Return to年代順邦画備忘録Top pageHOME PAGE
昭和六十年(1985)
うる星やつら3 リメンバー・マイ・ラブ うるせいやつらすりいりめんばあまいらぶ
監督 やまざきかずお
公開年 1985年
評点[B]
感想
Amazon
劇場版うる星やつら リメンバー・マイ・ラヴ
うる星やつら3
リメンバー・マイ・ラヴ

 今日は、やまざきかずお監督のアニメ映画『うる星やつら3 リメンバー・マイ・ラブ』を観た。昭和六十年(1985)の作品。脚本は金春智子、キャラクターデザインは高田明美。

 諸星あたる(声:古川登志夫)たちは新たに開園した遊園地「友引メルヘンランド」へ遊びに行き、あたるがマジックショーで信じられない姿にされてしまう。原因を探るラム(声:平野文)は、ルウ(声:鈴木一輝)という少年に連れ去られて姿を消す。それを知った あたるたちは…。

 既存の『うる星』と全く異なる作風だった『ビューティフル・ドリーマー』に続く劇場版第3作。
 異星人であるラムを あたるたち地球人とは異質なものとし、『うる星』の世界を否定的に描いた前作に対し、この作品ではラムは あたるたちにとって無くてはならない存在であり、最後には『うる星』の世界が肯定され、『ビューティフル・ドリーマー』に対するアンチテーゼ的な作品になっているようにも見える。
 ストーリーは、人間の幼少期に対するノスタルジーを基礎としたセンチメンタルな甘〜い感じ。甘いのも嫌いではないけど(笑)。キャラは、いかにも80年代のアニメ絵風。作画監督の土器手司と総作画監督の もりやまゆうじの絵柄のようだ。絵そのもののクオリティは高いが、映像表現は実写的だった前作よりアニメ的になっている。スタッフのロリ趣味全開のオープニング・タイトルは、今観るとチョット引くかも(笑)。
 あたる&ラムがラブラブに描かれ、絵柄も可愛いこの作品は、前作に不満を感じたファンには好評だったのだろう。今でも楽しめるし、アニメとしては、水準以上のレベルにあると思う。しかし、ある意味では、よりマニアックな方向に向かったので、観客を限定するようになってきた面もあるかもしれない。(2000/11/25)

ルパン三世 バビロンの黄金伝説 るぱんさんせいばびろんのおうごんでんせつ
監督 鈴木清順・吉田しげつぐ
公開年 1985年
評点[C]
感想
Amazon
ルパン三世 バビロンの黄金伝説
ルパン三世
バビロンの黄金伝説
Amazon
劇場版 ルパン三世 DVD LIMITED BOX
劇場版ルパン三世
DVD LIMITED BOX

 今日は、アニメ映画の『ルパン三世 バビロンの黄金伝説』を観た。監督は鈴木清順と吉田しげつぐで、昭和六十年(1985)の作品。

 古代バビロンの財宝の謎を探るため、ルパン三世(声:山田康雄)一味はニューヨークに来ていた。ロゼッタ婆さん(声:塩沢とき)にヒントをもらって謎の手がかりを得たルパンたちを、マルチアーノ(声:カルーセル麻紀)率いるニューヨークマフィアが追う。

 『ルパンVS複製人間』『カリオストロの城』に次ぐ『ルパン三世』の劇場版第三弾。テレビ版の監修をしていた鈴木清順が監督として名を連ねている(脚本:浦沢義雄・大和屋竺)。
 鈴木清順が関わってはいるが、ルパンたちと悪の組織が“お宝”の争奪戦をするという、年に一度製作されているTVスペシャル版同様の定番のストーリーで新味はない。むしろ、この作品がそのフォーマットを生み出したのだが。ストーリー以外も、ヒロイン・敵キャラの全てがキャラが立っておらず魅力なし。絵柄も癖があって日本人好みではないと思う(作画監督:青木悠三・柳野龍雄・尾鷲秀俊)。正直言って劇場版の前2作には及ばない作品。
 ただし、のちの作品とパターンが同様なので、一本の劇場用映画としてみると魅力不足ではあるものの、ルパン三世好きの人なら『ルパン三世』シリーズの一本として鑑賞すれば、そこそこ納得できるかも? TVスペシャル版のフォーマットを生み出した功績はあるか?
 聞くところによると、当初は押井守が監督する予定だったが構想が独自すぎて降板させられ、この作品が急ぎ作られたので、製作時間が足りなかったという。名義を借りられた鈴木清順監督にとっては不幸だったかも。
 声優として、塩沢とき・カルーセル麻紀そして主題歌担当の河合奈保子が特別出演している。塩沢ときは上手いが、あとの二人は素人っぽい。(2005/09/24)

昭和六十年(1985)
掲示板 Return to年代順邦画備忘録Top pageHOME PAGE