされる。途中までは特に後者はもうちっとなんとかならなかったか……と感じていたが、ラストシークエンスでその大芝居が見事に昇華されたのには驚いた。意図的な演出あるいは演技だとしたら凄いと思う。
 将軍継嗣問題という大筋にたくさんのプロットを絡み合わせている脚本の構成が巧み(脚本:野上龍雄・松田寛夫・深作欣二)。朝廷側を登場させたのが効果的で、剣の達人である公家・烏丸少将には成田三樹夫の怪演もあってビックリ。
 柳生十兵衛を演じている千葉真一の率いるJACが参加していて殺陣の迫力に貢献しているが、彼らが主に演じている根来衆(ただし首領は室田日出男)の設定は戦国時代まっただ中のように見え、作品の中で少々浮いてしまっているような気がした。出雲の阿国(大原麗子)のエピソードも……。(2004/10/14)

チリンの鈴 ちりんのすず
監督 波多正美
公開年 1978年
評点[A]
感想  今日は、やなせたかし原作のアニメ映画『チリンの鈴』を観た。監督(演出)は波多正美で、昭和五十三年(1978)の作品。

 綺麗な音のする鈴をつけている子羊チリン(声:松島みのり)は狼のウォー(声:加藤精三)に母(声:中西妙子)を殺され、弱く哀れな羊は嫌だとウォーのもとで修行し、強くたくましくなった。しかし、彼(声:神谷明)が得たものは何だったのか。

 言わずと知れた『アンパンマン』の原作者やなせたかしの絵本を基にした作品。やなせたかしは『アンパンマン』が圧倒的に有名だが、それ以前に元々絵本作家として一家を築いていた人らしい。
 教育アニメ的な寓話性の強いストーリーであるが、のどかで平和な世界の序盤とそれが急転する中盤以降の雰囲気、絵本的なソフトな絵柄と色使いの羊たちと牧場に対して凶悪な狼と彼が住む岩山と、いくつかの対比表現を用いた効果的な演出のため飲み込みやすくなっており、嫌味を感じない。チリンが変貌していく過程の表現も面白く、声優たちの演技も良い。
 50分に満たない短編だが、大人が観ても心に残るものがあるアニメの佳作だと思う。

 この作品、噂には聞いてはいたが一度ビデオ化されたものの廃盤になっていて、現在DVDにもなっていないので今まで観られる機会がなかったのだが、NHK BSで放映されて観られたのは幸いだった。(2005/12/31)

曽根崎心中 そねざきしんじゅう
監督 増村保造
公開年 1978年
評点[C]
感想  今日は、増村保造監督の『曽根崎心中』を観た。昭和五十三年(1978)の作品。

 醤油屋平野屋の手代・徳兵衛(宇崎竜童)と曽根崎新地の女郎屋天満屋の遊女・お初(梶芽衣子)は、本気で惚れ合っていた。しかし、互いに結婚話と身請け話が持ち込まれ、加えて徳兵衛には冤罪も着せられ、二人は心中することを決心する。

 近松門左衛門の代表作の一つ『曾根崎心中』を映画化。原作を読んだことのある私の目から観ても、この脚本(白坂依志夫・増村保造)はかなり忠実に再現していると思う。対して、演出の方は…この監督の作品を観るのは初めてなのだが…。
 登場人物たちが終始、息せき切ったような台詞回しなので、オーバーアクトに見えるというか一本調子というかなんというか…観続けるのに多少忍耐力が必要だった。溝口健二も出演者に目一杯演技させるタイプの演出だけれども、それとも違うように見えた。少なくとも、主人公二人が死を決する前と後とでは、様子が異なるのが自然だろう。
 “道行”の最中に事件の経過を回想することにした構成や、徳兵衛が袋叩きに遭うところとラストシーンのねちっこい演出など、見るべきところも一応はあるのだが…。同じ近松門左衛門原作の溝口健二監督作『近松物語』と比べてしまうと…。(2001/05/01)

鬼畜 きちく
監督 野村芳太郎
公開年 1978年
評点[A’]
感想
Amazon
鬼畜
鬼畜

 今日は、野村芳太郎監督の『鬼畜』を観た。昭和五十三年(1978)の作品。

 妻(岩下志麻)とたった一人の社員(蟹江敬三)と共に小さな印刷屋をやっている竹下宗吉(緒方拳)には、密かに愛人の菊代(小川真由美)がいた。しかし、経営がうまくいかず送金が滞ると、菊代は三人もの子供らを宗吉に押し付けて蒸発してしまい、妻は激怒する。家庭は地獄と化し、小心者の宗吉は追い詰められていく。

 実際の事件を基にしたという松本清張原作の映画化(脚本:井手雅人)。撮影は川又昂、音楽は芥川也寸志で、いつもの顔ぶれ。
 もう序盤から岩下志麻VS小川真由美の修羅場で、この濃い女優二人の熱演には、我ら惰弱な男どもは観ているだけで震え上がってしまうことしかできない。二人を相手にしていたなんて、弱気な男という設定の主人公をむしろ尊敬してしまうくらいだ。
 その後も、ゆとりのない暮らしを克明に映し出す映像と子役の巧みな演技によって、終始緊張を強いられる。ただし、緊張感がずっと持続してちょっと一本調子なので慣れてしまう面もあるが。事件自体は、児童虐待がたびたび報道されている(実数が増えたかどうかは別として)現在ではさほどショッキングではないけれども、やはり野村&川又コンビの“怖さ”の作り方は名人技だと思わされる。
 また、野村監督の子供の演出の上手さには驚かされる。それにしても、先頃亡くなった野村監督は野村芳亭(松竹蒲田の監督にして撮影所長)の御曹司で「坊っちゃん」と呼ばれて何不自由なく育ったということになっているが、作品の子供の描写には特別なこだわりがあるように見える。子供時代に何か特別な経験があったのか、あるいは自身の体験でなくとも見聞きしてショックを受けたことでもあったのだろうか。(2005/04/14)

ダイナマイトどんどん だいなまいとどんどん
監督 岡本喜八
公開年 1978年
評点[A’]
感想
Amazon
ダイナマイトどんどん
ダイナマイト
どんどん

 『ダイナマイトどんどん』は昭和五十三年(1978)の痛快娯楽作品と言ってもいい佳作だと思う。北九州のヤクザたちがケンカの代わりに野球のトーナメントで雌雄を決しようとするお話で、任侠映画のパロディでもあり、高校野球を痛烈に茶化している面もあるんぢゃないかな。
 ゆうきまさみ先生は岡本喜八作品が好きだと『はてもの』で書かれていたが、『ダイナマイトどんどん』を観ているとわかるような気がする。ちょっと表現が劇画的なところがあるし、パロディ色もあるから。(2000/05/04)

水戸黄門 みとこうもん
監督 山内鉄也
公開年 1978年
評点[C]
感想  今日も、NHK衛星で放映された『水戸黄門』を録画して観た。昭和五十三年(1978)年の作品。監督は山内鉄也という人で、黄門サマは東野英治郎。

 御老公が隠居している水戸の西山荘へ、若侍に姿を変えた娘(栗原小巻)が追っ手に狙われながらやって来た。彼女は加賀百万石の前田家でお家騒動が起こっていることを告げ、助けを求めた。黄門こと水戸光圀と助さん(里見浩太郎)格さん(大和田伸也)うっかり八兵衛(高橋元太郎)たちは加賀へ向かう。
 テレビ版と同じキャストで展開もテレビ的。悪人は一目でわかって小悪人はマンガみたいにコミカルにやっつけられ、テレビのシリーズ放映開始時のスペシャル版みたい。ニセ黄門一行としてハナ肇・植木等・谷啓のクレージーキャッツの面々が、加賀前田家の城代家老として三船敏郎がゲスト出演していて、それだけが映画らしいかな。(2000/10/04)

昭和五十三年(1978)
掲示板 Return to年代順邦画備忘録Top pageHOME PAGE