Return to年代順邦画備忘録Top pageHOME PAGE
昭和五十八年(1983)
うる星やつら オンリー・ユー うるせいやつらおんりいゆう
監督 押井守
公開年 1983年
評点[B]
感想
Amazon
劇場版うる星やつら オンリー・ユー(ノーカット版)
劇場版
うる星やつら
オンリー・ユー
(ノーカット版)

 今日は、押井守監督のアニメ映画『うる星やつら オンリー・ユー』を観た。昭和五十八年(1983)の作品。脚本は金春智子、脚色は押井守、キャラクターデザインは高田明美と高沢孫一。

 言うまでもなく、高橋留美子原作の劇場版アニメ。諸星あたる(声:古川登志夫)は、突然現れた宇宙人にエル星の女王エル(声:榊原良子)の婚約者だと言われて連れ去られる。彼を取り戻そうとするラム(声:平野文)とその仲間たち。

 劇場版第1作ということで、まだ押井カラーは濃くなく、いつも通りのメンバー(劇場版オリジナルのキャラを除いて)によるいつものドタバタ追いかけっこをスケールアップさせたという感じで、“るーみっく・わーるど”の線を崩していない。
 しかし、キャラがよく立っており基本のストーリーはオーソドックスでしっかりしているので、今観ても充分楽しめる。ラスト近く、多少ノスタルジックな雰囲気を匂わせるところに、押井ワールドの萌芽があるか。
 メカやモブシーン等で遊びはあるけれども、まだあまりマニアック過ぎないので、意外と広い範囲の人が楽しめるかも。多少は『うる星』に関する予備知識が要るし、“るーみっく・わーるど”に抵抗がある人もいるとは思うが。
 絵的には、アニメ絵というよりも“マンガ”という感じで、時代を感じさせられる。メカのデザインも、なつかしい雰囲気がする。ただし、動きは良い。透過光の多用や、のちの作品ほどではないものの、所々見うけられる実写的な表現が押井監督らしさだろうか。(2000/11/21)

戦場のメリークリスマス せんじょうのめりいくりすます
監督 大島渚
公開年 1983年
評点[超A]
感想
Amazon
戦場のメリークリスマス
戦場のメリークリスマス

 今日は、大島渚監督の『戦場のメリークリスマス』を観た。昭和五十八年(1983)の作品。

 1942年末、ジャワ島の軍事法廷にイギリス軍のセリアズ中佐(デビット・ボウイ)が送られてくる。捕虜収容所所長のヨノイ大尉(坂本龍一)は彼に興味を抱き、自分の管理する収容所に入れる。彼によって捕虜収容所の何かが変化し、ヨノイ大尉と収容所の秩序を維持しようとするハラ軍曹(ビートたけし)と日本文化を解する捕虜のローレンス中佐(トム・コンティ)たちは、それに巻き込まれざるを得なくなる。

 公開当時、デビット・ボウイと坂本龍一、そしてビートたけし(北野武)という異色のキャスティングが大きな話題となった作品。音楽も担当した坂本龍一は音楽家としても俳優としても世界的に有名になり、ビートたけしも、のちに映画監督になるきっかけとなった。また、この作品は「男たち、美しく」というキャッチコピーが示すように、同性愛が前面に打ち出されたことでも話題となった。
 話題性の高かった作品だけに批判も集まり、難解と言われることが多いが、これは感性で観る作品だと思う。個人的には、セリアズとヨノイよりも、ハラとローレンスの交流に惹かれた。また、映像的にも見るべきものが多く、特に収容所の庭に捕虜たちが全員集合させられるシーンは、夢の中の情景のように見えた。そして、有名なラストシーンは最高。実は、今のところ邦画の中では最も見た回数の多い作品。

 数年前に出たDVDを買ったが、画質がイマイチなのが残念…。(2001/11/25)

昭和五十八年(1983)
掲示板 Return to年代順邦画備忘録Top pageHOME PAGE